ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【きのあ将棋】ナカビーⅡ世(中級)に後手番で挑みました、序盤から大ミスのボロ負け将棋、こんな酷い将棋になるとは・・・【ゴキゲン中飛車 vs 居飛車】

スポンサーリンク

きのあ将棋の「ナカビーⅡ世(中級)」に後手番で挑戦しました。


先手番の時はどうにかギリギリの逆転勝ちだったので、今度はもうちょっとちゃんとした将棋を指したいと思いつつの挑戦・・・


だったんですが・・・


またやらかしました・・・


いきなり仕掛けられ、反撃とばかりに指した一手がミスで、そこから立て直せずズタボロにやられました・・・


これ以上ないくらいの大差でのボロ負け・・・


こんな負けっぷりある?


ってくらいのズタボロ将棋です。


反省を込めて酷い負けっぷりを記事にしたいと思います。


みなさんは同じようなミスをしないようにお気を付けください。


ゴキゲン中飛車でいきなり仕掛けられ、反撃をミスる


先手が「ナカビーⅡ世」、後手が「私」です。


上の図はゴキゲン中飛車 vs 居飛車の基本図ですね。


「ここからもうちょっと駒組みが進むのかな?」と思っていたら、いきなり仕掛けられてまた戸惑いましたよ。


上図以下、▲5四歩△同歩▲同飛△5二金右▲7八金(下図)



いきなり飛車先の歩を交換されたので、どう指していいのか分からなくなりました。


まだ無難に玉を囲っていけばいい勝負だったんですが、私はここでいけると思い仕掛けて悪手を指します。


上図以下、△8八角成▲同銀△4五角(下図)



飛車取りと角成りを狙って良い手かと思ったんですが、これが読み抜けの悪手。すんなり対応されて劣勢になりました。


上図以下、▲5五飛△2七角成▲2五飛(下図)



▲5五飛が見落としていた好手、角成りに▲2五飛と回られて困りました。


すでに劣勢・・・どうすればいいのか・・・


局後のAperyでの検討では、ここで△4九馬と馬を切り、△2二銀と受けに回った方がまだよかったみたいです。


でも、私が指したのは違う一手でした・・・そしてここから負けへのミスが続きます。


無難に進めようとするも裏目に・・・

上図以下、△5四馬(下図)



馬を切る勇気は出ず、無難に引き上げました・・・でも、これは劣勢を悪化させるだけの手順でした。


上図以下、▲2三飛成△2二歩▲3四竜△4四馬▲3六竜(下図)



どうにか局面を落ち着けようとしましたが、次に指した一手がそれをぶち壊す疑問手でしたね。


上図以下、△8六歩▲同歩△同飛▲7七角(下図)



無難に飛車先の歩を交換して手を渡そうと思った所に、馬消しの角打ち・・・思わぬ反撃を受けてビックリです。


ここからボロ負けへの道が濃くなっていきます。


急所の歩の叩きを食らい、飛車も捕獲され心が折れる


上図以下、△8二飛▲4四角△同歩▲8三歩(下図)



好手の歩の叩きを決められます。これを取ると▲6五角の飛車、桂両取りで終了です。


「うわ、軽い気持ちで飛車先の歩交換をしただけでこんなに形勢を損ねるとは・・・」


この歩の叩きのショックで心が折れかけていました・・・


上図以下、△9二飛▲3四角(下図)



一瞬、▲3四角の狙いが分かりませんでしたが、冷静になるとシンプルな狙いを秘めていました。


それが▲5二角成から▲8二金での飛車捕獲です。これが受けにくい・・・


局後のAperyでの検討では△4三角と受けていればもうちょっと頑張れたみたいですが、私が指したのは悪手中の悪手であるこちらでした。


上図以下、△5三金(下図)



とりあえずシンプルに金を逃げてみましたが、これが受けになってないっていう間抜けっぷり・・・次の一手で終わります。


上図以下、▲5四歩(下図)



逃げた金を直接狙われ、どう対応しても悪くなる最悪の展開です。


一応、Aperyの検討では、上図以下、△5四同金▲4三角成△3二角と受ければまだマシだったみたいですが・・・


私はもう心が折れているのであきらめて首を差し出す形になりました・・・


上図以下、△5二金引▲同角成△同玉▲8二金(下図)



完全に後手の読み通りで理想通りの展開・・・飛車を捕獲され終わりを迎えました・・・


反撃も裏目、良い所なしのボロボロ負け将棋・・・


もう投了しようかと思ったんですが、もう少しだけダラダラ指し続け、傷を広げて終了します。


上図以下、△4二銀▲9二金△同香▲9一飛△4五角(下図)



どうにか反撃しようと頑張りますが、もうどうしようもない状態ですね。


上図以下、▲2五竜△3二金▲9二飛成△3四角打▲3五竜(下図)



最後の希望を角の重ね打ちに託しますが、悪あがきでしかないですね。


上図以下、△6七角成▲同金△同角成▲3二竜(下図)



角で強襲して最後の抵抗をしましたが、金が浮いているのをウッカリしていてあっさり死にました・・・


ここで投了・・・


序盤のミスから良い所なしのボロ負けゴミ将棋になりました・・・


敗因は中飛車からのいきなりの歩交換でどうしたらいいか分からなかった所からの焦りと読み抜けですね。


無難な定跡手順ばっかり頭に入っていると、ちょっとした変化で混乱するっていう欠点がありますね。


自力でどうにかするっていう力が足りないのが私の欠点みたいです。


はぁ・・・こんなボロ負けの酷い将棋を指してしまうなんて・・・


次はもっと冷静に、どうにか互角に持ち込めるように頑張ろうと思います。


最後に

きのあ将棋のナカビーⅡ世(中級)に良い所なしでボロ負けしたゴミ将棋でした。


先手番の時も逆転勝ちだったので、基本的に中飛車への対応がヘタクソすぎるんですよね・・・


いきなり仕掛けられるとどうしていいかサッパリ分かりません。


定跡外の一手への対応力が求められますね。


あ~中飛車をやられるのホント嫌い!


次はどうにか大ミスをしない無難な序盤を指せるように頑張らないと・・・


あぁ・・・でも対策が1つもない・・・


勝てる気がしないです・・・


しばらくナカビーⅡ世で足止めを食らいそうな予感がしますね。