ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【きのあ将棋】宇氏みう香(中級)とのリベンジマッチ、△3三角戦法に角交換をして挑む【相居飛車】

スポンサーリンク

きのあ将棋の「宇氏みう香(中級)」へのリベンジマッチを挑みました。


前回、終盤での大ミスにより痛恨の大逆転負けをしてしまったので、今回こそ勝ち切りたいですね。


勝てない事はないのは分かってるので、冷静に指せるか、それに掛かっているかもしれません。


まずは序盤の△3三角戦法に対してどうするか・・・


無難にいくか、挑戦するか・・・


今回はどうしようかな・・・


右四間飛車への対策は持ってないし・・・無難にいくのがいいのかな・・・


序盤が特殊な将棋はどうなるか分からなくてハラハラしますね。


どうにかこちらのペースに持ち込んで優勢のまま乗り切りたいです。


△3三角戦法へちょっと挑戦、前局とは違う展開へ

先手が「私」、後手が「宇氏みう香」です。


初手から、▲7六歩△3四歩▲2六歩△3三角(下図)



今回も来ました、△3三角戦法。


これにどうするかなんですよね・・・無難にいくか、ちょっと挑戦するか・・・


う~む・・・一応記事にする将棋なんだし、同じになっても面白くないか・・・


そう思い、今回はこの一手に挑戦してみました。


上図以下、▲3三角成(下図)



あんまり怯えてもダメかと思いましたし、相手の狙いに乗ってみるのも悪くないかなと・・・


振り飛車になるのか変形居飛車になるのか、どんな駒組みを見せてくれるのか、未知の将棋にドキドキです。


ちょっと変わった相居飛車の将棋になる


上の図は、駒組みが進み、相居飛車の将棋になった所です。


また右四間にはなりませんでしたね。


ちょっと味わってみたかったので寂しいような・・・でも助かったような・・・


でも、これはこれで慣れない将棋なので気を引き締めないとダメですね。


とりあえず、飛車先の歩交換をしてどうするかという局面です。


実戦では気づきませんでしたが、実はこの△2二銀はちょっとスキがある疑問手だったようです。


局後のAperyでの検討で、▲4一角(下図)と打ち込む手があると示されました。



これが意外と受けにくく、先手がちょっと有利になっているみたいです。


上図以下、△2一角▲3六歩△4四歩▲3五歩△同歩▲3四歩(下図)



と進むといきなり桂損が確定し後手としては不満の展開になりますから。


それに桂損だけでは済まない展開にもなります。


上図以下、△8四歩▲3三歩成(下図)



となり、△同金と取ると▲3四桂と打たれて後手の左辺は壊滅です。


なので、△同銀(下図)と取るんですが・・・



上図以下、▲1五桂△3四銀▲2三桂成△同銀▲3三歩(下図)



となってこちらも壊滅ですね。


上図以下、△3三同金▲2三角成△2七歩▲同飛△5四角▲2六飛△2三金▲同飛成(下図)



どうにか後手も抵抗しますが防ぎきれず、左辺を突破できました。


この展開になっていたら序盤から楽勝ムードで最高だったんですが、私は全く気づかず・・・無難な序盤に進みます。


桂頭を狙う展開になる


上の図は、無難に駒組みを進め、そろそろ仕掛け時かな?という局面です。


ここから仕掛けます。


上図以下、▲3五歩△4三角(下図)



ここで手が止まる私・・・どうするのが最善なのか・・・


局後のAperyの検討ではこういった手が示されました。


上図以下、▲3四歩△同角▲3八飛△4三角▲3四歩△5四角▲2八飛(下図)



無難に進めて桂得を狙うのが良かったみたいですね。


上図以下、△8四歩▲3三歩成△同銀▲5五桂△5二銀▲7五歩(下図)



と両方の桂馬の頭を攻めて先手優勢でした。


こうなってれば良かったんですが、私は読みが全く違い、違う展開になります。


私が指したのはこんな一手でした。



▲1六角


とりあえず何が何でも桂馬を攻めるという一手です。一瞬良い手に見えたんですけどね・・・イマイチでした。


上図以下、△3五歩▲3四歩△8五桂▲8八銀△7六角▲3三歩成△同銀(下図)



と桂得はしましたがイマイチパッとしない局面ですね。


ここで手が見えなくて困りましたよ・・・どう指せば優勢になれるのか・・・サッパリです・・・


局後、Aperyで検討をしたら▲8六歩とシンプルに桂馬を取りにいくのが最善でした。


ちょっと読んだんですが、飛車先の歩を呼び込んでしまいそうで怖くて指せなかったですね。


そしてここからイマイチな将棋が続きます。


仕掛けの構想がイマイチで失敗


上の図はどうにか仕掛けようと4筋から突っかけた局面でしたが、この構想がイマイチだったようです。


上図以下、△3六歩▲2六飛△1五歩▲3八角△3四銀▲3六飛△3五歩▲2六飛△4五歩(下図)



仕掛けた歩を綺麗に取られて攻め足を止められています。


あれ?ここからどうしよう・・・手がないぞ?


これが正直な感想でしたね。


ここから無理やり仕掛け、形勢は徐々に後手に傾いていきます。


上図以下、▲4六歩△同歩▲同飛△4三歩(下図)



う~む・・・うまく受けられてるような・・・どうしよう・・・このままじゃダメかも・・・


ちょっと厳しい局面だと思い、ちょっと無理気味な仕掛けをします。


上図以下、▲4五銀△6五角▲同角△4五銀▲同飛△6五歩(下図)



とりあえず、銀と角を交換してサッパリさせてどうするかという感じです。


で、どうするかが浮かばず困っています。


上図以下、▲3五飛△3三歩▲6五飛△3八角(下図)



逆に反撃を受けてしまいました・・・ここから受けに回り形勢は後手へ・・・


上図以下、▲2五飛△6五歩▲4八金△3六銀(下図)



▲4八金と角を取りにいったのがちょっとミス、△3六銀で困りました。


ここで▲3八金△2五銀▲4九歩(下図)



と指していればまだ傷は浅く済みましたが、私は違う手を指し形勢を損ねます。


それがこちら。



▲2八飛です。


上図以下、△2七角成▲同飛△同銀成▲5六桂△2八飛(下図)



▲5六桂も悪手、△2八飛と打ち込まれて困りました。ここでハッキリ形勢は後手へ、後手優勢になりました。


上図以下、▲4九歩△2九飛成▲7六歩△3八成銀▲4七角△4六桂(下図)



必死に受けますが、△4六桂と絡まれて完全に敗勢ですね・・・良い所がありません。


上図以下、▲7七桂△1九竜▲2九歩△7七桂成▲同銀△4八成銀▲同歩△1八竜▲2八銀(下図)



どうにか竜を働かせないように受けていますがダメですね、どんどん形勢が開いていきます。投了したくなりましたよ。


上図以下、△5八金▲7九玉△8五桂▲8六銀△7七香(下図)



宇氏みう香の攻めは厳しいです・・・急所を直撃してもう逃れようがありません・・・心が折れました・・・


ボロボロの終盤、逆転の目はあるのか


上の図は、ちょっと進んで△6七歩と垂らされた所です。質駒も多く、受け切るのは困難な局面ですね。


ここからどうにか反撃しようと頑張りました。


上図以下、▲6五香△6八歩成▲8八玉△7八金▲9八玉△2八竜(下図)



質駒の銀を取られて詰めろ・・・絶体絶命のピンチですね。


ただ、完全に終わったわけではなく、ここではこのピンチを互角に戻す手順が存在しました。


それがこちら。


上図以下、▲6三香成△5一玉▲8九銀(下図)



これが意外としぶとい一手で、簡単には寄らないみたいです。Aperyの検討では互角に戻りましたから。


ただ、この後の展開も難しく、とても指せない一手です。ソフトならではの絶妙手でしたね。


上図以下、△8九同金▲8六角△8八金▲同玉△7七銀(下図)



と怖い王手を掛けられますが・・・


上図以下、▲7七同角△7八と▲同玉△4八竜▲5八銀△6三金(下図)



となって互角だそうです。まだまだこれからの局面に戻りました。いや~指せないですね。


私にこんな手が見えるわけがなく、▲8九銀の代わりに指したのはこれでした。



▲8六歩


どうにか詰めろを受けただけの一手・・・もうダメですね・・・


上図以下、△3九竜▲6九桂△4七金▲同歩(下図)



ここで実戦詰将棋です。先手玉が詰みます。詰ましてみてください。答えは数行下に書きます。











では答えです。



上図以下、△8九角▲8七玉△8八金▲同玉△7八角成▲9八玉△8九銀(下図)



までの詰みです。


実戦ではここで詰まされずちょっとダラダラ続いたんですが、この後、良い所もなく負けました。


投了図はこちらです。(下図)



宇氏みう香に2連敗・・・連敗はキツイわ・・・


1局目は勝てていただけにこの連敗はダメージが大きいですね・・・


中盤の仕掛けの構想が変だったのが敗北の原因でした。


もっと攻めのバリエーションというか発想を豊かにしないとダメですね。


課題が残る一局となりました・・・


最後に

きのあ将棋の「宇氏みう香(中級)」にリベンジ失敗で2連敗した将棋でした。


う~ん・・・序盤は良かったんだけどなぁ・・・


やっぱり中盤から終盤のヘボさが目立ちますね・・・


大局観が死んでるっていうか、優勢と劣勢の判断がイマイチしっかりできてませんし・・・


読み通り進んで劣勢とかよくありますし、形勢判断のズレを修正する必要があるみたいです。


はぁ・・・2連敗か・・・


次こそ勝たないと心が完全に折れてしまうよ・・・


でも、もう怖い・・・宇氏みう香が怖いよ・・・


次、いけるんだろうか・・・


トラウマを植え付けられないように、次こそは勝ちたいと思います。