ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】詰まないと思っていたら詰んでいた実戦詰将棋を紹介します

スポンサーリンク


上の図は私が将棋Flashと遊んでいた時に現れた実戦詰将棋です。


実戦では「まだ詰まないよな」と思って油断していた所、思わぬ王手を掛けられて「あっ」ってなりました。


よく詰将棋で見る筋じゃないか・・・

なんでこれをウッカリしてたのか・・・

これ、決めた方は気持ちいいだろうなぁ・・・


って感じでしたね。


とりあえず5手詰めなんですが、暇つぶしに解いてみてください。


覚えておいて損はない一手がある詰将棋なので知らない方にはちょっと役に立つかもしれませんから。


実戦で決まったら気持ちいい一手でキレイに詰ましてみましょう。


答えは次の見出しで書きます。


ここでストップして考えてみてください。













答え:ウッカリした桂馬の手筋

では答えです。



▲3三銀△4一玉▲5三桂不成△同金▲4二金(下図)


までの5手詰めでした。



詰将棋の本とかでも紹介されている桂馬の手筋がポイントの問題でした。


解いてみるとシンプルな詰将棋ですよね。


一応、ちょっとした変化を解説します。


初手▲3三銀はこう入る所、金を残すのが大切ですね。


「金はとどめに残せ」の格言通りの一手です。


この手に対し、△2一玉や△3一玉と逃げると頭金までの詰みなので△4一玉と逃げます。(下図)



実戦ではここでちょっと足りなくてギリギリ逃れてると思っていたんですが、次の一手で「あっ」ってなりましたね。


上図以下、▲5三桂不成(下図)



絶妙の王手、作った問題かっていうくらいキレイな決め手、参りました・・・


将棋Flashはさぞ気持ち良かったろうと思います・・・


答えでは▲5三同金と取りましたが、ここでは▲5一玉と逃げる変化もあります、でも詰みます。


上図以下、▲5一玉△6一金(下図)



までの詰みです。桂馬が最大限に働いてピッタリ逃げ道を塞いでいる最高の詰みあがりですね。


やられた~って感じでした。


この金の頭に跳ねる桂馬はたまに見る筋なので覚えておいて損はないですよ。


守備駒を無効にしつつ逃げ道も塞ぐ最高の桂馬の使い方なので決まると気持ちいいですしね。


詰将棋の本とかでも出てくるのでこれを知っていると桂馬を使う問題でパッと閃くかもしれません。


まだ知らなかった方はこの問題を機に頭に入れておきましょう。


私もこの記事を戒めに再度頭に刷り込んでおくつもりです。


はぁ・・・それにしても綺麗に詰まされた側としてはこんなに悔しい事はないですよ・・・


なんで▲5三桂不成を見逃したのか・・・


よく詰将棋で見ていた筋なのに・・・


浅い読みで詰まないと思い込んでしまった弱さは致命傷ですね・・・


もうちょっとしっかり読むクセをつけてこういう筋に気付けるようにならないと・・・


勝てる将棋をウッカリで逃すほど悔しいものはないですから・・・


終盤は慎重になりすぎるくらいで丁度いい


これを頭に入れてまた将棋Flashに挑もうと思います。


次は食らわないようにしないとね。


最後に

実戦で詰みに気づかずやられた1局を実戦詰将棋として出題してみました。


あぁ・・・悔しい・・・▲5三桂不成を思い出すと胸の辺りがモヤモヤしますよ・・・


単純な王手しか読んでなかった気のゆるみがすべての原因ですね。


まだ大丈夫と思っていたら詰まされるショックたるや・・・


しかも簡単な筋で・・・


もう二度と味わいたくないですよ・・・


これからは気を付けないと・・・


桂馬の王手には油断ならない一手があったりするので、みなさんも気を付けてください。


桂馬は不成にこそ罠が潜んでいる


そんな感じで桂馬の王手がある時は慎重に読むのが大切ですね。


勝てる将棋をウッカリで落とすのは精神的ダメージが大きいので、大丈夫そうな局面こそ読みを入れて気を付けましょう。