ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】いつも悩んでいた角換わり△6五桂早仕掛けへの対応を「Apery」に聞いてみました

スポンサーリンク

将棋Flashで遊んでいて角換わりになった時、いつも私を悩ませている一手がありました。


それがこちら。



△6五桂早仕掛けです。


将棋Flashは角換わりになるとこの手をけっこう指してきますね。


跳ねられるなら跳ねてやれって感じで、色んなタイミングでとりあえずポーンと桂馬を跳ねて強襲を狙ってきます。


こっちとしては▲4八金・2九飛のバランス型に組んでマッタリいこうとしてるのに迷惑な桂馬ですよ。


急に慌ただしくなりますからね。


序盤から急に中盤へ入ってしまうので、のんびり気分の私にはかなり嫌な一手です。


いつもはここから将棋Flashの強襲をモロに食らって陣形を乱され、思わぬ攻めを食らい圧倒的大差で負けていたんですが・・・


今日はちょっと考えを変えて見本を見せてもらおうと思いました。


というのも、パソコンを新しくしてから将棋ソフトが進化したんですよ。


ずっと愛用していた「Bonanza」から「Apery」にね。


かなり前にBonanzaで検討したこともあったんですが「これだ!」っていう納得のいく答えは見つかりませんでした。


でもAperyなら何か的確な答えを導き出してくれるはず。


長年の悩みに終止符を打ってくれるんじゃないかと思います。


なので、この局面からApery先生に指し継いでもらって対応を見せてもらうことにしました。


せっかく神レベルのソフトがあるんだから神様に答えを聞くのも1つの勉強ですしね。


将棋Flashの定番「角換わり△6五桂早仕掛け」への正しい対応を見せてもらい、今後の対策をしようと思います。


多分、将棋Flashで遊んでる方は似た悩みを持ってるかと思うので、この記事が何か参考になったら幸いです。


将棋Flashの強襲、角換わり△6五桂早仕掛けに対するAperyの対応を見よう


上の図は将棋Flashが△6五桂早仕掛けをしてきた局面です。


ここで銀をどうするのか・・・


▲6六銀か▲8八銀か・・・


大きな分岐点です。


以前、Bonanzaで検討した時は▲6六銀が平和で無難という結論だったと思いますが、Aperyはどうするのか・・・


上図以下、▲8八銀(下図)



Aperyの判断は銀を引く▲8八銀でした。


完全に受けに回る▲6六銀よりは、桂馬を取りに行く方がいいという事なのかもしれませんね。


今まで、ずっと▲6六銀と指してきた私からしたら全く違う将棋になるのでちょっとワクワクですね。


ここからどんな展開を見せてくれるのか・・・


上図以下、△8六歩▲同歩△同飛▲4八金△7六飛(下図)



飛車先の歩交換から横歩を取る将棋Flash、ここまでが定番の流れですね。


ここまでの手順でもちょっと注目の手があります、それが▲4八金です。


私ならつい手拍子で▲8七歩と受けてしまってましたよ、飛車が素通りなのは気持ち悪くて・・・


でもここは受けなくていいんですね、落ち着いた▲4八金に感心しました。読みが深いCPUならではの落ち着きです。


ここからの指し手にも期待ですね。


横歩を取られたこの局面、対応を誤ると一気にやられる危険ゾーンです。Aperyはどうやって受けるのか・・・


上図以下、▲7七桂(下図)



これも予想外・・・桂馬を取りに行くためにどうにか工夫するのかと思いきや、交換を狙う一手。


局面を収めてしまえばいいという判断でしょうか・・・飛車が窮屈でしょ?って感じかな?


上図以下、△6四歩▲8二角△7三角▲同角成△同銀(下図)



将棋Flashも素直に桂交換には応じません、ここからどうするのか・・・


上図以下、▲6五桂△同歩▲2四歩△同銀(下図)



桂交換から2筋の突き捨て、ここで将棋Flashが対応を誤ります。


△2四同銀はスキができてしまいましたね。


ただ、ここは△2四同歩(下図)と対応しても飛車を取られてダメみたいですけどね。



上図以下、▲7七銀△7五飛▲8六銀(下図)



となって、△7六飛とよけても▲7七金で飛車を捕獲されます。


やむを得ず△7八飛成と金を取るんですが、これはちょっとスッキリして先手がいいみたいですね。


本譜、△2四同銀の変化に戻ります。(下図)



ここでスキができたのでAperyから好手が出ます。


上図以下、▲7七銀△7五飛▲5五角(下図)



銀、香両取りの▲5五角が良い手ですね。


先手陣はけっこうガッチリしてますし負けにくい感じになってきました。


上図以下、△8五桂▲8六銀△6四角▲同角△7八飛成▲同玉△6四銀(下図)



どうにか足掻いてきた将棋Flashの攻めをすんなりと受けるApery先生。


飛車をゲットして順調ですね。局面もスッキリしましたし寄せへの道が見えてきました。


上図以下、▲6一飛△4二玉▲2六桂△3三銀▲4五桂(下図)



ガンガン攻めていくApery先生、桂馬の使い方が上手いですね、急所を直撃しています。


上図以下、△5五角▲3三桂成△同金(下図)



頭の丸い駒で3三を埋めてしまうと▲3四桂で詰んでしまうので受けが難しいですね。


ただ、この△3三同金もダメでした。ここから詰みます。実戦詰将棋として考えてみてください。







では答えです。


上図以下、▲3一銀△3二玉▲4一角△3一玉▲5二角成(下図)



このよく見る角の空き王手の筋が気持ちいいですね。この後、とどめはよく見る飛車の手筋で決まります。


上図以下、△2二玉▲3四桂△同金▲2一飛成(下図)



桂馬が活躍し、矢倉崩しでよく見る詰みパターンが実現しました。


△3三玉と逃げれば▲2三竜△4四玉▲4三竜で詰みます、なので取るしかないんですが・・・


上図以下、△2一同玉▲2三飛成△2二金▲3二金(下図)



までの詰みです。


△6五桂早仕掛けはけっこう危ない変化になりやすいんですが、危なげない勝ちっぷりでした。


さすがApery先生ですね。Bonanza先生より読みが的確になっている感じがします。


将棋ソフトの進化はすごいですね。


今回の△6五桂に対する▲8八銀は参考になりました。


受け一方に回る▲6六銀より、これからは▲8八銀で積極的に指していこうと思います。


最後に

将棋Flashの得意戦法、角換わり△6五桂早仕掛けへの対策をAperyに見せてもらいました。


いや~勉強になる将棋でしたね。


▲8八銀と引く所、▲7七桂と桂交換にいく所、私なら怖くて指せませんよ。


こんな手を知れるなんてAperyをダウンロードしてよかったです。


桂馬の主張が激しい△6五桂早仕掛けですが、意外と桂馬を軽く流せればそこまで困る事もないのかもしれませんね。


早めに処理して落ち着いた局面にすると不安定な飛車のデメリットが大きくなるのかもしれませんし・・・


桂馬の処理の仕方、飛車の捕獲の仕方、参考になる手が随所に見られる良い将棋でした。


これからは▲8八銀にして桂交換を狙っていく感じで指してみようと思います。


みなさんも将棋Flashで遊んでる時、角換わりになって△6五桂早仕掛けをやられたら今回のAperyの指し手を参考にして勝ち切ってみてください。


多分、似たように指せばどうにかなると思いますから。


将棋Flashは△6五桂早仕掛けが好きなので、1つ対策を持っておくといいですよ。


とりあえず、今回の▲8八銀、▲7七桂を覚えておけばどうにかなるとは思います。


不安な方は将棋ソフトをダウンロードして細かく研究するといいですね。


「将棋GUI」と「Apery」は無料でダウンロードできますから、パソコンに入れておくといいですよ。


身近にソフトという将棋の神様がいる現代、神様に答えを聞いて勉強するのは最適な勉強法なので、ガンガンソフトを利用して強くなりましょう。