ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

最近、夜中や早朝に目が覚めるニートの話、もう若くないんだなぁ・・・って思う・・・

スポンサーリンク

30代職歴なし、眠ってる時が心安らぐ逃げ場所になっているニートです、こんにちは。


ろくでもないニート人生を生きること10数年・・・


毎日、生きる希望のない絶望にさらされつつもどうにかこうにか生きてきました・・・


よくこれだけ生きる価値も希望もないのに生きてこれたなとちょっと感心しますよ・・・


どうにかこうにか自分を保つだけの支えがない事もないんだなってね・・・


絶望ニート人生を生き抜くコツは、ちょっとでもいいから心を支える柱を持つことなんだと実感します。


小さな楽しみ、ちょっとでも心安らぐ瞬間、そんなのを持つのが大切なんだと・・・


私で言うとこの2つですね。


・美味しいものを食べている時
・ぐっすり眠ってる時


このブログでも何度か書いてきていますが、美味しいものを食べている時、そして眠っている時というのは嫌な事を忘れられるので唯一の心の安らぎになっています。


嫌な事から目をそらせる瞬間を持つ


これこそが下がりっぱなしのニート人生をどうにか生き抜くコツです。


ニートの皆さんは何でもいいので現実から目をそらせる瞬間を持つといいですよ。


趣味でもいいし、散歩でもいいし、食事でもいいし・・・


その瞬間だけは嫌な事を考えずに済む、この瞬間だけは救われる、そういった時間を持つのが大切ですから。


落ち込みっぱなしのテンションをキープ、もしくはちょっと上向かせる、そんな瞬間が生きる活力を取り戻してくれます。


ちょっとだけ元気になって気持ちも回復しますからね。


まぁこんな人生でも楽しみがあるなら生きてもいいかな・・・


そう思える瞬間こそが生きる希望になりますから。


そんな感じで、どうにかこうにか生きていける状態を保つのがニートとして生きるコツですね。


私もどうにかそんな感じで生きていますから・・・


ただ、最近、その楽しみや安らぎがちょっとずつ崩壊してきている現実があります。


まず、食事。


美味しいものを食べてる瞬間が貴重な回復時間なんですが、病気の影響で食事がままならなくなっていたりするからです。


食欲が落ちてるんですよね・・・


最近、ガッツリ食べてストレス解消というのができないので食に逃げるという事があんまりできなくなってきました・・・


貴重な安らぎの瞬間を1つ失い、ちょっと絶望度合いの回復が遅れて落ち込んでたりします・・・


なので、夜にぐっすり眠る事で現実から逃げ、気持ちを回復させるようにしていたんですが・・・


最近、こっちの眠る方も地味な問題を抱えて叶わなくなっています・・・


夜中、もしくは早朝に目が覚めてしまうからです・・・


ぐっすり眠れず、ストレスがハンパないです・・・


心が安らかず、絶望の気持ちが消えません・・・


これが地味ながら苦しい悩みなんですよ・・・


眠る瞬間だけは誰にも邪魔されず現実を忘れ逃げ込める瞬間だったのに・・・


食を失った私の唯一の安らぎの瞬間だったのに・・・


その瞬間すら失いつつある現実にまたプチ絶望ですよ・・・


現実から目をそらせる安らぎの瞬間を失いつつある・・・


これじゃこれからのニート人生を絶望に包まれたまま生きる事になってしまう・・・


せめて眠る瞬間くらいは安らがせてくれ・・・


ぐっすり眠れない今、そんな願いが頭の中にいっぱいになっています。


しかも、眠れない理由っていうのが精神的に病んで悪夢を見るから起きるとかじゃなくて、もっと現実的な悩みだから困ってたりします。


年なんだなぁ・・・もう若くないんだなぁ・・・


っていう本当に現実的な年齢による悩みですから・・・


食事は病気の影響だからどうにもならないけど、眠るくらいはどうにかしたいです・・・


30代半ばを迎えた高齢ニートが持った地味で現実的な睡眠障害の悩み・・・


どうにかこうにか解決したいので、今回は、そんな地味な年齢の影響が大きい問題を聞いてください。


高齢ニートになるとこんな症状も出るのか・・・という地味な悩みを知ってもらえたらと思います。


夜間頻尿になりだした・・・地味に辛い・・・

30代半ばになった高齢ニートの私を悩ましているもの・・・


それは・・・


夜間頻尿 です。


おしっこですよ、夜中、おしっこがしたくて目が覚めちゃうんです。


いや、おじいちゃんかよ!


そんな事を言いたくなってしまうような悩みですよね。


この手の悩みって高齢の人の悩みっぽいですから。


年なんだなぁ・・・


そう感じるのはこのせいですね。


もう30代半ばだし・・・おっさんも板についてきた年齢でもあるしね・・・


とうとう私も年齢を感じる地味な症状が出る体になってしまったみたいです・・・


って言っても、ホント、ここ最近なんですよ、出始めたのは・・・


ついこの間まではぐっすり朝まで眠れてたのに、ここ1週間くらいで急にこんな感じになりました。


急激な膀胱の弱り?

尿意をつかさどる神経のバグ?

水分を尿に変える回路の異常?


いきなりの体の変化にビックリです。


いったい、私の体で何が起きているのか・・・急激に老いてきているのだろうか・・・


30代くらいからガクっと来るって言いますし、もう年寄りの仲間入りなのかもしれません・・・


おばあちゃんも夜間頻尿なんですが「夜中に3回は起きて辛い」って言ってたその辛さがメッチャ分かりますね。


私はまだ1回で済むのでいいですが、3回ともなったらもう眠れませんし・・・


夜間頻尿は地味ながら生活のクオリティを下げる悪魔の病気なのかもしれません。


辛さが分かった今、おばあちゃん、大丈夫かな・・・そんな事を気にしてしまいますね・・・


こんな生活が続いたら安らぎもクソもなくて大変だよなぁ・・・


まぁ私も他人事じゃないんですけどね。


徐々にパターン化してきてますし・・・


最近は夜中に同じ感じで繰り返してます。


おしっこをしてる夢を見て「何かおかしい、ここはどこだ?」って気づいて「ハッ」と目が覚める感じですね。


そうすると強烈な尿意に襲われていてトイレに駆け込む感じ。


あとちょっとでオネショしてたんじゃないかっていうタイミングで目が覚めますよ。


眠くて体が動かない中、尿意に襲われ寒いトイレに行く・・・この地味な辛さよ・・・


せっかくの安らぎを中断される辛さったらね・・・これはならなきゃ分かりません・・・


特に辛いのは、1回目が覚めてしまうとなかなか寝付けない事ですね。


年のせいか2度寝っていうのができなくなってるんですよ。


早朝に目が覚めた時も、もう1回寝るかって思うんですが、そこから2時間くらいゴロゴロしてるだけで眠れませんしね・・・


2度寝ができないから、早く起きれば起きた分だけ眠れなくて睡眠障害状態になって意識がぼんやりです・・・


昼間の活動に影響が出ますね。


まぁ働いてないから昼間の活動もクソもないんですが・・・


でも、安らぎの瞬間を失ってくのは辛い・・・どうにかしなければ心が絶望に負けてしまう・・・


なので、病気になったらおなじみのパターン、検索をしてみました。


なんで急に夜間頻尿なんてなっちゃったのか・・・


ネット上に存在する優秀な記事に聞いてみました。


夜間頻尿の原因

とりあえず知りたいのは夜間頻尿の原因と対策だったので2パターンで検索してみました。


夜間頻尿 原因

夜間頻尿 対策


それぞれ調べてみた結果、何かしらの疾患が原因だったり生活習慣が原因だったり色々あるみたいです。


疾患が原因の頻尿

何かしらの疾患が原因の場合はこんな感じのものがあるそうです。


・膀胱炎
・糖尿病
・子宮筋腫
・心因性頻尿
・過活動膀胱
・骨盤臓器脱
・前立腺肥大症


とりあえず、私に当てはまりそうなのは前立腺肥大症と心因性頻尿とかかな?


膀胱炎はなさそうだし、糖尿病は3ヵ月前の血液検査で否定されてるし・・・


昼間の尿意はそこまでじゃないから過活動膀胱ではなさそう・・・


やっぱり前立腺が地味に肥大してるんだろうか・・・ガンとかになったら嫌だなぁ・・・


あと、ニート生活で地味に精神的に追い詰められてたりしてストレスや不安で心因性頻尿になってるのかも・・・


平気そうに見えて意外とメンタルをやられてるってありえるしね・・・


でも、疾患が原因ならもっと酷い夜間頻尿になってる気もするし・・・まだ大丈夫かな?


とりあえずスルーしてもいいかも。


生活習慣が原因の頻尿

生活習慣が原因で頻尿になる事もあるんだそうです。


・水分の摂りすぎ
・緊張状態
・体温の低下
・加齢に伴う機能の低下


とりあえず、この4つが主な生活習慣が原因の頻尿なんだとか。


う~む・・・水分は摂りすぎてないんだよなぁ・・・風呂上がりにコップ1杯のぬるま湯を飲むくらいだし・・・


緊張もしてないような・・・


でも、残りの2つは当てはまるかも・・・


「体温の低下」はちょっと思い当たる節があるんだよね。


今年の最初くらいまではシナモンを摂って冷え性対策をしていたんだけど、1袋飲み切ったら追加で買わないで放置してたから。


また冷え性に戻って体温が低下してるのかな?


寒い夜ほど夜間頻尿になる可能性が高いし、体温の低下はありえるかもしれないです。


あと、加齢による機能の低下は否定しきれないですね。


もう30代半ばだしさ、こういう症状が出てもおかしくないわけで・・・


冷え性と加齢、これが夜間頻尿が起こった原因としてはしっくりくる要因かな。


とりあえずの原因は体温の低下かも

ここまで調べてみると一番の原因は「体温の低下」かもしれません。


疾患は心当たりがそこまでじゃないし、最近、ホント冷え性が再発してるしね。


シナモンの効果は本物だったんだと実感してる所ですよ・・・


またシナモンを買って飲もうかなぁ・・・


去年は寝る時も足先が温かかったのに、最近は冷えて寝付けなかったりするしさ・・・


シナモンを1ヶ月くらい摂らなくなってから末端への血流が悪くなって冷えが酷くなったのを実感します。


全身の血流の悪化で体温が下がってるのが夜間頻尿の原因かもしれませんね。


対策は、温かくして眠る、シナモンを摂って冷え性を改善する、の2つでいけるかもしれません。


まだ病院は早いだろうし、もうちょっと悪化するまではこんな感じでやっていこうかな。


心配なら病院(泌尿器科)へ、もしくはユリナールなんていうのもある

もし、この記事を読んでいて、けっこう酷い夜間頻尿に悩んでいる人がいたら迷わず病院へ行った方がいいですよ。


泌尿器科を受診しましょう。


泌尿器科ならこの手の対策は定番みたいで、クスリもあるみたいですからどうにかなるみたいですよ。


困ったら病院へ行くのが一番無難な対策ですね。


病院はちょっと・・・市販薬でどうにかならないか・・・


そんな悩みがあるならこんなクスリもあるみたいです。



加齢の頻尿に悩んでいるならお試しで飲んでみるといいかもしれません。


私もこれ以上悪化したら試しに飲んでみようかと思っていますしね。


加齢による頻尿の可能性も否定できないので、とりあえず膀胱の機能をちょっと回復させるっていうのは悪くないと思いますし。


まぁ最初から病院に行くのが一番かとは思いますが・・・


一番は病院、2番はユリナール、こんな感じが無難ですね。


子供向けのおねしょ回避方法

最近、おしっこをする夢を見て目が覚めるんですが、子供の頃にやっていたオネショ対策を思い出したので、お子さんにシェアしたいと思います。


子供が読んでいるとは思えませんが、もし読んでいたら参考になるかもしれませんから。


まぁちょっと聞いてください。


子供の皆さん、おしっこをする夢を見ると現実の自分もおしっこをしてオネショしちゃうって事はありませんか?


夢の自分と現実の自分がリンクして出ちゃうってよくありますよね?


でも、これを回避できるかもしれない方法があるんです。


それは・・・


普段からおしっこをする時は必要最低限の力でするようにする


だけです。


おしっこをする時、必要以上に力を入れず、最低限の力だけでするようにすると、おしっこをしている夢を見ても現実ではセーブできたりするんですよ。


オネショをする時って、おしっこをしている夢を見て、体がつられて一緒に力を入れてしまうから出てしまうんです。


でも、普段から最低限の力でおしっこをするようにすると、夢でおしっこをしていても力む事がなくなりオネショをセーブできたりするんですよ。


おしっこが出ているならこれ以上は力む必要がないという習慣が身についているからです。


力まなければ現実の自分はおしっこを漏らすことはありません。


ギリギリで目を覚ます事ができます。


これ、私が子供の頃に気付き、何度かオネショを回避した方法なので、けっこう使えると思いますよ。


普段から必要最低限の力でおしっこをするようにするクセをつけておくといいかもしれません。


まぁこんな事をいいつつ、近々私が夜間頻尿でオネショをしちゃったらアレですけど・・・


でも、何度かは回避できたので全くの無駄ではないはずです。


オネショしがちな子供の皆さん、おしっこは最低限の力でするようにしてみてください。


きっとおねしょギリギリで目が覚めて助かる日が来ると思いますから。


最後に

私に残された唯一の安らぎの瞬間を失わせつつある「夜間頻尿」の悩みを書いてみました。


急に襲ってきた地味な症状なだけに地味な悩みになりそうです。


人生のクオリティが下がるので厄介な症状に襲われたな・・・とプチ絶望ですよ。


加齢の影響じゃないといいんだけど・・・


30代半ばともなると膀胱も弱ってきたりするんだろうか・・・


でも、あと10年は加齢の影響じゃないと信じたいです・・・どうかそうであってほしい・・・


とりあえず、加齢よりは「体温の低下、体の冷え」による影響が大きそうなので、冬場だけの我慢だと思い地道にやっていこうと思います。


ゆっくり眠って無の世界に逃げ込めないとニート生活は辛くなっちゃうしさ・・・


どうにか一時的なものであってほしいですね。


こういう死にはしないけど人生のクオリティを下げる病気みたいなのが一番嫌です。


生きながら苦しむっていうのがとにかく嫌だから・・・


ただでさえニート人生で辛いのに、そこにジワジワと地味な症状で苦しめられたらさ・・・落ち込んじゃうしね・・・


これ以上、病院代が掛かったらブログじゃ賄い切れないし・・・


死なない程度の余計な病は襲ってこないでほしいですね。


どうせなるなら一瞬で死なせてくれるヤバい病気の方がマシ


これが生きる希望のないニートの願いです。


死ぬならいいんです、苦しみながら生きるのが嫌ってだけだから・・・


夜中に起きると真っ暗なせいか暗い現実を見つめちゃって辛いんだよね・・・


辛さが増すから勘弁してほしいです・・・


どうにか朝まで平和に眠らせてほしいわ・・・


今夜はぐっすり眠れるんだろうか・・・


夜中に起きるのだけは嫌・・・


どうにかぐっすり眠らせてもらえないかなぁ・・・