ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

日記ブログもやってみるとけっこう面白い、日々の記録をするならノートよりブログの方がいいかも

スポンサーリンク

ブログで日記を書くなんてゴミ記事になるだけだから書かない方がいい


ブログ界隈ではこんな事を言われていますし、このブログでも過去に書いたような気がします。


日記なんてゴミ記事の典型なんだから書く必要はない


みたいなね。


でも、最近はちょっと意見が変わってきてたりしています。


というのも、息抜きにブログで日記をつけてみたら意外と面白くてハマっているからです。


もう日記ブログを始めて10ヵ月くらいになるかなぁ・・・


今までは無意味だと思ってましたが、気軽な一言日記みたいなものもやったらやったで楽しいですね。


ちょっとした小ネタを書けるって気晴らしになりますし。


今まで「有益な記事がなくアクセス数がない日記ブログは意味がない」と思ってる節がありましたが、自己満足でブログをやるっていうのも悪くないと思えるようになってきました。


ブログなんて趣味なんだからやりたいように好きにやればいいんだと。


アクセス数だけがすべてじゃないですしね。


そんな感じでブログへの考え方が変わった私から、


ブログで日記を書くのも面白くて悪くないよ


という、今までとちょっと違う話を今回は書いてみようかと思います。


「日記をつけようと思ってるけど、ブログで書いた方が面白いかな?」


と思ってるような人の背中を押せたらと思います。


日記ブログは好き勝手に書ける自由な場所

日記ブログの魅力は、書きたい事を好き勝手に書ける事です。


まぁこのブログもそんな感じで好き勝手に書いていますが、若干SEOとかを意識してるので本当の意味で自由ではありません。


でも、そんな縛りをとっぱらって自由に書けるのが日記ブログのメリットですね。


それに、ノートに日記を書くと家族や知り合いに見られるかもしれないというリスクもありますが、ブログならそれもほぼないので思い切れますよ。


けっこう恥ずかしい事を書いても身近な人に見られるリスクがないので色々な事をガンガン書けますしね。


思い切りがきく、自由に書ける


これこそが日記ブログの魅力ですね。


そんな感じで自由に書くブログとして、去年の春頃から、別ブログで病気日記をつけたりしてます。


病気の愚痴はたまにこのブログでも書いていますが、病名を伏せているので本当の意味では吐き出せませんでしたから。


まぁ病名を聞いたら冷たい扱いを受けるマイナーな病気ですからね・・・理解されない場所では知らせないのが無難ってもんです。


でも、たまには病名を出して本音で好き勝手に愚痴りたいという欲求がありました。


そんな願いを叶えてくれたのが別で始めた日記ブログです。


もうね、思いっきり日々の辛さとか愚痴とかを書きまくれるんですよ。


これがスッキリしてさ・・・最高の場所ですよ。


この、誰にも言えないような話を思いっきりぶちまけられるっていうのが日記ブログの魅力ですね。


自己満足にしかなりませんが、ノートに書くのは恥ずかしい溜まりに溜まったウップンを一気に発散できるので気持ちよさがハンパないです。


ただ吐き出すだけで満足、アクセスなんて気にしない、書ける幸せを存分に味わう、それこそが日記ブログのベストな利用方法だと思います。


何となく書いた事も日々の記録になりますし、症状がキツかった時とかを後で振り返れるので日記として機能して悪くないです。


普通にノートにつける日記よりも、色々な恥ずかしさによる縛りを開放できるので、日記をつけるならブログでやるというのはオススメですね。


ただの日常の記録に自分の感情を乗せられるというのが面白いです。


ノートに書くちょっと寂しい記録だけの日記より、ちょっとおもしろおかしく文章を書きたいという欲求があるのならブログは良いですよ。


読み手にも面白いブログになったりしますし、世界に発信する事で友達も見つかるかもしれません。


思い切った感情付きの日記を書きたいなら自由に書ける日記ブログを始めてみましょう。


ネガティブな日記はブログで書いた方が心が晴れる

日記をブログでつけるという事は、誰かに話しかけるように書く感じになります。


一応、世界に公開してるわけですから、誰かに読まれる前提で書きますしね。


この「誰かに語り掛けるように書く」というのがストレス解消になる要素だったりするんですよ。


特に、ネガティブな感情を吐き出す場合、誰かに話してるような感覚になるというのがメリットになります。


一人、孤独にノートに悩みを書いているのとは違い、誰かと会話してる感じになるので孤独感が軽減されますから。


実際、誰かがその記事を読んでくれるわけですし、一人で悩んでいる現状とは全く違ったアウトプットができますしね。


病気の愚痴とかも一人で悩んでると辛いですが、同じような人に向けて書いているので仲間がいる感じがして心強くなります。


今日は悪化した・・・苦しい・・・寝たきりだった


ってノートに記録するとネガティブな感じしかないけど、


〇〇で〇〇だから辛い、どうにかする方法を教えて


みたいに語りかけると暗くなりにくいです。


一人で悩んでいるのとは違い、誰かに話している気持ちになり、なんとなく安らぎますから。


それに、本当に解決法を教えてくれる人も現れたりするので、ノートじゃなくてブログで書いてよかったと思える日も来ますよ。


ノートに書く日記だったら誰かに伝わるなんてありえない事ですからね。


ネガティブな感情を吐き出したいのならノートじゃなくブログでやるといい


これは言えるので、暗めの記録をしそうならブログでやった方がずっとメリットがありますよ。


ホント、気が晴れますから。


誰かに話を聞いてもらえるっていうのは思ってる以上に大きいですよ。


孤独な人こそ日記ブログはオススメかもしれません。


ニートとか不登校の人とか寂しい主婦とかに最適かもしれませんね。


どうでもいい1日や悩みを誰かに話す感じで書くとちょっとスッキリしますから。


いい息抜きになると思いますよ。


意外と同じような悩みを持った人はいっぱいいて固定読者もついたりするので悪くないですし・・・


気が付いたらネット上にブログを通じた友達ができたりします。


私も、病気の日記ブログを通してちょっとコメントをやり取りする人ができました。


同じ辛さを分かち合えるってすごく心強いですよ。


こんな感じでネガティブな人にとってはプラス要素がいっぱいなので、暗めの日記をつけるならブログが最適ですね。


溜まったものがあるなら、それを吐き出せる気晴らしになる場所を持つっていうのもいいもんですよ。


ストレス解消になりつつ、仲間も見つかるかもしれない、これはノートに書く日記じゃありえませんからね。


ネガティブな話や悩みの日記を書くならブログで世界中の人に向けて書いてみましょう。


どこかにいる優しい人が救いの手を差し伸べてくれるかもしれませんから。


話を聞いてもらったというだけで大きいですし、辛い現状が救われるかもしれません。


ちょっとした可能性に掛けてみるっていうのも悪くないですよ。


日記ブログもアクセスが0ってわけじゃない、誰かは見てくれる

日記ブログはアクセスが集まらない、だから書いても見てもらえない


こういう現実があるので基本的に日記ブログは無意味だと言われています。


基本的に検索エンジンで上位に表示されることがありませんから、アクセスのルートが限られますしね。


確かに日記ブログはアクセスが集まりにくいですが、完全に0ってわけじゃないので安心してください。


「どうやって辿り着いたの?」って疑問はありますが、なぜかブログに辿り着いてくれる人がいますから。


世の中には深い所まで検索する変わった人もいるみたいです。


世界中には色々な人がいるように、検索の仕方も色々です、予想外の所からアクセスが来たりします。


日記ブログはアクセスがないというのを知り「誰にも見てもらえないなら書く意味がないかなぁ・・・」と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。


誰かには見てもらえますから。


私のしょうもない病気日記ですらアクセスはちょぼちょぼですがあります、0ではありません。


まぁ1日10人来ればいいくらいですが・・・


でもどんなにくだらない日記でも0ではありません、これは事実です。


そして、そんなレアな読者の中にはあなたと同じような現状を生きる同じ悩みを持った人がいたりして、ブログに共感し、ブックマークして定期的に訪れてくれる人も現れます。


私の日記ブログにも数人ですがいます。


ブログを続けている限り可能性は0じゃないので大丈夫です。


日記ブログはアクセスが少ないけど、誰かは読んでくれる


これは事実なので、安心して好き勝手に書きまくってください。いつかは見てもらえますから。


好き勝手に書いている内に面白い記事が生まれてそこにアクセスが集まったりするので、とにかく書き続けるのが大事ですよ。


ストレス解消にガンガン書いて、いつか訪れる奇跡を待ちましょう。


人気の日記ブログを目指すならコミカルな絵日記風がいいのかも

1つ誤解がないように言っておきますと、日記ブログがすべてアクセスがないゴミブログなのかというとそうでもありません。


日記ブログでメチャクチャアクセスを集めている神みたいな人はいますから。


やっぱり面白いブログは人気が出て見てもらえるブログになるんですよ。


日記ブログでも人気ブログになるチャンスは0ではありません。


あなたの世界観が多くの人にウケればアクセスを集めるのも不可能ではありませんよ。


日記ブログで読まれるブログにしたいという思いがある方のために、参考にした方がいい日記ブロガーを紹介したいと思います。


どんな日記ブログがウケているのか、その現状をちょっと体感してみてください。


底辺やる夫さん

一生非正規雇用で生きてくブログ | 底辺おじさんの挑戦


個人的に日記ブログ界の神だと思うのがこの方。


状況が浮かぶ的確なアスキーアートを駆使し、リアルな派遣社員の日常が書かれている面白いブログです。


内容はホントただの日記なのに、ここまで読ませる文章を書けるのはすごいですね。


底辺人間の特徴をうまく掴んだ登場人物のキャラ設定が見事で引き込まれます。


何気なく書いているようで、しっかりした人間観察力があるすごい人だと思います。


日記も書き方次第で読まれるメディアになるというのを証明してくれた偉大なブロガーの1人ですね。


まめきちまめこさん

まめきちまめこニートの日常 Powered by ライブドアブログ


おもしろ漫画系日記ブログの神だと思うのがこの方。


文章だけで書いたら普通の日常の1コマで終わりそうな話をコミカルな絵を駆使して面白さを爆増させている日記ブログです。


ツッコミに迫力があったり、逆に和める描写があったり、絵に緩急があって面白いですね。


けっこうあるあると思ってしまう共感系のネタもあり、読者を惹きつけるポイントを熟知してる感じです。


「ただの日常をここまで面白くできるのか」と才能のすごさに感心しきりですよ。


読まれない日記ブログは、感性や書き方の問題なんだと痛感させてくれる最強のお手本日記ブログですね。


文章だけよりも絵を使ったりして個性が出た方がより伝わって人気が出る?

私がメインで読んでいる人気の日記ブログはこの2つなんですが、他にも人気の日記ブログを見ると絵日記風のブログが多いような気がします。


ブログ界の神、はあちゅうさんのブログも絵日記ですしね。


はあちゅう オフィシャルブログ「旦那観察日記」Powered by Ameba


何気ない日常を個性的なイラストを使って表現する


これが読みやすく書き手の個性も出るベストな日記ブログの書き方なのかもしれません。


なんていうか、一言で終わってしまうような日記も、的確にイラストを駆使して書けば、けっこう読者に情景や感情が伝わる面白いブログになりますしね。


絵には書き手の個性がメッチャ出ますし、なんか分からないけどハマってしまうブログになるのかもしれませんね。


文章だけで読ませるって難しいですが、画像があれば視覚に訴える事ができるので、堅苦しい印象がなく読みやすさも増しますから。


日記を読むには書き手に興味を持つというのが大事なので「ここでしか見れない何かがある」というのが大事なのかもしれません。


・生き方そのものが個性的
・イラストが個性的で面白い
・独特な切り口の個性的な日記


こんな感じで、それぞれ自分の個性を発揮できるものを存分に活かした日記ブログが人気になるんだと思います。


「ポジションを取る」というのが大事なのかもしれませんね。


〇〇と言ったらこの人


そう言われるくらいに飛び抜けた個性が必要になるんだと思います。


「底辺派遣社員の日記ブログ」といったら「底辺やる夫さん」ってくらいもう定番ですし、どんな内容でも惹きつける魅力は欠かせませんね。


日記ブログでアクセスを集めたいと思っている方がいましたら、自分の持っている個性を色々な形で爆発させるのがいいと思います。


それは文章の切り口かもしれませんし、イラストのタッチかもしれませんし、人生そのものが面白いのかもしれません・・・


自分はどんな個性を持っているか


それを考えてそれが活きるような日記ブログを書くとチャンスがあるかもしれませんよ。


ここでしか見られない何か


それを意識してブログを書いていくといいと思います。


最後に

日記ブログもやってみると意外と面白い


今までは日記ブログに否定的でしたが、やってみたら面白かったのでオススメしてみました。


個人的にはポジティブな日記よりもネガティブな日記の方がブログでやるメリットは大きいような気がします。


吐き出したいものを吐き出せますし、同じ悩みを持った仲間が見つかるかもしれませんし、ネガティブを払拭してくれる要素がいっぱいありますしね。


それに、基本的に人は悩みを解決するために検索しているので、悩みを書いている方が引っ掛かりやすいと思いますし・・・


人は幸せなエピソードよりもちょっと不幸なエピソードの方が好きだったりしません?


勝手な偏見なんですが、そんな傾向がある気がするのでネガティブこそ日記ブログに活きると思っています。


書きたい事も山ほどあると思いますしね。


ただノートにつける日記よりも、世界に発信する日記ブログの方がはるかに面白いので、どうせ日記をやるならブログをオススメしますよ。


日記をつけようと思ったらブログで思いっきり吐き出す

世界中の人に自分の世界観を伝えてみる


こんな感じでやってみるといいと思います。


世界中の人との繋がりが持てるので、単なる日記がけっこう刺激的なものになりますよ。


自分の日記に反応があるかもしれないっていうのはワクワクしたりしますしね。


日記をつけようと思ったのも何かの縁かもしれませんので、現代らしくブログで書いてみてはいかがでしょうか。