ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

死にたいひきこもりニートは外に出よう、家にいると生存確率が上がるから矛盾してるよ

スポンサーリンク

30代職歴なし、原付に乗ってると死が近くにある感じがしてハラハラしつつもワクワクするニートです、こんにちは。


ブログを始めてから2年ちょい・・・


ひきこもりニートでどうしようもないから死にたい


そんな悩みを抱えたひきこもりニートの方達からコメントやお問い合わせをいくつか貰ってきました。


私もひきこもりニートで「死にたい」という悩みを抱えていて、そういった気持ちを記事として発信してきたからか、似た仲間が集まってきた感じですね。


死にたいひきこもりニート


現代の病みっぷりを象徴するなかなかのパワーワードですね。


ブログを通してリアルに知りましたが、今の日本にはこういった人がけっこういるみたいです。


ニートでどうしようもなく絶望に包まれたままひきこもって死にたがっている人がね。


私も他人事じゃないので気持ちは痛いほど分かります。


ひきこもりってだけでけっこう辛いですから・・・


そりゃ死にたくもなるってもんですよ。


人生に希望が見出せませんからね。


前向きに社会に出るビジョンは見えませんし、もう死に向かってどうにかするくらいしかやる事はありません・・・


私達にとって死に向かうというのは最善の選択肢かもしれませんね。


ただ、最近ちょっと思うんですよ。


「死にたい」と「ひきこもり」って矛盾してるなって。


なんていうか、死にたいのに生きる確率が高いのがひきこもりだよなぁ・・・って・・・


家にいると安全だし危機を回避できるし死とは正反対の安全地帯にいるような気がするんです。


なので、死にたいひきこもりの人は死にたいなりに行動する必要があると思うんですよね。


このままじゃ生きてしまいますから。


ひきこもっていても死ねません


死にたいという願望があるのなら、ちょっとでも致死率を上げないといけないんですよ。


「ひきこもり」と「死」って繋がるようで繋がらない正反対のものですから。


実は、死にたいひきこもりニートはひきこもってる場合じゃなかったんです。


死にたいという願望があるのならやるべき事は1つです。


今回はそんな矛盾したひきこもりニートの現状を打破する方法を書いてみたいと思います。


今の矛盾した現状を理解し、良くも悪くも一歩踏み出してもらえたら嬉しいです。


死にたいなら外に出よう、家にいると生存確率が上がるので生きてしまう

死にたいひきこもりニートの皆さん、ちょっと現状を冷静に見てみましょう。


ひきこもっている今の状態、それは死に近づくベストな行動ですか?


ひきこもってると絶望度合いが増すのでそれはそれでアリかもしれません。


気持ち的には死にちょっとずつ近づいているかもしれませんし・・・


でも、それで本当に死に踏み切れますか?


もうどうしようもない・・・

生きててもしょうがない・・・

もう死んで楽になりたい・・・

でも怖くて自殺はできない・・・

かといって生きるのも辛い・・・

どうしたらいいのか・・・


こんなループをしているだけで良くも悪くも一歩も進まないんじゃないでしょうか。


家で悩んでいても生きる事にも死ぬ事にも踏み出せず苦しんでいませんか?


死にたいけど死ねない、どうすればいいのか・・・


こんな悩みを抱えたままウジウジとどうしようもない日々を過ごしているんじゃないですか?


だとしたら現状を打破する1つオススメの方法があります。


それは・・・


外に出る


という方法です。


ひきこもっていてもダメなら全くの反対、外に出てしまえばいいんです。


これこそが死に近づく大きな一歩ですから。


死にたいのなら冷静にひきこもっているデメリットを考えてみてください。


病気に感染するリスクが低く、事故に遭う確率もほぼ0に等しい・・・


自殺に踏み切れないのなら外部からの力で死ななきゃいけないのに、その外部からの力をシャットアウトしてしまってるんですよ。


これ、死にたいという感情と行動が矛盾していると思いませんか?


「家にひきこもる」というのは死から遠ざかる生きるための行動なんです。


何かおかしいですよね?


だってあなたは死にたいんですから・・・


なんで生きるための行動をし続けてるんだ?


そんな気がしてきませんか?


あれ?ひきこもってる場合じゃないんじゃない?


そう思いません?


実は、死にたいひきこもりニートがする事はひきこもり続けることじゃなかったんですよ。


外に出て死亡率を上げる事だったんです


外に出れば家にいるよりは死ぬ確率が上がります。これは事実です。


病気にもなりやすくなりますし、事故に遭う可能性も上がりますし・・・


死に向かって一歩近づくんですよ。


このまま家にいたんじゃ病気にもなりにくいですし事故にも遭わず、死ねない矛盾を抱えてしまいますよ。


家にいて事故に遭うとしたら飛行機が墜落してくるとかの超奇跡的な偶然くらいしかありませんから。


そんなの滅多にないですしね。


そんなありえない偶然を待つくらいなら、もっと自発的に危険に突っ込んでいく位の意気込みが必要なんですよ。


死にたいあなたがやるべき事は少しでも生存確率を下げる事です。


それには外に出るというのが最善の選択肢になります。


外に出たら死亡率ははるかに上がりますからね。危険がいっぱいですから。


死にたくて悩んでいるのに死ねなくて苦しんでいるのならやるべき事は1つです。


ちょっと外に出てみませんか?


外に出ると死に近づく、刺激的で面白かったりして気持ちが明るくなる

こういうメチャクチャだけど現実的な話を書いているのは、最近、私が実践しているからだったりします。


死ぬ確率を上げるために外に出る


そんな理由でちょいちょい外に出ていたりします。


とりあえず、自殺できない私が死ぬとしたら事故死くらいかなぁ・・・

偶然を利用して死ぬしかないよね・・・


そんな思いがあるので、原付でちょっと遠くのスーパーまで買い物に行ったり、大き目の国道をムダに走ったり、死に向かって色々してます。


今の私にできる最善の行動は原付で外を走って事故率を上げる事くらいですから。


これがさ、ちょっと気持ちがスッキリしてよかったりします。


なんか、やるべき事をやっているかのような爽快感が生まれるっていうか・・・


原付でその辺を走り回ってる時って良くも悪くも一歩進んでる感覚がするんですよね。


死にたい私にとってチャンスが増える最善の行動でもあるわけですから。


原付に乗ってると死に近づいてる感じがしてワクワクします。


これはこれで悪くない感覚です。


ホント、死ねるチャンスが増えまくるんですよ。


部屋にいる時とは大違いです。


ちょっとの行動で運命を左右する瞬間がたくさん訪れますから。


ここでハンドルを右に切ったら死ねる

このままブレーキを掛けなければ死ねる

崖に飛び込んだら死ねる

対向車線に飛び出せば死ねる

ダンプの前に急に車線変更したら死ねる


ホント、ちょっとだけ、あとちょっとの思い切った行動で死ねるチャンスが増えます。


ハンドルをちょっと切ったら死ねるんですから。


死と隣り合わせにいる感覚なんです。


あとは思い切りとやる気だけ、気持ち1つで終われます。


恐怖もありますが、ちょっとワクワクしちゃったりして良い感じなんですよ。


車が飛ばしてる国道とか恐怖と歓喜が入り混じって不思議な感じです。


外に出るって刺激的ですね。


部屋にひきこもってるより遥かに有意義です。


死のうと思ったら死ねるという環境に身を置くっていうのはひきこもりには無い感覚ですしね。


ただ、痛いのは嫌だから思い切れずにまだ生きてますけどね。


本当に死に近づくと本気かどうかが分かったりします。


死ねるのに死に切れない私は、まだそこまで本気じゃないのかもしれませんね。


もしかしたら私は本能の片隅に「まだ生きたい」っていう気持ちが残ってるのかもしれません。


そういう現実に気付くと「ちょっと生きてみようかな」みたいな新たな決意ができたりして一瞬だけ気持ちが明るくなったりもするんですよ。


死ぬために外に出たとはいえ、気が付けば外に出られるようになってるわけですし、生きようと思えば生きる道もできてきたわけで・・・


脱ひきこもりのキッカケって前向きなものだけじゃないのかもしれませんね。


死ぬために外に出る


これ、意外となかった新しいひきこもりの解決法なのかもしれません。


結果として外に出てるのは事実なので、一歩踏み出せてますしね。


そのまま外で事故死してもいいですし、本当に死と対面して死にたくないと思ったなら生きる道に進んでもいいですし・・・


死にたいひきこもりニートの場合、理由は何でもいいからとりあえず外に出るっていうのがいいのかもしれません。


こっちの方が合理的だったりしますしね。


矛盾を解消する事で解決できるので無理がありませんから。


死にたいならひきこもってる場合じゃない

ひきこもっていたら死亡率が極端に低いから

だから死ぬために外に出る

そして本当に死と対面して本心を知る

生きたいと思ったなら生きる

迷いが消えて気持ちがスッキリしてるはず

外に出られてるから生きる道も開けている


流れとしてはけっこう上出来なんじゃないでしょうか?


働け!外に出ろ!ひきこもるな!


という嫌な事だらけの方法より


死にたいなら外に出た方がいいよ、死に近づけるから


という、目的が合致したスムーズな方法・・・


意外と悪くないんじゃないかと。


死にたいひきこもりの脱ひきこもりには「死亡率が上がるから外に出よう」という合理的な方法がいいのかもしれません。


外に出られたら生きてもいいし死んでもいい、選択肢が増えるよ

死ぬために外に出るというヤケクソな方法だけど、もし脱ひきこもりができたなら儲けもんです。


外に出るとけっこう気持ちが変わったりしますしね。


理由なんてなんでもいいから外に出る


これがひきこもりには大切な事かもしれません。


外にさえ出られれば人生の選択肢も増えているので、あとは自由にすればいいだけです。


生きたくなったなら生きればいいし、死にたいままなら外に出て死に近づけばいいだけです。


生きるも死ぬも、ただ家にいるよりは前向きになりますね。


死ぬ事しか考えられなかった人生に「生きる」という道もかすかに見えますから。


自分でやってみて思いましたが、死亡率を上げるために外に出るっていうのはけっこう気持ちが軽くなりますよ。


明確な目的があるので迷いがありません。けっこう思い切れます。


上手くいけば人生にケリをつけられるので気持ちも前向きですし・・・


外に出る = 働くため


みたいな嫌な縛りがあるからこそ、外に出るのを躊躇してしまうのかもしれません。


働きたくはないですしね。


外に出るも地獄、働くも地獄、地獄の連続をくぐらなきゃいけないわけですから。


そりゃ何もやる気にならないわけですよ。


でも、外に出る事が望む結果に繋がるならちょっと違うかもしれません。


外に出る = 死ぬため


これなら理想に近づけるのでそこまで嫌でもない気がしないでもないです。


死ぬために外に出るっていうのは後ろ向きなようで前向きなのかもしれません。


死にたいひきこもりにとっては「目的の為に一歩踏み出す」って事ですから。


これからはこっち路線で説得してみたらいいんじゃないかと思ったり・・・


こっちの方が外に出る理由としてはしっくりきますしね。


ちょっと出てみようかな・・・


そう思えただけでも充分じゃないかと。


ニートの悪い所って、生きるも死ぬも決められずに立ち止まってる所だったりしますしね。


選択肢を広げて選べるようにすれば気持ちの面でも楽ですし、決断もしやすくなるかもしれません。


外に出て死と向き合って、それからどうすればいいか考えればいいと思います。


ただ、忘れないで欲しいのは、外に出られたあなたはもうひきこもりじゃないという事です。


そうなると死ぬ理由もなくなってたりするんですよね。


悩みが1つ消えるから。


死にたい理由はひきこもってるからっていうのもあるしね。


外に出られない自分はダメな奴だ・・・死んだ方がいい・・・死ぬしかない・・・


とか思ってたりもするしね。


でも、外に出たらその悩みは消えるわけで、次は「働くか」「死ぬか」の決断で悩むだけなんだよね。


ひきこもってた頃よりはずっと明るい選択肢じゃないでしょうか。


死にたくて外に出たのに生きる希望が湧いちゃうっていう不思議ですね。


そうなったらあとは好きにすればいいんです。


死に向かうも、生きる方向に進むも、自由に選べますから。


外に出られたら自由度は上がりますしね。


ドラクエ3で船を手に入れた時のどこに行ってもいい自由度みたいなもんです。


急に世界が開けた感じがしますね。


30代のひきこもりニートならしっくりくる例えだと思うんですが、どうでしょうか。


なんでもいいから外に出るとそんな自由度が待っていますよ。


ひきこもりでどうしようもない・・・

もう死ぬしかない・・・

でも死ねない・・・


そんな感じで苦しむなら考え方を変えましょう。


死ぬために外に出て選択肢を広げる


これならちょっと気持ちも軽くなりませんか?


これは新しい脱ひきこもり法としてちょっと試して欲しいですね。


私自身はひきこもり気分の時「ちょっと死亡率を上げに原付でも乗るかな」ってなったりするのでけっこう良い感じです。


死にたい人こそ外に出るべきなんですよ


死にたいひきこもりニートの方は現状が矛盾してる事を受け入れ、その矛盾の解消に外に出てみましょう。


頑張るために出るんじゃないです、死ぬために出るんです


これなら後ろ向きな気持ちを後押しできて外に出る理由になりませんか?


生きるにしても死ぬにしても、まずは外に出ないと始まりません。


なんでもいいので外に出て一歩進みましょう。


最後に

死にたいのにひきこもるって矛盾してるよなぁ・・・


そんな事を思ったので、いつもと違う感じの脱ひきこもり法を書いてみました。


ひきこもりをポジティブに説得しても無理なのでネガティブに説得したらどうなるのかな?って。


「押してダメなら引いてみろ」的な感じでね。


死にたいなら外に出るのが一番です


外の方が危険がいっぱいで死亡率が上がりますから。


死にたいのにひきこもるっていうのは生きてしまう矛盾した行為だというのを知ってください。


死にたい人ほど外に出た方がいいですよ


ちょっとしたミスで死ねる落とし穴だらけですから。


ひきこもってる内は死にたくても死が近くにいません。


でも、ちょっと道路を歩いたりするだけで、すぐそばに死はあります。


死にたいのなら本当に死ぬかもしれない状況に近づいてみませんか?


いざ、本当に死ぬかもしれないとなれば本心が見えますから。


死ぬの怖い、やっぱり生きたい


そう思えたのなら生きればいいだけです。


外に出られたあなたには生きる道も見えつつあるんですから。


理由なんてなんでもいいから外に出る


外に出れさえすれば選択肢が増えますからね。


ひきこもりで死にたくて悩んでるなら「死ぬために外に出る」というのは1つの解決法としてアリですよ。


とりあえず、矛盾した現状を打破してみましょう。


「死にたい」と「ひきこもり」は繋がりません、反発しあう要素てんこもりですから。


死にたいひきこもりニートは死ぬために外に出る


こんな感じでちょっと後ろ向きに解決してみてはいかがでしょうか。