ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニート、家を追い出された

スポンサーリンク

30代職歴なし、とうとう親が限界を迎えたニートです、こんにちは。


みなさん、いかがお過ごしでしょうか・・・


私は最悪の末路を迎えつつあります・・・


この記事、近所のネットカフェのパソコンから書いているからです。


これがどういう事が分かりますか?


ネットカフェからこんにちは

たまには気分転換をしようとネットカフェに来ちゃいました~

いや~環境を変えると作業が捗るな~

ブログを書くには環境も大事だよね

ソフトクリームも食べ放題だし快適だわ

ネットカフェ更新にハマりそうです


みたいな感じではありません。


絶望です・・・


来ちゃいましたよ・・・とうとう来ちゃったんですよ・・・運命の日が・・・


そう、ついに起こりました、恐れていた事が・・・


家を追い出されたんです


はぁ・・・急なんだもんよ・・・


親父が急にブチ切れちゃってさ・・・


もう限界だ!いい加減にしろ!出てけ!

今すぐ出てけ!


って財布1つをポケットに入れるのが精一杯なくらいの勢いで追い出されちゃったよ・・・


蹴り出されるなんて・・・漫画かよ・・・


親父の蹴りはなかなかの威力だった・・・


まだまだいけるな親父・・・安心したよ・・・


次に会うのは葬式の時か・・・呼んで貰えたらの話だけどさ・・・


ここまでの30数年・・・世話になったよ・・・死に目には会えるといいな・・・


はぁ・・・これからはネットカフェ生活かぁ・・・


まぁけっこうイスは部屋のイスより快適だから良い感じだけどさ・・・


やっぱすぐ隣には人がいるっていうのは落ち着かないね・・・


ネットは落ち着いてやりたいわ・・・


お金はいつまで持つだろうか・・・不安だわ・・・


あぁ・・・家に帰りたい・・・部屋に戻りたい・・・


・・・


・・・


・・・


という事にはなってないんですよ。


すみません、釣りタイトルでした

悲惨な末路を迎えたのか・・・


そう思った方もいるかもしれませんが・・・


すみません、本当は追い出されてません。


釣りタイトルでこんにちは


改めまして30代職歴なし10数年ニートことヤスです。


いや、ごめんなさい、悪ノリしました。


1回やってみたかったんですよ、釣りタイトルで記事を書くのを。


アクセス数はどれくらい変わるのかなって気になっちゃって・・・


怒ってます?期待しちゃいました?


追い出されたニート生活ブログの始まりにワクワクしました?


すみません、そうなるのはもうちょっと先ですね。


私はまだ部屋でのん気にニート生活満喫中です


でも、本当に追い出されるのも時間の問題なので油断はできないんですけどね。


タイムリミットは迫ってますから・・・


いつか来る未来を考えてちょっとシミュレーションしてみた感じです。


追い出される時は多分急に来るでしょうね。


堪忍袋の緒が切れて、ここぞというテンションの時、一気に家から追い出すように・・・


この記事を書いているのは2020年1月5日なんですが、公開される頃には本当に追い出されているかもしれません。


これは予知だったと言わんばかりにね・・・


そうなってない事を願うしかないですね・・・


で、何で急にこんな記事を書いているのかというと、気の毒な検索ワードを見つけたからです。


それはこちら。


ニート 家を追い出された


いたんです、タイトル通りこの世のどこかに家を追い出されたニートが。


これからどうするんだろうか・・・


家を追い出されるというのは急に訪れるニートの末路ですからね。


急すぎてパニックになって、どうにか助けを求めて検索したのかもしれません。


気持ちが分かりすぎる・・・


あぁ・・・未来の自分もこんな感じか・・・


そんな事を思ってしまいましたね。他人事ではないですから。


これは私もそうなった時の事を考えておかなければいけないかな・・・そんな事を思いました。


家を追い出されるっていうのは、いつか来るニートの末路なんですよね。


その時がまだ来ないうち、どうにか心の準備をしておかなければいけません。


追い出されたらどうするのか・・・


ちょっと考えてみようと思います。


ニートが本当に家を追い出されたら

とりあえず確定してるのは、いったんネットカフェに逃げ込むっていう事ですね。


居場所がなくなった今、ネットができて雨風をしのげてあまりお金が掛からない場所に避難しなければいけませんから。


そうなったらネットカフェ以外にありません。


そしてまずは現状をブログに書くのかな・・・


冗談じゃなく、釣りでもなく、本当に追い出されたという記事を・・・


助けを求めて最後の悲鳴をあげるのかもしれません・・・


もし「ニート、本当に家を追い出された」というタイトルで記事が更新されたら、その時は本当に追い出されたと思ってください。


今よりも刺激的なニートのリアルを語るブログの始まりになると思います。


読者的には面白いですね。


でも、こっちとしてはもう未来に希望がなさすぎてどうしたらいいのか・・・


部屋を借りるとかもお金がなくて無理だし・・・


住所もないから仕事を探すのも難しいし・・・


まぁ住所は実家の住所を借りてやり過ごすしかないか・・・


とうとう必死感から仕事を探す日々が始まるのかな・・・


ネットカフェから再起できるのか・・・


過酷な人生になりそうだわ・・・


でも、ブログ的にはネタの宝庫で更新が捗りそうです・・・


ニートに足りないのは人生の刺激ですからね。


まぁ私は刺激のない平凡な人生を望みますが・・・


それに、ブログを更新するだけの気力があるのかは疑問だしさ・・・


でも、ブログから稼げれば希望はあるし、ギリギリ繋いでいくのかな・・・


ブログ収益が月に5万円くらいになってればちょっと延命できるかもしれませんね。


とりあえず、数十万は貯金をしておいて、2ヶ月くらいはネットカフェにこもれるようにしておかないと・・・


それで余裕がある内にどうするか決めていく感じかな。


自殺に踏み切れれば一番話が早いんだけど・・・それはなかなか覚悟が決まらないのかもしれない・・・


いや、本当にそうなれば覚悟は決まるのかな・・・


その時にならないと分からないな・・・


というか、普通の生活を送るのも窮屈になるんだよね。


洗濯とかお風呂とか食事とか、気軽にできなくなってしまう・・・


思った以上に過酷な人生になりそうだわ・・・


ネットカフェ難民とか昔いたみたいだけど、どうやってやり過ごしてたんだろ・・・


ネットカフェ難民のブログとかあるのかな・・・あとで探してみるか・・・


今の所、現実的な感じだと、お金がある内はネットカフェにひきこもって、お金が尽きたら自殺する、それがベストな選択肢かな・・・


やっぱり自殺に踏み切るしかないよね、だって生きる希望がないんだもん。


本当に死を決意できる瞬間、それが家を追い出された時なのかもしれませんね。


自殺を決意できるほどの絶望か・・・


味わいたくないものだな・・・


家を失うと再起の道が極端に狭くなるよね・・・

う~ん・・・でも、本当に家を失ったらどうすればいいんだろうね。


死ぬに死ねない可能性の方が高いから、生きる事も考えないといけないんだよなぁ・・・


ネットカフェ難民コースが濃厚だけどさ・・・それでいいのか?


その場しのぎで生きることはできるかもしれないけど・・・


その先の未来に明るい光が灯らないよね・・・


ハローワークで住み込みの仕事とか、寮がある仕事を探すしかないんだろうか・・・


こうなると寮完備っていう求人のありがたみが分かるわ・・・


でも、キツイ仕事ばっかりなんだろうなぁ・・・ニート上がりに耐えられるのか・・・


住み込みの欠点は辞めるのが難しい事だよね。


辛くて逃げるように辞めるクセがあるけど、その道が閉ざされる・・・


まぁニートにはその方がいいのかもしれないけど・・・


でも、辞めた次も選べる仕事は住める所も提供してくれる仕事だけか・・・


選択肢がさらに狭まる・・・


ただでさえ無い30代ニートの求人の中でそんな好都合な求人があるのか・・・


でも、これしかないな・・・今の所、1つだけ見えた再起の道はコレだね。


住み込みか寮のある仕事でどうにかこうにか2~3年耐えて貯金を貯める

どこかに家を借りて自立する

1人で生きられるくらい給料が出る会社に再就職する


流れとしてはこんな感じ。


書くのは簡単だけど、最初の段階ですでに難しい・・・


はぁ・・・希望がないわ・・・


再起の道は険しいね・・・


第1段階で給料が高い期間工とかに潜り込めればどうにかなるのかな・・・


家を追い出されたニートの希望の光は期間工


これはあるかもしれませんね。


手元に200万円くらい貯金があれば人生のやり直しがちょっとできるかもしれないし・・・


とりあえず、現状の答えはこれかな。


追い出されたら期間工へ


ネットカフェ難民の自滅コースよりは希望があるから。


これだ、これにしよう、追い出されたら期間工がベストだ。


っていうか、今、家のある内に期間工に行っちゃって貯金を貯めて帰ってくるのがベストかな?


追い出される前に期間工へ自分から出て行って、貯金が貯まったら返ってきて地元就職


これがニートにとって最善の道なのかもしれません。


まぁそれができてりゃ苦労しないしこんなブログもやってないって話よ。


家を出て働くのか・・・


安らぎの時間は持てるんだろうか・・・


家、好きだからなぁ・・・この部屋・・・居心地がいいし・・・


仕事が終わったら部屋に帰ってきたいわ・・・


まぁ結局の所、家がある内に就職するのがベストなんだよね。


はぁ・・・そろそろ本当に就職活動を再開するか・・・


受かる見込みも希望もないからやる気が起きないんだよね・・・


せめて10年前だったら・・・


そんな事を思ってしまう・・・


やっぱり夢を見てしまう・・・ブログで稼げないかと・・・


家で稼げる何かがないかと・・・


本当にフリーランスになりたいよ・・・家で稼いで家でのんびり過ごせる真のひきこもりになりたいわ・・・


家を追い出されるタイムリミットまであとどれくらいあるんだろうか・・・


それまでにブログが跳ねないかなぁ・・・


そんな夢に逃げてしまう・・・


外で働きたくない・・・家で稼げるようになりたい・・・


やっぱりまだ必死感は生まれません・・・


本当に追い出された時、その時がニートが生きるか死ぬか本当に決断できる時なのかもしれませんね。


それまではこのままボンヤリニートとして生きていこうと思います。


最後に

ニート 家を追い出された


こんなワードがあった事から釣りタイトル記事を書きつつ、そうなった未来を想像してみました。


理想はブログで稼げる事ですね。


でもそれは無理なので、期間工で限界まで貯金して家を借りるっていうのが現実的で最善な未来のようです。


ダメになっても意外と道はあるっちゃあるんですよね。


今までは目に入らなかった寮完備、住み込みの求人が対象になる感じで。


急に追い出されるよりは心の準備ができたかな。


ネットカフェに逃げ込み、寮のある仕事場に就職する


こういうやるべき事が分かってるだけでも気持ちは楽だしね。


追い出されてもとりあえず生きる道はある


これだけでも死に切れないニートには希望があると思うしかないね。


っていうか、この記事が投稿されている段階で本当に追い出されてたりしないよな・・・


大丈夫かな・・・


この記事を書いたのは追い出されるのを予知したからとかじゃないといいんだけど・・・


今回の検索ワード「ニート 追い出された」と検索した人はどうしたんだろうか・・・


追い出された状態からの再起への道を書いたニートブログとかやってくれると助かるんだけど・・・


いずれ、それを書くのが私の役目になるのかな・・・


追い出されるのはいつなんだろうか・・・


明日かもしれない・・・


来週かもしれない・・・


来月かもしれない・・・


来年かもしれない・・・


いつかは来る追い出される瞬間・・・


それを迎えた時、本当の意味でニートの末路を向かえ、人間としての度量が見える瞬間かもしれませんね。


私は生きられるのか・・・それとも死に向かえるのか・・・


その時になってみないと分からないな・・・


いつか来る絶望の未来・・・


その時を迎える心の準備をしておかないとね・・・


生きるにしても死ぬにしても厳しいわ・・・


今の内に人生やめたくなってきたよ・・・


はぁ・・・もう消え去りたい・・・