ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

言い方は悪いけど、アドセンスで稼ぐポイントは「いかに情弱をブログに集めるか」だよね

スポンサーリンク

ブログで稼ぐならどのジャンルで書くかは大事


これはアフィリエイトで稼ぐ場合、よく言われる事かもしれません。


稼ぐには高単価の広告に繋ぐのが必要なので、広告ありきでサイト作りをする必要がありますから。


高単価の広告があるジャンルで書くというのが稼ぐための第一歩ですよね。


稼ぐには書くジャンルが大事なのがアフィリエイトです。


ただ、最近、これはアフィリエイトだけじゃないよなぁ・・・って思う事がありました。


ジャンルが大事なのは他にもあったからです。


っていうか、どんな手法で稼ぐにしてもジャンルは大事なんだと思いました。


なぜなら、どんなブログでも簡単に収益に変えてくれる「Googleアドセンス」ですら何でもいいわけじゃなかったからです。


アドセンスって一番簡単に収益に変えてくれるから油断しがちですが、けっこう戦略は必要だったんですよ。


「いや、そんなん当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、油断してる人が多いのも事実。


アドセンスに受かりさえすればそれなりの収益が得られる

だってジャンルに関係なく収益化してくれるんだから


そんな夢を見て審査結果を心待ちにしている方もいるかもしれませんが、そんなに簡単ではないので注意しましょう。


アドセンスでもジャンルは大事


これをちょっと頭の片隅にでも置いてもらえるといいかと思います。


今回はちょっと油断しがちな方に向けて


「アドセンスで稼ぐつもりでも、ある程度はジャンルを選んだ方がいいよ」


という基本について書こうと思います。


アドセンスで稼ぐにはいかに情弱をブログに集めるかがポイント

アドセンスで稼ごうと思うなら、こういった要素は忘れない方がいいです。


いかに広告をクリックしてくれる人を集めるか


これは欠かせない要素です。


なぜなら、広告をクリックしてくれる人を集めないと収益にならないからです。


じゃあ広告をクリックしてくれる人はどんな人なの?


となった時、そのターゲットとなるのが情弱(情報弱者)と呼ばれる人たちです。


基本、広告をクリックする人というのは情弱と呼ばれるネットに疎い人の方が多いからです。


「なんで情弱の方が広告をクリックしやすいの?」


と聞かれるとよく分かりませんが、何となく素直な人が多いからだと思います。


興味のある広告が表示されたらすぐポチってしまうみたいな。


広告をクリックする事で起こる危険性とか、他人が得するとか損するとか、そういった事がまだよく理解できてないからこその行動なんだと思います。


広告をクリックする事に抵抗感が少ない人たちなんでしょうね。


なので、クリックが命のアドセンスで稼ぐなら、簡単に広告をクリックしてくれる情弱をターゲットにする必要があるんです。


いかに情弱をブログに集めるか


言い方は悪いですが、これが真理です。


というのも、情弱とは間逆の情強の人たちは簡単にはクリックしませんからね。


ある程度ネットの事を知っている人や、情報発信をしているブロガーやアフィリエイターのような情強と呼ばれる人は簡単に広告をクリックしない傾向があります。


むやみに広告をクリックするのは危険だったりするのでそういうのを回避する能力があるからです。


そしてもう1つ、情強が広告をクリックしない理由としてはこんなのもあります。


他人の利益になるのが嫌


どことなくクリックする事で他人の収益になるのが嫌っていう心理があったりするんですよね。


自分の広告はクリックして欲しいけど、他人の広告はクリックしたくない


みたいな。情強の皆さんならちょっと分かる心理じゃないでしょうか?


別にクリックしたからって自分には損がないんだけど、他人が得するのはちょっと嫌っていうね。


人間らしい嫉妬心から生まれる悲しい習性ですね。


人間の本能には「他人だけが得するのが嫌」という心理があるので、広告ビジネスの理屈を知っている人はクリックしない傾向があります。


これは事実です。


なので、何を書いても収益に変えてくれるアドセンスですが、やっぱり戦略は必要だったりするんですよね。


その戦略として大事なのが、最初に書いた「情弱を集める事」です。


じゃあ具体的に、どんなブログでアドセンスをやればいいのか。


これはものすごくシンプルに解決できます。


なるべく一般人向けのブログをやろう

アドセンスで少しでも収益をあげたい場合、やるべき事はシンプルです。


それは・・・


一般人向けのブログをやる


という事です。


一般人向けのブログというのは「ネットで情報発信などをしていない人」に向けたブログの事です。


趣味のブログとか、まとめサイトとか、雑記ブログとか・・・


訪れる人はなるべく不特定多数の一般人に絞った方がいいです。


その方が情弱が集まりやすく広告をクリックされる率が少しだけ上がりますから。


逆に、ブロガー向け、アフィリエイター向けのブログはダメですね。


基本、情報発信をしている人というのは情強が多いので、広告があってもクリックしないのでアドセンスには向きません。


人は集まるかもしれませんが、情強ばっかりなのでクリック率的には低くなると思います。


現に、私のブログでもその傾向がありますから。


私のブログは「ニートの愚痴」「ブログの基本」「将棋」の3つをメインに書いているブログなんですが、その中でもブログで情報発信をしている人に向けて書いた「ブログの基本」の記事からアドセンスの収益はほぼ生まれていません。


人は来てるんですがクリック率はほぼ0です。


私のブログでの収益の柱は「ニートの愚痴」と「将棋」ですね。あと「雑記」も少し。


ニートや将棋好きといった情報発信とかしてない一般人が訪れるジャンルの方がアドセンスのクリック率はいいです。


この傾向は他の方のブログでもあるみたいです。


昔、ブロガー向けのノウハウ系ブログをやってる方のツイッターで


「ブログノウハウ系はアドセンスでそんなに稼げない」

「広告での収益化が難しい」


みたいなツイートを見たこともありますしね。


なので、アドセンスで稼ぐ場合、狙うのは一般人、情弱と呼ばれる人たちです。


ホント、情強の人たちはクリックしませんから。アドセンスで稼ぐなら書くだけ無駄に終わります。


これらの結果から、アドセンスで稼ぐコツはただ1つです。


ネットというものに疎く、純粋で広告に魅力を感じたらクリックしてしまう人を呼ぶしかない


アドセンスで稼ぐつもりならそこを意識しないとダメですね。


もし、アフィリエイト記事は書けない、どうにかアドセンスで収益化したいという方がこの記事を読んでいた場合・・・


やるなら一般人向けのブログにしましょう

不特定多数の情弱の一般人が訪れるようなブログが最善です


まとめサイトとかはそういった点でいうとベストな選択肢な気がしますね。


不特定多数の一般人がわんさか訪れますから。


アドセンスブログの究極はまとめサイトなのかもしれません。


まぁやった事ないから分かりませんけど・・・


とりあえず、情報発信者に向けたノウハウ系ブログはアドセンスではそこまで明るい未来はないと思います。


やるなら一般人向け


これを意識してブログ作りをしていきましょう。


最後に

アドセンスならどんなジャンルでも収益に変えてくれる


そんなメリットがありますが、やっぱりジャンル次第で収益の生まれやすさに違いは出ます。


ブログから収益を得るにはジャンルは欠かせない要素なんですよね。


なので、アドセンスで稼ぐつもりなら


情弱の一般人を集めるブログをやる


というのは覚えて置いた方がいい1つの方法かと思います。


まぁ当たり前っちゃ当たり前な事ですけどね。


ただでさえ低いアドセンスのクリック率をちょっとでも上げるため、クリックする可能性が高い人を狙うのは基本中の基本ですしね。


そういった点でいうと、雑記ブログは丁度いい選択肢だったのかもしれませんね。


ノウハウ系は書いてて楽しいけど利益はないのでちょっと考えどころですね。


この記事もアドセンスのクリックは見込めない記事ですし・・・


ノウハウ系の記事はアドセンスじゃない方が芽がありますね。


「有料note」とかの方がまだ稼げる見込みがありそうです。


noteでも始めてみようかなぁ・・・


あ、話が変な方向へそれてしまった・・・


最後にまとめます。


もし、これからアドセンスで稼ぐつもりなら、なるべく情弱向けのブログを作った方がいいですね。


一般人の情弱向けブログはアドセンス

ノウハウ系でいくなら有料note


こんな感じが無難かと思います。


なんでも収益化してくれるアドセンスですが、ジャンルによって収益は変わって来ます。


基本を理解して、それぞれ最適な方法でブログを収益化できるといいですね。


アドセンス中心なら一般人にウケるブログがベストですよ


そんな感じで有効にアドセンスを利用していきましょう。