ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

お菓子メーカーさん、お菓子の量を減らす時「消費者のためを思って」みたいな嘘の言い訳はやめてくれ

スポンサーリンク

お菓子の量が地味に減っていく昨今・・・


まぁ原材料の高騰とかでしょうがないとは思いつつも、1つだけ納得のできない事があります。


それは・・・


企業が量を減らした事を隠そうとしたり、嘘をついたりする体質がある事


です。


量を減らすっていうのは消費者にとってはけっこうマイナス要素なのに・・・


たかがお菓子と思うかもしれないけど、けっこう重大な問題よ?


消費者は損をするわけだからね。


減らすなら減らすでちゃんと説明して欲しかったりするんですよ。


内容によっては納得して受け入れるからさ。


経営が厳しい

原材料が高騰してしまった

このままでは継続できない

どうにか商品を残すため


そういった理由なら納得しますよ。


しょうがないのは分かりますし「お菓子の製造をやめます」って言われるよりはマシですから。


ちゃんと納得して受け入れられると思います。


ただ、まぁ・・・


正直に言ってくれればね


この「正直に言ってくれれば」というのが条件です。


なんていうか、企業にはこの手の事に対する誠意がないんですよね・・・


知らないうちにサラっとやるじゃないですか。


この感じがなんか嫌・・・


気付かれなきゃ大丈夫、あいつらバカだから言わなきゃ分かんね~よ


とか思ってるでしょ?正直な所さ。


やり方を見てると、ある共通点がありますから。


「分からないようにちょっとずつ減らしていこう」

「それっぽくリニューアルしちまえば大丈夫」


みたいなね。


消費者に分からないようにちょっとずつ減らす

リニューアルと嘘をついてさりげなく量を減らす


っていうスタンスがお菓子業界にはあります。


これが謎・・・


なぜか「量を減らす事を気付かれないようにしよう」とか「どうにか正当化しよう」とする方法を取るんですよね・・・


でもさ、隠すって事は悪いと思ってる面があるんだよね?


じゃあなぜ素直に発表しないのか・・・


減らしてしまってすみません、ここが限界です、これ以上は無理です


と正直に言わないのか・・・


これが分からないんですよね・・・


今の隠す体質だと、信頼を失うだけで企業にとってメリットがないと思うんだけど・・・


貧乏ニートはこの辺に敏感でさ、さりげなく量が減らされているとショックなのよ。


お金がない分、なるべく損しないように買い物をしたいとか思ってるからさ。


値段は一緒なのに内容量がさりげなく5g~10gとか減っていた時の悲しさったらね・・・


企業の隠蔽体質に嫌気が差しますよ・・・


これはちょっと記事にして警鐘を鳴らしてみるのも悪くない、そう思ってしまいました。


なので、ここ数年でショックだったお菓子の減量を例にして、企業のさりげない逃れ方でも書いてみようかと思いました。


企業さんには、もうこういうパターンは通じなくなっているというのを知ってもらって、嘘をつかず正直に発表する方向にいってもらえたらいいなと思います。


リニューアルしつつ量を減らす

お菓子の量を減らす時、企業がよくやるのがこちら。


リニューアルしつつさりげなく量を減らす


最近、一番ショックだったのはこれです。


コイケヤのスコーン、リニューアルと共に5g減っている事件




こちらがリニューアルしたスコーンです。


憧れのクアトロチーズ

どはまり濃いもろこし

がっつきバーベキュー


と、メッチャ美味しそうな味にリニューアルし、パッケージも一新しました。


最初に見た時は「おお、美味そう、買ってみよう」とちょっとワクワクしちゃいましたね。


でも、食べ終わって何気なく内容量を見た時に「え?」ってなりました・・・


75g・・・


え?75g?スコーンが75g?マジで?


ついに減量の波がスコーンにまで来ちまったのか・・・


そんなショックを受けてしまいましたね。


というのも、スコーンってすごいお菓子だったんですよ。


ほとんどのメーカーがスナック菓子の内容量を減らしていた時期、もうスナック菓子は60gが基本となりつつあった時・・・


唯一80gをキープしたお菓子だったからです。


減らさなかったんですよ、スコーンだけは。


スコーンがスナック菓子の最後の砦、残された希望、ここが崩れたら終わりかもしれない・・・


そんな事を思っていました。


しかし、ついに来てしまったんです・・・スコーンが崩れる瞬間が・・・


75g・・・75gって・・・


わずか5g・・・たかが5gと思うかもしれませんが、この5g減のスタートがすべてのお菓子の超減量の始まりなんです・・・


ついに始まってしまったか・・・スコーンも60gを目指すかもしれない流れが・・・


それも企業の典型的減量パターン、リニューアルという前向きな名前と共に、気付かれないようにソロリソロリと・・・


うおい、コイケヤ!

リニューアルじゃねぇよ!全然リニューアルじゃねぇよ!

量がグレードダウンしてるじゃねぇか!

リニューアルして食べやすい量にしました的な?

そんな言い訳をするつもりか?

やめてくれ・・・あんたが最後の砦だったんだ・・・

あんたが終わったらスナック菓子業界はもう希望がない・・・

どうか・・・どうか思い直して・・・

80gの流れに戻ってくれないか・・・

頼むよ・・・


リニューアルと称して注目する点をズラしてさりげなく量を減らす・・・


このパターン・・・勘弁して・・・


企業さん、リニューアルっていうのはさ、バージョンアップする時に使う言葉なんだよ。


量を減らす時の隠れ蓑にするための言葉じゃないんだよ。


もうやめようよ、リニューアルとか言って量を減らすのはさ・・・


お菓子のリニューアルって本当はもっとワクワク楽しみになるものじゃん?


あんたらのやってるのは期待の裏切り、悪徳政治家みたいな嘘のマニフェストで票を稼ぐのと同じ極悪非道な行為なんだよ・・・


リニューアルするならもっと前向きな改革をしてくれよ。


コイケヤさん、あんたの所のスコーンはスナック菓子業界の最後の砦だ、これは事実だ。


ここを崩したらスナック菓子の量に未来はないんだよ・・・


それを理解してさ・・・もうちょっと・・・ギリギリまで努力してもらえないだろうか・・・


スコーンファンからの小さな願いです・・・頼みます・・・


「食べやすい量にした」とか言って量を減らす

企業が量を減らす事を正当化しつつ誤魔化す方法もあります。それがこちら。


「食べやすい量にした」とか言って量を減らす


最近、けっこう思い切ったと思ったのはこちらの商品。




ブルボン チョコチップクッキー です。


これはさ、スゲェ事をやってくれたのよ。もうすごすぎるよ、最悪よ。


なんと、15枚入りだったものを9枚にまで減らすという暴挙をやってのけたんです。


いや・・15枚から9枚って・・・


普通、やっても12枚くらいからにしない?


一気に減らしすぎだって・・・


その理由もまたすごかったのよ。


減らしたのは時代に合わせたベストな選択肢、的な感じだったから。


1世帯辺りの家庭の人数が減ったから食べ切れるように枚数を減らした


とか言ってた気がする。違ってたらすみません。


もっともらしく減らした事を正当化してるけど、本当の所は原材料の高騰が理由じゃねぇのか?ブルボンさん。


お客さんの調査してる?ちゃんとアンケート取った?そんなの望んでる人いた?


「家族が減って食べ切れないから減らして」なんて言ったヤツいるの?ねぇ、ブルボンさん。


だって15枚でちょうど良かったよ?


そもそも家族で食べてねぇっつー話よ。一人で食ってたわ。


1人で食べて、いい感じに満足できたのが15枚だったから減らす事はなかったんだよ。


9枚じゃ足りなくなったよ?どうするの?満足感がないよ?


今さ、消費者からクレーム来てない?


「減らしすぎだ、なに考えてんだ、何が『1世帯辺りの人数が減った』だよ、15枚で丁度良かったわ!」


とかさ、ガンガン減った事に文句を言われてたりしない?


ヘタに嘘ついたから消費者の怒りを買ってるんじゃない?


まぁ1枚の大きさがちょっと大きくなったみたいだけど、6枚減らした印象は最悪よ。


メッチャ減った感、メチャクチャ損した感がハンパねぇからね。


15枚の頃はさ、けっこう買ってたのに、9枚になったのを見た瞬間「うわ、高い・・・買えねぇわ・・・」ってなっちゃったよ。


9枚になってから自分で買う事はなくなっちゃいました。


この15枚から9枚はちょっと思い切りすぎたと思うよ。


売り上げ落ちてるんじゃないかなぁ・・・


まぁ15枚に戻らない以上、もう買うことはないからどうでもいいんだけどね。


今回の6枚減らしたのは失敗だったと思います。


消費税が3%から10%に一気に上がったみたいな衝撃だった気がするし・・・


グラム的にはそこまで下がってなくても、枚数で見てた消費者からすると、枚数を一気に下げたのは失敗だと思います。


印象がメッチャ悪かったからさ・・・


メッチャ損するブルボンのチョコチップクッキー買うなら、ちょっと高い他のメーカーのを買った方がいいわってなったしね。


これは嘘をついたばかりに印象が悪くなった最悪の例として覚えておくといい事かもしれません。


「食べやすくした」とか言って量を減らす

最後に、お菓子の包装をリニューアルし、それに乗じて量を減らすパターンがコレ。


「食べやすくした」とか言って量を減らす


個人的には量が減った事と、リニューアルのメリットで半々だからちょっと納得のあるお菓子もあるのでそこまで強くは文句を言えなかったりもしますが・・・


その商品がこちら。




ココナッツサブレ です。


これもリニューアルと共に枚数が減ったお菓子です。


昔は25枚入りだったんですが、今は20枚になってますしね。


ただ、ココナッツサブレは枚数を減らしてリニューアルした事がメリットになってたりするので買い続けてます。


リニューアルしたのが、小分けになったという部分なんですが、これが個人的に助かってたりしますから。


毎朝、これを朝ごはんに5枚ずつ食べるのが習慣になってるんですが、小分けされたおかげで湿気ずに済むから助かってます。


25枚から20枚はけっこうダメージがありましたが、まだ20枚あれば満足感はありますし、しょうがないかなと。


まぁ25枚のまま小分けにしてくれたらベストだったけどな


食べやすくするっていうのはいいんだけど、量を減らしたのは食べやすさと関係ないんだよね。


量を減らした理由を隠してるのはあるから、納得はしつつもちょっとだけ文句はあります。


なぜ、リニューアルを隠れ蓑に量を減らすのか・・・


「材料費が上がって値段をキープできない」って正直に言えば理解するよ?


それをせず、さりげなく騙すようにやるのはやめてくれ。


買い続けたい好きなお菓子が減るっていうのはさ、地味ながらショックだから。


「食べやすくした」という主張をするなら量を減らさない


それが企業の誠意じゃないですか?


量が減った説明にはなってないからさ。


ギリギリ20枚をキープしてる内はいいけど、これをさらにリニューアルと称して15枚とかになったら終わりかな・・・


食べやすさと量を減らす事は繋がらないので、こういう理由で減らすのはやめてもらいたいですね。


最後に

お菓子の量がさりげなく気付かないように減らされる現実への文句を書いてみました。


リニューアル、食べ切れるように、食べやすくした


どれも量を減らす理由としては嘘になってるのがダメですよね。


本当に減らした理由を隠して「消費者にメリットがあるんですよ?」的なスタンスで切り抜けようとするのが企業のズルい所です。


まぁ1消費者には企業を動かすほどの力はありませんから、ちょっと時間が経てば忘れ去られて落ち着くっていうのが企業側にはあるんでしょうね。


時間が解決してくれるからてきとうに理由付けてごまかしとけ

消費者はバカだから覚えてねぇよ、そのうち馴染んで文句も言わなくなる


そんな風潮がね。


ただ、お菓子の量を減らすのはここが限界だというのは知っておいた方がいいと思います。


これ以上減らすと、もうスッカスカな感じが払拭できなくて、メッチャ損した感じが出るから気をつけてください。


値上げしなきゃいけなくなったらもう値上げしちゃうのも1つの手ですよ。


お値段すえ置きで量を減らすくらいなら10~20円値上げして量をキープした方がいい事もありますから。


量が減るとお菓子への印象はガラっと変わるからね。


どうせ値上げには変わらないんだから、1袋で満足できる量をキープする方が大事な事もあります。


企業さんには満足感と値段のギリギリのせめぎ合いを見定める力が必要になりますね。


あんまり嘘をついてメチャクチャにすると今度こそ信頼を失ってしまう事になるので、この先は慎重に決定した方がいいと思います。


1消費者の戯言なので聞く耳を持たれないと思いますが、こんな意見を持っている貧乏庶民もいるというのは知ってくれるとありがたいです。


あなたのメーカーのお菓子を買ってくれるのは庶民なんですから。


ちょっとずつ庶民も賢くなってきてるので、政治と同じで、あんまり嘘をつきすぎると痛い目をみると思います。


このメーカーはもうダメだな・・・他のメーカーの類似品の方がいいや


ってなったら終わりですからね。


量を減らすと文句が出るから言いにくいのは分かるんですが、嘘をついて隠して量を減らしてもどうせ気付かれるんですから、そろそろ正直路線にいってもいいんじゃないかと思います。


今のように嘘で乗り切る風潮があると、気付かない内に見切りを付けられてる可能性もなくはないですから。


一番怖いのは「文句を言わずに離れる人」ですしね。


実害が見えにくいので、気が付いたら手遅れになったというパターンになりがちです。


そうならないためにも正直になった方が後々メリットがあると思いますよ。


隠さず堂々と量を減らす事を消費者に伝える

リニューアルをするなら本当の意味でリニューアルする


そんなお菓子業界の未来が来るといいなと思います。


次のリニューアルはまた量が減るのかなぁ・・・


そんな不安を消費者に持たせないようにね。


今のままだとちょっと問題があると思うので、少しずつでも改善して貰えたらと思います。