ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニートは地味に病気だったりする、地味でマイナーな理解されない病気の辛さを愚痴りたい

スポンサーリンク

30代職歴なし、地味な病気を患ってるニートです、こんにちは。


ブログ内の記事を探す「ブログ内検索」のワードを見ていると、たまにこういったワードを目にします。


・病気
・うつ病
・療養
・精神病


私のブログを読んで、あまりの病み具合から


「何かしらの精神病を持っているのかな?うつ病かな?」


と思ったのか、もしくは


「この人も自分と同じ病気を持ったニートなのかな?」


と、似た境遇のニート仲間なのかを確認するために検索したのか・・・


どんな意味かは分かりませんが、病気かどうかが気になる人がチラホラいるみたいです。


もしかしたら


「病気を克服した記事があれば、自分の病気の何か解決法が見つかるかもしれない」


というかすかな希望を求めていたのかもしれません。


「これだけブログをやる元気がある人なら、うつ病とか精神病を多少克服してるのかもしれない」


みたいな印象を持ったのかもしれませんしね。


うつ病みたいな精神病って今はそれなりに知られてきましたが、まだまだマイナーで明確な回復法とか分かりませんからね。


クスリを飲んで様子を見るくらいしかできないと思うので、ネット上になにか回復のヒントを求めるというのはちょっと分かる気持ちです。


ただ、けっこう病んでるように見えるかもしれませんが、私、まだうつ病ではないんですよ。


精神科を受診したことがないから、実はすでにうつ病なのに気付いてないだけかもしれませんけどね。


明確に認められるのが怖くて受診できないっていうのはあります。


それというのも、すでに1つ地味な病気を患っているからです。


病名を言っても世間には理解されない地味で辛い病気を3~4年くらい患ってます。


もう長すぎて正確な年数を忘れてしまいましたよ。


そんな状態になってるのにさ、これにうつ病まで加わっちゃったら・・・もう終わりよ・・・立ち直れない気がする・・・


そんな感じで、皆さんが予想してるうつ病ではないですが、地味な病気は患ってます。


「こいつ病気っぽいな」という予想は当たってますね。


病気の影響で精神面がやられてるのはあるので、そういったオーラが文章から伝わっていたのかもしれません。


私は分類でいうと病人ニートなんです。絶賛療養中のね。


多分、うつ病を患った方と似たような悩みは持っているかと思います。


辛さを理解してもらえない


っていう地味に辛い悩みをね。


パッと見、外見は健康な人と大差ないので、どのくらい辛い病気かというのが他人には伝わりにくいんですよ・・・


体の内側は絶望的なくらい蝕まれているっていうのにね・・・


うつ病の方もそんな感じだったりしません?


いつまで休んでんだ、いい加減にしろ、そろそろ社会復帰しろ


みたいな事を言われたりしませんか?


マイナーで地味な病気って理解されないから辛い事ってありますよね。


そんな感じで、私も理解されないまま地味に辛い人生を歩んでいたりします。


これがけっこうストレスが溜まってやるせなくなってくるんですよね。


なので、1年くらい前にもそういった感じで愚痴が溜まり、病気の愚痴記事を書いたんですが、また溜まってきたので吐き出そうと思いました。


地味で理解されない病気の辛さを、とりあえず吐き出してちょっとだけスッキリしようと思います。


身近にうつ病のような地味で理解されない病気を患った方がいる人に、ちょっとでも苦しさが伝わったらいいかなと思います。


治る見込みがない、いつまで続くか分からない

まず、辛いのがこれ。


いつ治るのか分からない

治らないかもしれない


という事。


マイナー過ぎて医療の研究も追いついてないみたいな感じがあります。


大抵のメジャーな病気って「これをしてアレをしてこうすれば1ヶ月後には治りますよ」みたいな見通しが立つじゃないですか。


手術をすればあとは回復を待つだけ、原因を取り除けば自然と良くなるよ、みたいなね。


私の病気にはそういったいつになったら治るという目安がありません。


まず、根本の原因もよく分かってないからです。


何をどうすれば良くなるかがハッキリしないんですよね・・・


とりあえず薬を飲んで様子を見て、そのうち良くなって来たら薬を減らしていく、その繰り返しでいつか薬がいらなくなったらいいね、みたいなゴールの見えない果てしなさがあるんです。


何ヶ月とか何年後にはよくなってるよ、みたいな確定的な目安がないですからね。


気が付けばクスリも減らず、これといって変化のないまま3年以上が経過していますし・・・


これ、このまま治らないんじゃないかなぁ・・・一生クスリを飲み続けるのかもしれないなぁ・・・


みたいな諦めが出てきましたね。ホント進歩しないですから。


これだけ医療が発達した現代において、マイナーすぎて研究が進んでないレアな病気になった運の悪さったらね・・・


いつ治るのか分からない、治らないかもしれない


こういう絶望感はハンパないですよ・・・


地味だけど生活レベルを落とすくらいは辛い絶妙なラインの病気だしね・・・


生きる気力も失われていくってもんです。


地味に辛さは継続しますからね・・・ホント死なない程度のね・・・


毎日、朝と夜に、必ずまあまあな威力のボディーブローを食らうような、死にはしないけど「何でこんな目に遭わなきゃいけないの?」っていう地獄を味わう感じです。


毎日毎日「うぅ・・・苦しい・・・助けて・・・」ってもがいてるようなもんですよ・・・


これがさ・・・永遠に続くかもしれないなんてさ・・・やってられないです・・・


地味でマイナーな病気は解決法が分からないという辛さを抱える事になりますね。


そろそろ何か原因と治療法を発見して欲しいです。


辛さを理解してもらえない

地味でマイナーな病気という事は知られてないという事なので、こういう悩みがあります。


辛さを理解してもらえない

軽く見られる


メジャーで重い病気なら一発で「あ~それは辛いね、ゆっくり休みな」ってなるかと思うんですが、地味な病気なんでそうはなりません。


症状の1つ1つはけっこうみんなが体験した事のある軽めの病気と近いから「そんなに辛くなくない?」って思われがちです。


例えば「吐き気」とかがよく起こる症状なんですが、これって1日もすれば治る印象ですよね。


飲みすぎ、食べ過ぎでも起こることですし、そこまで辛い症状ではないと思うと思います。


でもね、普通にしてたのに急に起こる吐き気っていうのは怖いし辛いものなんですよ。


食べ過ぎて起こるなら原因も明確なのでどうすればいいか分かりますが、平和な日常に急に来るからわけが分からないんです。


おまけに1日で治らない、しばらく引きずるなんてのはよくある事です・・・


でも、仕事とかだと吐き気で何日も休むとなると印象が悪いですよね。


「それくらい我慢して来いよ、クスリでも飲めば大丈夫だろ?」


程度の認識しかないですから。


これがさ、悲しいし辛い事なんですよね・・・


「クスリが効くなら苦労しねぇよ」


と言いたくなります、薬を飲んでも良くならないから辛いんだしね。


それに、症状的には軽く聞こえるけど、それよりちょっと重めの辛さを抱えているから・・・


働けないくらい辛いのよ・・・働けるなら働いてるって話ですから・・・


どうにか理解して欲しかったりします・・・


酷い時だと仮病だと思われたりするからね。


「吐き気がそんなに続くかよ、ノロウイルスじゃあるまいし、あいつサボるために嘘ついてるわ」


みたいにね。


でも実際は辛いんです・・・でも辛さを伝えようがないからどうしようもないんですよ・・・


理解されず、軽く見られる


これはさ・・・なってみないと分からない辛さだよね・・・


世の中には、同じ症状でも辛さのランクが別物になる事があるんですよ・・・


こういうのをもうちょっと理解されるくらいメジャーな病気になって欲しいです・・・


もう少し、理解されるくらいに知れてくれたら違いますから。


どうにかならないかなぁ・・・


調べても情報がない

今の医者に診てもらっても良くならないから、セカンドオピニオンとかを考えてネットで検索するんですが、そこでも悲しい問題があります。


調べても情報がない


っていうね。マイナーすぎてそんなに扱われてないんですよ・・・


医者が書いているサイトとかもあるんですが、今の私がしている治療と同じような情報しかありません。


画期的な治療法をしている名医みたいなのは存在していません。


それに、一般人の同じ病気を患ってる人のブログとか見るんですが、同じ感じで苦しんでるだけで、治ってる人を見たことがありません。


最長だと10年以上苦しんでる人もいましたしね・・・希望がないです・・・


それに、ブログに書かれていることはだいたい私と同じです。


治らない、理解されない、軽く見られる、情報がない


みんな同じ、どうしようもない苦しみを抱えながら生きているだけです。


定番のあるあるネタを見ているようです。


仕事先で仮病と思われた

病気が辛くて退職せざるをえなかった

親にも嘘をついてると思われている

クスリを飲んでもよくならない

誰も理解してくれないから孤独に苦しんでいる


そんな情報を見て「わかるわ~、自分もそうだよ、辛いよね」って共感するしかできません。


私も最後のバイトをこの病気で辞めたので、バイト関連のあるあるはすごく分かります。


みんな同じ思いをして仕事場から去ったんだな・・・と悲しくなりますね。


そしてみんな病気の解決法を見つけられず、ただクスリを飲んでギリギリやり過ごしているだけ・・・


もうどうしようもないわ・・・この病気はこういうもんなんだ・・・


と、諦めるしかない現状を理解しますよ。


この情報が溢れているネット社会で情報が出てこないなんてさ・・・


なんてついてない病気になっちまったんだと自分を呪う事しかできませんよ・・・


一般人の医療系のブログは上位に来ないから広められない

地味でマイナーな病気の辛い所は世間に知られていないという事です。


なので、どうにかこうにか知ってもらおうと病気関連のブログを立ち上げたりもしています。


もうちょっと知ってもらえたら多少は変わってくるかもしれませんしね。


しかし、今のGoogleのアルゴリズムでは医療系のブログで一般人が上位に行くのは不可能になっているんです。


医療や健康に関する情報は「専門家が書いているブログが優先的に上位表示される」ようになってますからね。


私のような一般人のブログは圏外へすっ飛びますね。


「どうにか知って欲しい、こういう病気もあるんだよ」


とネットの世界で叫んでいるのに伝わらないんです・・・


一般人のブログを見つけるのはけっこう苦労しましたからね。


○○(病名)ブログ


と検索しても上位に引っ掛かるのは医者のブログや病院のサイトばかりですしね・・・


医者なんてその病気になった事もない元気な人間なんで、そこには実際に苦しんでいる人の声は一切ありません。


どれくらい苦しい病気なのかという情報は載ってないんですよ。


これでは理解されるわけがありません。これが辛い所なんですよね。


Googleにはもうちょっと一般人の苦しんでる声を届けて貰えないかなぁ・・・って思います。


病気の情報で知りたいのは医者の意見だけじゃなかったりしますから。


実際の体験談とかけっこう参考になりますしね。


もし治った人が現れたら、こんなに有益な情報はないわけですから。


でも、今のアルゴリズムではそういった情報はなかなか上位に載りません・・・


ただでさえマイナーで苦労してるのに、Googleにまで否定されてるなんて・・・


どうやってこの病気の現状を知ってもらったらいいのかなぁ・・・


もう希望がありません・・・


最後に

地味でマイナーな病気を患ってる人間の悲しい現状と愚痴を書いてみました。


治らず、理解されず、軽く見られ、情報もない


こんな悲しい現状をね・・・


私にできる事も、こういったあるあるネタを提供して、共感してもらい、同じように苦しんでる人がいるんだとちょっとだけ安心してもらうくらいですから。


毎日毎日、苦しむだけの日々を送り、どうしようもなくなった人間にできる事は、ブログで愚痴る程度しかありませんしね。


まぁこれだけ思ってたことを吐き出せればちょっとはスッキリしたかな・・・


読み返すとずいぶん溜まってたんだな・・・と思いますね。


あ~それにしても報われない人生を歩んでるよなぁ・・・


ニートなのは自分のせいだとしても、病気だけはどうしようもないからなぁ・・・


いい加減、クスリを飲めば安定した生活を送れるくらいにはなりたいですよ・・・


そうならないと、この先の人生、どうしようもないからさ・・・


何かいい治療法でも確立されないかなぁ・・・


それがここ4年くらいの願いです。


まずは病気を治すこと、それが無理なら良い感じに付き合っていけること、それが1つの希望ですから。


近所に新しく名医でも現れないかなぁ・・・


そんな奇跡を信じるしかありません。


はぁ・・・早く病気を治したい・・・


なんとかならないかなぁ・・・