ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

活動的なダメ人間を求めてるなら「底辺やる夫」さんのブログを見よう

スポンサーリンク

さっさと就職活動しろ 

早く働け、クズ

いつになったら働くの?いい加減にしろよ


ニートブログをやっていると、たまにこういった意見をもらう事があります。


でも、これってちょっと不思議ですよね。


だってあなたが読んでいるのはニートブログなんですよ?


働いてないのが前提のね。


それなのに、わざわざ自分からニートブログを読みに来て、働いてない事に不快になって怒ってるって完全にズレてるじゃないですか。


ラーメン屋でラーメンが出てきて「ふざけんな!」って怒ってるようなものですよ。


目的がサッパリ分かりません、何を求めてニートブログを見てるんですか?


ダメ人間っぷりを求めてるんじゃないんですか?


そういうのを楽しむために読んでるんじゃないんですか?


私はそういった読者に向けてダメっぷりを提供しているだけなので、そこに不快になられると困ってしまいます。


もし、ニートブログを見て働いてない事にイライラしてしまう、不快に感じてしまうという方は、見ない方がいいですよ。


そういった記事のオンパレードですから。メリットがなに1つありません。


こちらから「読んでください」と売り込んでムリヤリ読ませているわけではないので、嫌なら見ないで下さいね。


それがお互いのためですから。


このブログを読むなら「働かない(働けない)ニートの読み物」として楽しむ心の余裕が必要ですね。


活動的なダメ人間がいいなら「底辺やる夫」さんのブログを見よう

私のブログをつい読んでしまい、不快になって文句を言ってる方の特徴を見ると、働くといった前向きな行動を取ってない事が気に入らない人が多いみたいです。


これはブログに求めている要素があっていないミスマッチによって起こっている事なんですよね。


私のブログは「働かないニートの愚痴ブログ」ですから。求めている記事がありません。


つまり、見るブログを間違えているという事です。


そういった方達には活動的なダメ人間のブログがオススメです。


そこでオススメなのがこちらのブログ。


一生非正規雇用で生きてくブログ | 底辺おじさんの挑戦


底辺やる夫さんという方が書いている「一生非正規雇用で生きてくブログ」です。


まぁダメ人間好きなら紹介するまでもなく見ているブログだと思いますけどね。


ダメ人間ブログ界のトップ10には入るブログですから。


こちらのブログ、私のブログとは正反対の活動的なダメ人間のブログです。


非正規で働きながら、ちょいちょい仕事を辞めて無職になったりするんですが、そうなった時の次へいく行動力がすごいです。


すぐ面接を受けますしね。


応募ラッシュとかしますし、ニートが苦手としている面接を受けることを苦にしないパワーを持っています。


ニートが見習うべき行動力ですね。


私のブログにイライラしてしまう方なら、この行動力は面白く感じるんじゃないでしょうか。


動くけどなかなか良い仕事が決まらず苦労するタイプのダメ人間ですから。


その場で立ち止まってるニートが嫌いならピッタリのブログじゃないかと。


すごく行動的で私にない要素がいっぱいです。


ホント、よく気軽に応募できるよなぁ・・・って思って読んでますよ。


ダメ人間っていっても色々いるんだと感じる瞬間ですね。


私を「静」のダメ人間とするなら、やる夫さんは「動」のダメ人間です。


何かしら活動しているダメ人間の方がいいなら「底辺やる夫さん」のブログはオススメですよ。


最後に

私のブログの進展のなさにイライラしてしまう方に向けて、私と正反対のダメ人間ブログを紹介してみました。


ブログの雰囲気も私とは正反対なので読みやすいかと思います。


1記事が長すぎずほどよい量なので読みやすい

アスキーアートを的確に使用していてイメージが湧きやすい


といった私のブログにない要素を持ってますから。


1記事1記事が長くて画像もない私のブログが苦手ならピッタリかと思います。


全く行動しない私のブログにイライラする方は、これでもかってくらい行動してる「やる夫」さんのブログをどうぞ。


毎日何かしら動きがあって刺激的なブログなので、きっとあなたが求めているダメ人間がそこにいますから。


自分に合ったダメ人間を見つけて、快適にダメ人間ブログを閲覧する生活を送ってください。


普通の人なら味わえない非日常なので、日々の刺激として良い感じに楽しめると思いますよ。


活動的なダメ人間なら「底辺やる夫さん」、これは間違いないので安心して読んでください。


一生非正規雇用で生きてくブログ | 底辺おじさんの挑戦