ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

チキン南蛮に飽きたら死に時かなって思ったニートの話(未練があると死に切れないよね)

スポンサーリンク

30代職歴無し、チキン南蛮が大好きなニートです、こんにちは。


さぁ来たよ


ネタ切れだよ~


困ってるよ~


ニート、困ってるよ~


書く事ないよ~


何も書く事ないよ~


どうする?


どう回収する?


どうまとめる?


先が見えないスタートだよ~


さぁ困った


いったいどうするつもりなのか・・・


なんだよチキン南蛮って、これで何を書けっていうんだよ。


「チキン南蛮って美味しいよね、もうコレ食ってる瞬間が幸せだよ」


で終わっちゃうよ、言いたいのはそれだけだからね~


もう終わったよ~、ブログ終了しちゃうよ~


ブログを再開して2週間くらいでもう書く事ないよ~


ニートはインプットがないからこうなるよ~





さて、ふざけるのはこの辺にしますが、本当にガチでネタは切れました・・・


ブログを再開してから約2週間・・・


ここまでどうにかこうにか振り絞って書いてきましたが、絞り尽くしてカスだけになりました。


ただでさえカスなニートの搾りカスって何?どんだけカスなのよ。


原型とどめてる?


そして、そんなカスな状態から最後に振り絞ったネタが、昨日食べたチキン南蛮でした・・・


昨日、チキン南蛮を食べたんですが、それだけなんですよ。


何にもしてない日常からどうにかネタになりそうなものを振り絞った結果がチキン南蛮だったんです。


まぁ何ていうか、ニートの生きがいの1つがチキン南蛮だったりするからさ・・・


私、チキン南蛮大好きなんです。


農業の手伝いをしてる時、お昼になって「お弁当買ってくるけど何がいい?」とか聞かれたら


チキン南蛮!


って即答するくらい好きです。


たまに唐揚げ弁当と悩む事もありますが、そんな時はもう迷いを断ち切ってチキン南蛮にするのが定跡です。


だってどこで食べてもハズレないから。


迷ったらチキン南蛮食っときゃ間違いないってくらい、チキン南蛮に不満を持った事はないんです。


もう、チキン南蛮に支配されていると言っても過言じゃないくらいです。


チキン南蛮が目の前に来るとワクワクします。


もうずっとこんな感じなんですよね・・・10年以上かなぁ・・・チキン南蛮が好きなのって・・・


ある日の急な出会いから離れられなくなっちゃったっていうか・・・


味、食感、満足感、どれを取っても遜色がない理想の弁当に出会ったっていうか・・・


って、何だこの話・・・ここまで読んでる人いる?


このブログに求められてるのはニートの話なんだよね。


一応ニートの話とはいえ、チキン南蛮を語ってるだけの話に興味のある人はいないよね。


だからどうにかこうにかこれをニートの話に転換しないといけないんだけど・・・


むずかしいよねぇ・・・


どうしようかなぁ・・・


まぁちょっと死にたい系に繋げられなくもないからそっち路線でいってみようかな・・・


長々とチキン南蛮の話をしてきましたが、ここからちょっとニートの死にたい系の話に転向するので、もうちょっとだけお付き合いください。


チキン南蛮にワクワクしなくなったら死に時かなと思う

このブログでは何度も「死にたい」「早く楽になりたい」とか書いてきました。


そんな記事を読んできた方達の中には


「早く死ね、さっさと死んじまえよ」


っていうか


「グダグダ言わず死ねよ、死にたいんならよ」


というイライラを感じている方もいるかもしれません。


口だけの奴が一番イラつく、そういう奴は余計死んで欲しい、みたいな。


別にお前が死んでも何の影響もないし関係ないしって感じでね。


それは分かります、ここまで死にたいって言って死なないんじゃ意味が分かりませんしね。


私も死ねるならサッサと死にたいとは思ってますから。


ゴミニート人生を10年以上も送ってるわけで、もう終わってるのは感じてますしね・・・


でもね、そう簡単に死に切れないのはいくつか理由があります。


まず一番は「死に至るまでに味わう痛いのとか苦しいのが嫌だから」です。


やっぱり死ぬほどの苦痛に耐え抜く覚悟は持てませんから。


でも、これさえ解決できたら死ねるんですけどね。


ただ、それを叶えられる日はまだまだ来なさそうなのでまだ無理です。


そしてもう1つ、もう人生終わってるのに死に切れない理由としてはこんなのもあったりします。


まだ人生に楽しみが残ってるから


死にたい、もう楽になりたい、とは言いつつも、現世にもう未練がないわけじゃないんですよね。


ニート人生は絶望の割合が高いですが、その中にもかすかな楽しみというか生きがいはあったりするからです。


ずっと落ち込んでるわけじゃなく、意外と楽しく生きてたりもしますから。


まだ生きがいっていうかワクワクする事が残されてたりするんですよ。


死にたいのに生きがいが残されているというこの矛盾・・・どうしたらいいのやら・・・


その楽しみの1つというのがチキン南蛮というか美味しい物を食べてる瞬間なんですよね。


このブログでも何度か書いてますが、美味しい物を食べてる瞬間は死にたい気持ちが軽くなってたりします。


こんな良い思いをできるならもうちょっと生きてもいいかな・・・って感じでね。


食事は毎日するわけで、美味しい物をちょいちょい食べるというこのかすかな希望のループで生かされていると言っても過言じゃないかもしれません。


特に、たまに食べるチキン南蛮はワクワク度合いが強いです。メッチャ好きだから。


これで一気に回復してる感じはありますしね。


でも、ちょっと思う事はあります。


このワクワクを感じなくなったら本当の死に時かもしれないな・・・


ってね。


今、私が生きているのはこのかすかな希望が残されているからだったりするからです。


これを失った時、ようやく本気で死ぬ事を覚悟できるのかもしれません。


もうこの世への未練がなくなりますからね・・・


その基準が一番心躍るチキン南蛮へのワクワク度合いかもしれません。


これがなくなった時、私は本当の絶望に包まれているのかもしれませんね。


ワクワクを持っているものに興味がなくなる瞬間・・・


どんだけ落ち込んでるんだろうか・・・


そうなったら死に向かえそうですね。


意外と他にも楽しみがあるニートの話

チキン南蛮に興味を示さなくなったら人生終了の合図・・・


それが1つの基準になるかもしれません。


ただ、私には他にも楽しみがあってまだまだ死に切れない感じはあります。


その楽しみとして「将棋」っていうのもあるからです。


もう将棋にも楽しみがなくなってきたなぁ・・・という私が人生をあきらめかけて死んでも良いかと思っていた時・・・来てしまったんですよ・・・


将棋界に彗星のごとく現れた超新星、超天才、藤井聡太先生です。


彼の将棋は死にかけの私から死ぬ事を忘れさせるくらい魅了するほどの力があったんです・・・


「これを見ずに死ねるか!」


っていうくらいね。もう藤井先生の一手一手は何を指すのか予想がつかずワクワクしまくる希望の塊なんです。


私は羽生先生が7冠達成をした頃の絶頂期には将棋に興味がなく、そのすごさを見れる時代にいたのに、そこを見過ごしてしまったんです。


それが将棋をやっている今の後悔だったりします。


将棋界の歴史で永遠に語り継がれる歴史的瞬間と同じ時代に生きていて見てないなんて何してるんだよ・・・ってね。


でも、藤井先生が現れた事で、当時私が見逃した羽生先生の再来のような感じになりつつあるんです。


藤井先生の快進撃は、当時の羽生さんを見逃した私にとって、これから作られる伝説的な歴史を一緒に歩めるというとてもワクワクする事なんです。


藤井先生がタイトルを取る所を見届けるまではまだ死ねないんですよね・・・


特に、激戦のA級順位戦を勝ち上がって名人に挑戦し、名人を獲得する瞬間を見るまでは・・・


いつか来るであろう藤井名人誕生の瞬間はこの目で見届けたい・・・


そして、ほぼ不可能と言われている8冠独占なんていう夢のような出来事が起こるならそれも見たい・・・


藤井先生の将棋からはまだまだ目が離せませんね。


チキン南蛮と将棋、私の生きる理由としてのこの2大看板に興味を失った時、それが私の死ぬ時かもしれませんね。


少しでも希望が残ってると死に切れないのかも

ここまで書いてきて思いましたが、やっぱり小さな希望が残ってると死への覚悟は揺らぎますよね。


死ぬにはやっぱりもうこの世への心残りはない状態じゃないとダメなのかもしれません。


未練が残るから


未練を残したままじゃ死んでも死に切れませんしね。


死ぬ時に迷いが出て、ムダに苦しむかもしれませんし・・・


死ぬためにはワクワクしてしまう楽しみみたいなものから完全に興味を失う必要がありますね。


チキン南蛮と将棋にワクワクしない状態か・・・


そりゃ死ぬほどの絶望だよなぁ・・・もう死に踏み切れるわ・・・


そうなったら迷わず死のうと思えるよ・・・本当の本当に生きる意味もないんだから・・・


自殺した人ってどれくらい辛く苦しい思いをして死を迎えたのかなぁ・・・


想像するのも怖くなりますね・・・


この世に未練がなくなった時・・・


そんな究極の絶望は味あわない方がいいのかもしれません。


最後に

書く事なくて始まった割にはけっこうダラダラ書けましたね。


チキン南蛮から死ぬための絶望まで・・・


ここまで1時間ちょっと・・・いい暇つぶしになったわぁ・・・


あ~文字打った、満足、今日の自己満足終了。


やっぱりグダグダダラダラと文字を打ちまくるとスッキリするよね。


これ、けっこう溜まったニートにはオススメなんだけど、まぁ文字打つのが好きか嫌いかは人それぞれだからそうでもないかな?


文章として吐き出すと頭の中がスッキリする感覚がしてけっこう良いんだけどね。


こんな記事ばっか書いててお小遣いも稼げてるんだからニートにはオススメなんだけどなぁ・・・


日頃、溜まってる人にはいい発散場になるからブログはいいよ。


前もちょっとニートにブログをオススメした事はあったけど、またオススメしてみました。


興味を持ったニートがいましたら、簡単にブログは立ち上げられるのでやってみるといいですよ。


さて、ここまで書いてきたけど、明日は何を書けばいいのやら・・・


今日もひきこもるから何か新しい体験がインプットできる予定もないし・・・


またしばらくブログはお休みかな・・・


何かネタが頭によぎるのを期待してボケーっと過ごしてみようかな。