ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニートが安らかに死ぬには眠ってる間の突然死が一番だよね、眠るたびにもう起きなきゃいいのにと思う

スポンサーリンク

30代職歴なし、お風呂上りから眠るまでの時間、そして眠ってる瞬間だけが心安らぐニートです、こんにちは。


どうやったら安らかに逝けるかを考える事が多々あります。


やっぱり、ニートでいる以上、死ぬっていうのは切っても切れない関係だと思いますしね。


生きてても希望がないし、生きる道は閉ざされてるし、もう死ぬしかないんじゃないかなぁ・・・って感じなので。


生きるために頑張るよりも、死んでしまった方が楽、そんな気がしないでもないです。


やっぱり自殺こそがニートにとってベストな選択肢なんじゃないかと・・・


そんな感じなので「死」「自殺」といった単語が頭の中にいっぱいになっていたりします。


そうなった時、せめて最後くらい心安らかに、眠るように死ねたらと思います。


報われない人生だったけど、最後くらいは苦しむ事もなく逝けたらと・・・


そう考えると、普段、一番心安らかにいる時に突然死とかするといいんじゃないかと思いました。


気持ちが落ち着いていて、何も考えていない所に襲ってくる死・・・


これならいい感じで死ねるのでこの世に未練もなく一瞬で追われて苦痛もない最高の死になるんじゃないかと。


じゃあ私が一番心安らかにいる時に死ねる方法を考えればいいんじゃないかと思いました。


ニートの私が一番心安らいでいる瞬間・・・いつかなぁ・・・


そう考えた時、思いついたのは1つだけでした。


そのまま死ねたら最高の瞬間は1つだけ存在したんです。


唯一の安らぎの瞬間に死ねたら最高、じゃあその瞬間に死ねる方法を探せば良い最後を迎えられるんじゃないかと思いました。


今回はそんな話です。


相変わらず死にたい話は現実味がありませんが、またちょっとだけお付き合いください。


眠りながら死にたい

ニートの私が唯一心安らぐ瞬間・・・


それは「眠ってる時」です。


ニートの私にとって唯一心安らぐ瞬間が眠ってる時なんです。


眠ってる時だけはニートでいる今感じている嫌な事や苦しい事を考えなくて済みますしね。


ある種、擬似的に死んでいるような状態なんじゃないかと思ったりもします。


今から数時間は何も考えなくていい、何もしなくていい、無の世界に逃げ込める・・・


この感じが救われるんですよね。


ニートの理想は「何もしない事」ですから。


ニートなのに何もしなくていい事を唯一許された瞬間、それが眠っている時です。


この全てを許されて心が安らかな瞬間がニートにとっては救いになっています。


そしてこのまま死ねたらどんなに幸せかと思います。


眠っているうちに死ねたら、悩みとか未練とか苦痛とかそういった雑念を感じる事なく安らかに逝ける気がしますしね。


もし自殺するとしたらその直前まで心の中では色々な葛藤があり、そして死に踏み切った時、一瞬とはいえ死ぬほどの苦しみを味わう事になる・・・


これは辛すぎる・・・


こういう、ニートが自殺を躊躇してしまう雑念を感じずに死ねたらどんなに楽か・・・


眠ってる時、雑念を感じる事もなく、悩みから解放されたまま死ねるなんてこんな幸せはありません。


なので、ニートの私の最高の死に方として現実的であり理想なのはこれです。


眠ってる時にくも膜下出血が起きてそのまま死ぬ


よく、朝になったら死んでるパターンで聞くのがコレですしね。


まぁドラマとかの話なんで実際はメッチャ痛かったり苦しかったりするのかもしれませんが、眠ってる時に襲ってきてそのまま意識を失って逝けるなら自殺よりはマシかと思います。


多分、死ぬレベルのくも膜下出血が起きたら意識を失うのは早いと思うので、苦痛はそこまでじゃない気はします。


そう簡単に起こらないとは思いますが、起こらないとも言い切れない微妙なラインである眠っている時にくも膜下出血・・・


これがニートにとってベストな死に方かと思いました。


眠った時、眠ったまま死ねる可能性がある唯一の死に方だと思いますしね。


眠ったまま死にたいっていうのがニートの理想ですから。


最近は、眠る直前にちょっと願ってます。


今夜こそくも膜下出血になれ


ってね。もう起きたくない、今夜で人生を終わらせたいって感じなので・・・ 


朝、目が覚めるたびにまた辛い現実を生きなきゃいけないから絶望感がハンパないですしね・・・


ホント、もう2度と起きたくないです。


ニートとして生きるの、もう疲れたよ・・・


1日でも早く眠ってる内に死にたい・・・それを叶えて欲しい・・・


寝てる間にくも膜下出血になりやすい方法とかないかな・・・


そんなんあったら実践するかもしれない・・・


まぁないんだろうけどね・・・


とりあえず、確率は0ではないので「今夜こそ死ねる」、そう信じてまた眠ろうと思います。


寝てる間に死ねたら安らかに逝けるだろうなぁ・・・


楽してきたニートは最後くらい苦しんで死ぬのが正しいんじゃないかという意見もある

ニートとして生きているとすべてにおいて楽したい願望が強くなります。


生きる事も、死ぬ事も、何をするにも苦労したくないんです。


もうずっと楽な方楽な方へ逃げてきましたからね・・・


人生の困難から逃げているからこそニートなわけですし・・・


こんな感じで、ニートの思考として嫌な事はしたくないというのがあると思います。


だから苦しいはずの自殺にすら「楽」を求めてしまうんです。


苦しいのは嫌だからね・・・


でも、死ぬのは絶対に苦しい、そんな絶対に越えなきゃいけない壁を取っ払おうとして、それができず悩んだりします。


そうして最後すらまともに迎えられない状態になってしまうんです。


でも、こういう考え方はちょっとダメかもしれないと思ったりもします。


やっぱり人間、いつかは苦しい思いを越えなければ成し遂げられない事もあるとは思いますしね。


そう考えると、死ぬ時くらい、苦しんでもしょうがないんじゃないか・・・


こう思わなければいけないのかもしれません。


実はこの考え方、ニートにはちょいちょいいたりします。


このブログ、ニート向けに死にたい話を書いているのでニートの方からコメントを貰う事が多いんですが、その中には今回のような悩みを持っている方がけっこういます。


楽に死にたいけど、楽な死に方が見つからない


みたいなね。


そうなった時、1つの同じ結論に行き着くニートがちょっとだけいました。


それは・・・


ずっと楽してきたんだから死ぬときくらい苦しむのもしょうがない


という意見です。


人生で1回くらい苦しむのがニートとして全うな最後なんじゃないかと。


まぁある種のあきらめですよね。


楽な死に方、それを求めてずっと探してきたけど見つからなかったし存在しなかったのを受け入れたんです。


そして最後の苦しい瞬間を受け入れる覚悟の1つとして、今まで楽してきたという点を引き合いに出し、釣り合いを取ろうとする・・・


プラマイ0で人生を終われればまぁいいかなっていうね。


ニートらしい最後の決断かもしれません。


現に、楽な死に方を探しているけどないのは事実なので、死ぬならこういう決断をするしかありませんしね。


結局の所、最後くらい苦しむのはニートの宿命なんじゃないかって思うしかないんです。


私も何だかんだ楽に死にたいとは言いつつも、そんなん無理なのは分かってますから、最後くらい苦しむ覚悟を決めようとしてたりもしてます。


でもさ、そうなるとなかなか覚悟が決まらないんだよね・・・


やっぱり死ぬほどの苦しみを越えられないっていう現実があるから・・・


だから寝てる間にくも膜下出血とか言い出す・・・


こんな事を言ってる内はまだまだ甘ちゃんの自殺願望なんでしょうね。


多分、本当に死ぬ人は苦しかろうが楽だろうが死ぬんでしょうし・・・


本気で死ぬ気になればその苦痛なんてどうでもいい事になるのかもしれません、それより死にたい願望が勝つ感じで・・・


そう考えると、私はまだまだ死ねないでしょうね・・・死の苦痛は何よりも怖いです・・・


でも、そろそろ本気で苦しんででも死ぬ覚悟を決める必要があるのかもしれません。


これ以上引き伸ばしても明るい未来はないですから・・・


結局、一歩踏み出す時は前向きだろうと後ろ向きだろうと苦しいのは事実・・・


でも今さら生きていくだけの気力もない・・・


じゃあ1回の苦しみで終われる死に踏み出す方が楽になれる率は高い・・・


なら死の苦痛に耐え抜く覚悟を決める必要がありますね・・・


ニートは最後くらい苦しむ必要があるっていうのは逃げられない事実でもありますから・・・


とは言っても、最後も楽したいのがニートだよね。


やっぱり覚悟は決まらないです・・・


結局またループ・・・


眠ったまま死ねるいい方法はないかな・・・ってね。


この記事に最初に戻ります。そして気付きます。


ないよなぁ・・・って事に。


あとはループです。


じゃあ苦しんでも死ぬ覚悟を決めるか・・・


それも無理・・・


眠ったまま死ねる方法は・・・


ないんだよなぁ・・・


じゃあ苦しんで死ぬ覚悟を・・・


やっぱ無理・・・


眠るように・・・


・・・


・・・


・・・


このブログが始まってからずっとやってるループ芸だけど、そろそろ本当にループから抜け出したいです・・・


楽な死に方はない・・・


それはもう嫌と言うほど分かってる。


苦しんで死ぬ覚悟を決めるしか道はない・・・


それも分かってる。


あとは本当に覚悟を決めるだけ・・・


これが出来たらどんなに楽か・・・


死ぬ覚悟が決まる日・・・そんなん来るんだろうか・・・


いつになったら自殺できるんだろうなぁ・・・


最後に

安らかに逝くにはどうしたらいいかを考えたらまたループした話でした。


理想はやっぱり眠ってる時の突然死なんですよね。これが一番苦痛がないと思うから。


でもなかなか叶わないのも事実・・・


くも膜下出血なんてそうそう起こるもんじゃないですしね・・・


他にも脳梗塞とかもあるんですが、どれもそう簡単には起こりません・・・


なのでやっぱり最後は苦しむしかないという結論に辿り着きます。


ニートとして楽して生きてきたんだから最後くらいは苦しんでもバチは当たらない


そう思って覚悟を決める感じでね。


まぁニートならではのニートらしい理由付けですよね。


最終的に、死ねないニートはこういう考えをするしかないのかもしれません。


楽してきたツケとして最後くらい苦しむ、ちょっと納得する部分もありますしね。


やっぱり首吊りが一番かなぁ・・・


明日こそ死ぬ、そう思っても踏み切れず今日まで生きてるんだけどね・・・


今夜こそ、眠ってる時にくも膜下出血が起きないかなぁ・・・


はぁ・・・出来る事なら楽に死にたい・・・


眠ってる間の突然死、これが起こる事を願って今夜も眠ろうと思います。


明日こそ目が覚めないといいなぁ・・・