ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニートはすぐ筋肉痛になるよね、これが致命傷だったりするので長期ニートは自分の体の衰え具合を日雇いバイトで確認してみよう

スポンサーリンク

30代職歴なし、体が死ぬほど衰えまくってるニートです、こんにちは。


痛い・・・

痛いよ・・・

体中が痛い・・・

太ももが特に痛い・・・

歩くのすら辛い・・・

腰に力が入らない・・・

もう動けない・・・


毎度の事ですが、農業の手伝いをしてこうなっています。


超絶筋肉痛によって体が限界を迎えてしまいました・・・


いや、分かっちゃいたんですけどね、普段動かないニートが急に肉体労働なんてしちゃダメだって・・・


このブログでも何度か書いてますが、毎度毎度反省してないです。


「ニートは筋トレして体を鍛えておこう」とか書いたと思いますが、自分で書いて自分で守れてません。


もうね、生きる気力0だから・・・


筋トレなんてプラスな事やってられませんよ、気持ちが前に向いてないから・・・


何もやる気にならないっていうニートの末期を迎えてます。


これはヤバイ兆候ですね。


何もする気にならないっていう状態はニートの最終形態みたいなもんですから。


うつ病1歩手前なんじゃないかと思っちゃいます。


ヤバイなぁ・・・10年以上ニートしてるからこうなっちゃうのもしょうがないんだけどね。


そんな感じなので、農業の前に筋トレをして体を作っておく気力なんてもう残ってません・・・


でも、そんな状態になっても農業だけはやらなければいけません。


これがキツイのよ・・・


気持ちと体がついていかないのに無理矢理体を動かして作業しないといけないから・・・


もうね、作業始まって30分くらいで限界を迎えますよ・・・


あぁ・・・スッゲー疲れた・・・


ってね。


もう力が入らない・・・これ以上動いたらダメ・・・限界だ・・・


そんな状態になるのに作業はまだまだ山盛り・・・


出来ない事はない・・・ないんだけど・・・もう辛い・・・


プチ地獄ですよ・・・


同じ事をあと1000回以上繰り返さないといけない果てしなさったらね・・・


先を見てもまだまだ続くゴールの見えない道を歩かなきゃいけないような果てしなさが絶望を増すんですよ。


見れば見るほど希望がない、終わりが見えない絶望・・・これを乗り越えるのは辛い・・・


山盛りの単純作業をする地獄ってこの果てしなさなんだよね・・・


見れば見るほど辛いから見ないでただひたすら作業をこなす精神面が必要です。


何も考えず体だけ動かすロボットと化す必要がありますね。


考えたら終わり・・・だた辛くなるだけ・・・


黙って体だけ動かすロボットになるのが最善ですよ・・・


ひたすら同じ行動を繰り返す、無になり黙ってそれだけ繰り返す・・・


そして気が付いたら終わりを迎える・・・


これが農業の極意みたいなもんです。


まぁ人間はロボットじゃないので体に限界が来て動けなくなるんだけどね・・・


そんなこんなで限界を迎えつつなんとか作業を終わらせたんですが、その代償は大きいです。


体がおかしくなるから・・・しばらくまともに動けなくなるから・・・


あぁ・・・辛い・・・


長年のニート生活でこんなに体が衰えちゃったんだなぁ・・・っていうショックもデカイです。


どんどんダメになっていってるのを身を持って実感するからね。


衰えたニートの体・・・


ホント、シャレにならないレベルにまで到達しちゃったよなぁ・・・


どこかで気持ちを入れ替えて鍛えなおす必要があるよね、心も体も・・・


はぁ・・・やる気なんて出ないわ・・・


仕事じゃなくてよかった・・・

こんな感じで、農業をやったあとは心身ともに疲労でいっぱいになります。


歩く事すらままならない状況だから特にね・・・


そうなった時、毎回思います。


仕事じゃなくてよかった・・・


って。


雇われて働いてる立場だったら次の日も仕事なわけじゃないですか。


このスーパー筋肉痛のまんま、また働きに行かなきゃいけない・・・


これは無理よ・・・


筋肉痛って全てのやる気や気力を奪うっていうか削いでいくよね。


もう何もやりたくない


こんな気持ちにさせられますよ。


こんな状態で次の日も仕事、また次の日も仕事・・・


衰えた長期ニートからの社会復帰は死にますね・・・


あぁ・・・ホント、仕事じゃなくてよかった・・・


でも、この農業で味わうプチ地獄は、いつかは迎える地獄の瞬間のリハーサルみたいなものなんだよね。


ニートだからキツイ肉体労働系の仕事にしか就けないような現実もあるしさ・・・ありえる話ですよ・・・


これがもし仕事だったら辛すぎるスタートになってますね・・・


長期ニートに耐えられるのか・・・


無理だろうなぁ・・・


まだバックレた事ってないんだけど、人生初のバックレをする可能性大ですよ・・・


初日リタイア・・・


ニートならありえる話です。


酷い筋肉痛はホント気力の全てを奪うから・・・


寝起きから体が動かなくて気持ちが負ける・・・


疲れすぎて何もかもどうでもよくなる・・・次の日が辛すぎて行きたくなくなる・・・


ありえすぎる現実です・・・


体だけじゃなくて精神面もやられちゃうってのがデカイよね。


ダラけにダラけた体でいきなり働くのはやっぱり無理よ。


ニートは普段から体を鍛えておく必要がありますね。


農業をするたびに再認識するけど、実際に行動する気力がないってのがもう致命傷よ・・・


分かっちゃいるけどできない


これがニートの現実だから・・・


でも、ガチニートだからこそ分かる、何もしないニートは死ぬほど衰えてるって事が・・・


ニートは普段から最低限筋トレなり運動なりして体力だけは落としちゃいけないって事が・・・


ニートがやるべき事は仕事を探すこと以前に、体力を戻しておく事なんだよね。


じゃないと結局、スタートしてすぐにダウンしちゃうから・・・


ニートは体力の回復をしておく


これは毎回農業をやるたびに思うことです。


体を動かす機会がないニートの方は筋肉痛になる事もないから忘れがちかと思いますが、マジでシャレにならないくらい衰えてるので覚えておいた方がいいですよ。


とりあえず、軽めの散歩とかスクワットとかして足腰だけでも鍛えておきましょう。


ニートは足腰が弱ってますから、そしてそれが致命傷になりますから。


それだけは覚えておいてください。


日雇いのバイトをして衰え具合を確認しておこう

私の場合、毎年決まった時期に農業をするので体力の衰えを改めて認識する機会があります。


でも、長期ニートのほとんどの方はそんな機会はなかったりしますよね。


だから自分の衰え具合を知る事ができないという欠点を抱えています。


「体力が衰えてる?って言ってもそこまでじゃないでしょ?若い頃はできたんだし、今もやればできるよ」


そんな楽観的な気持ちがあるかもしれません。


でもね、それは間違いです。


ニートの生活ってホント何にもしないので死ぬほど体力が落ちまくってるんですよ。


普段、何もしないから疲れたりしないと思いますが、ちょっとでも何か作業をするとすぐ疲れる現実があります。


「そう言われてもなぁ・・・本当にそこまでなんだろうか・・・」


と思ってしまうニートもいるかと思います。


そんなニートも働けば実感するんですが、いきなり働きに出るのはなかなか酷です。


多分、初日は乗り切っても2日目に辛くなって辞めてしまう人も出てくるかと思います。


なので、自分の体力の衰え具合を確認するためにも、1回、日雇いのバイトをしてみる事をオススメします。


たった1日の作業を乗り越えられるのか、そして次の日の朝、自分の体はどうなっているのか。


衰えたニートの現実を知るには丁度いい機会になるかと思います。


多分、ほとんどのニートは次の日、筋肉痛地獄で死にますよ。


動けねぇ・・・こんなに衰えていたのか・・・俺の体は・・・そんな・・・ここまでだなんて・・・


ってなるはずです。


「そこまで衰えてないよ、やればできる、何とかなるはず」


そう思っていたはずが、知る事になるんです、現実を。


「あぁ・・・これは無理だわ・・・日雇いでよかった・・・」


ってね。


いきなり本番に飛び込まなくてよかったっていう安堵感が強くなると思います。


改めてちょっと鍛えなおしてから働こうという前向きな決断ができるんじゃないでしょうか。


まずは自分の現状を知る事がニートには大切な事だと思います。


頭で思っているのと、実際にやってみるのとでは大きな違いがありますから。


自分がどれだけダメ人間になっているのか、それを知る事がニートの再スタートです。


ホント、悪い事は言わないので、ニートは一度日雇いのような短期の仕事で自分の衰え具合を確認しておきましょう。


思ったより衰えててビックリすると思いますから。


1年以上ダラダラとニートしてしまったのならありえる話なので、油断せずに日雇いで実験するのが無難です。


今の自分がどれだけ衰えてるのか、ちょっと確認してみませんか?


最後に

農業をやるたびに体力の衰えを実感するので、またニートに若干の警鐘を鳴らしてみました。


もうホント、飛びっきりのダメ人間になってるので絶望感が強いですしね。


思ってるより衰えてる、それも飛び抜けて


これがニートの現状であり、シャレにならない現実でもあります。


普段、何気なくニートしてると気付きませんが、ちょっと働くと分かります。


自分の衰え具合に気付かないでいるというのはけっこう致命傷になるので気をつけましょう。


まずは日雇いで衰え具合を確認し、その後、体を鍛えなおしてから再スタートを切るのがいいんじゃないかと思います。


まぁ別に日雇いをしなくても、ちょっと筋トレしてみると分かりますよ、衰えっぷりがね。


スクワット100回くらいで次の日にメチャクチャ筋肉痛になったりしますから。


そんなちょっとした刺激にも耐えられないくらい衰えてるって事です。


ニートの欠点として体力がメチャクチャ落ちるっていうのはあるので、普段からそれを予防する何かをする必要はありますね。


まぁ自分で言っておいて自分で守れてませんが、これはホント大事な事だと思います。


社会復帰する時に体力がないとものすごく苦労しますから。


ニートが仕事をすぐ辞めちゃうのは体力がないからっていうのもあながち間違いじゃないですしね。


体力がないと精神面もやられちゃうので致命傷です。


でも、体力さえあれば気力も充実するので何とかなったりしますから。


ニートは普段から筋トレなり運動なりをして体力を落とさない事に注意した方がいいですね。


まぁめんどくさくてやってられないのは分かりますけど・・・


ただ、働くと決めたならまずやる事は体力の回復です。これをやらないと仕事も続きませんから。


いきなり本番に飛び込んで打ちのめされて帰ってくるより、準備をしてから臨んだ方がダメージは少なくて済みます。


ずっと何もせずニート生活を送ってきたニートは、今日から体力を戻す何かをしておくといいですよ。


それさえやっておけば社会復帰する時に苦労が少なくて済みますから。


体力が衰えまくって気力もなく、どうしようもなくなったゴミニートからのリアルなアドバイスでした。


何をしたらいいか分からないなら、とりあえずスクワットを軽く200回できるようにしておきましょう。


それがあなたを助ける一歩になりますから。


いきなりドカンと頑張るのは難しいので、小さなハードルをちょっとずつ越える感じで少しずつ頑張りましょう。


まぁ人に言ってる場合じゃなくて私もやらなきゃいけないんだけどね・・・


とりあえずスクワットだけでも再開しようかな・・・