ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

多くの人が検索しているワードから記事を書いてみよう、需要があるので上位に食い込めばアクセスが見込める

スポンサーリンク

ブログで記事を書く時に大切な事、それは「世間の需要を見つける」という事です。


結局の所、多くの人に見てもらえる記事って、多くの人が検索している記事ですからね。


どんなに良い記事が書けていても、検索されていなければ見てもらう事はできません。


なので、記事を書く時は世間の需要に合わせて書く事も大切だったりします。


全然アクセスが伸びないなぁ・・・って悩んでる人は、その世間の需要に応えられてないだけかもしれませんから。


1ヶ月に10000人が検索しているワードと、100人しか検索していないワードとではブログに訪れる読者の数も100倍変わってきますしね。


どうせ書くなら多くの人が検索しているワードを狙って書いた方が多くの読者を見込めるのは当然です。


簡単な方法で検索されているワードは分かるので、ちょっとやってみましょう。


サーチコンソールで調べればすぐ分かる

ブログをやっている方なら多分導入しているツール「サーチコンソール」を使います。


まだ導入していない方は便利なので今すぐ導入しておきましょう。


https://search.google.com/search-console/about?hl=ja


検索キーワードの表示回数に注目しよう

サーチコンソールではあなたのブログに辿り着いた検索ワードの情報を知る事ができます。


・検索されたワード
・クリック数
・表示回数


といった世間の需要を知るには重要な情報をね。


ここに表示されているワードというのは、実際に検索されてあなたのブログに辿り着いたワードです。


とりあえずザーッと見てみましょう。


記事を書く時は、ある程度キーワードを狙って書いているとは思いますが、全く意識していない予想外のワードがいっぱいありませんか?


「ん?こんなワードで引っ掛かる記事なんて書いたっけ?」みたいな。


しかも、その予想外のワードがやたら検索されているなんて事があったりします。


その検索数を知るためには検索キーワードの「表示回数」に注目してください。


これが多いほど、世間の人はそのキーワードに興味があるという指標になります。


改めて見てみると、全く予想してないワードが検索されまくってたりしませんか?


月に数千~数万回も検索されているワードがあったりするはずです。


それを見つけたらチャンスです。世間の需要を見つけたって事ですから。


そのワードは世間の人が興味のあるワードなので、そのワードで上位に食い込めたらアクセスを見込めます。


なので、そのワードで改めて記事を書いてみましょう。


改めて検索ワードが求めている答えを提供する

予想外のキーワードが引っ掛かってるという事は、まだそのワードで記事を書いていないという事です。


たまたま文章中にそれっぽい一文があったから表示されたってだけでね。


このブログでいうと「楽な死に方」なんかはそうでしたね。


楽な死に方というワードは狙って書いた事はなかったんですが、ニートの死にたい系記事で「死ぬなら楽に死にたい」「楽な死に方ってないかな」って感じの一文に引っ掛かっていました。


でも、こんな引っ掛かり方じゃアクセスは見込めません。世間の求めている答えとズレていますから上位にはきませんしね。


「楽な死に方」と検索した人は「楽な死に方の方法を求めている」んでしょうから、その具体的な答えを提供する必要があります。


改めて、検索ワードの求めている答えを提供する記事を書く必要があるんですね。


こんな感じで、検索ワードが分かったならその検索ワードが求めている答えを提供する形で記事を書くといいです。


そうすると検索結果でも上位に表示されやすくなりますから。


検索した人はそのワードの答えを求めて検索してるわけですからね。


Googleもそれに応えるのが仕事ですから、そういった記事は評価されやすいです。


しかも、今回のように需要のあるワードを調べてから書くという事は、世間に求められているドンピシャの答えを提供できるという有利な状態にいる事になります。


「これが知りたい、これを教えて?」


と明確な質問を投げかけている相手に


「それはこういう事だよ」


と明確な答えを提供すればいいだけなんてこんな簡単な事はないですよね。


おまけに需要のあるワードで書けるので、成功して上位に行けばアクセスが見込めるんですから、こんなおいしい条件はないです。


検索ワードから需要を見つけて記事を書けるというのは、それだけ成果が見込める状態なのでやらない手はないです。


多くの記事を書いてきたなら、色々なワードが引っ掛かってるはずなので、その中から需要を見つけて、そのワードの答えを提供してきましょう。


それが後のアクセスを集める記事の1つになりますから。


最後に

実際に検索されているワードを狙って記事を書くと、上位に行った時にアクセスがドカンと増えるのでやる価値はあります。


私もこの方法で何記事かはアクセスが集まる記事を書けましたしね。


サーチコンソールで需要を探すっていうのは初心者でもできる一番簡単な方法なのでオススメです。


他にも需要のあるワードを探す方法はあるみたいなんですが、その辺の詳しい事は知らないので各自ググってください。


何となく記事を書いていくのと、明確に需要があるワードで記事を書くのとではブログのアクセス数に大きな差が出ます。


今まで世間の需要があるワードを狙って書いた事がないという方は、今からでもやってみるといいですよ。


激戦区なワードもありますが、意外とスカスカなすぐ上位にいけるワードなんかもありますから。


それに、成功した時のアクセス数の増加はすごいです。やる価値があります。


なんとなく書きたい事をダラダラ書いていたなぁ・・・という方、一度、需要のあるワードから記事を書いてみませんか?


世間の人が求めている答えを提供するっていうのもやってみると面白いですから。


アクセスアップには欠かせない要素だと思うので、まだやってない方はぜひやってみてください。