ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】一手損角換わりで優勢になれる変化で馬消しの△8六角に▲7七歩と対応した場合を検討しました

将棋Flashは一手損角換わりになった時、やってはいけないタイミングで飛車先の歩交換をしてくる事が多いです。


何度かこのブログでも記事にしてるんですが、まだ検討してなかった変化があったので、今回はそれを紹介しようと思います。


まず、どういう悪手なのかから紹介します。


初手から、▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲7八金△8五歩▲2二角成△同銀▲8八銀(下図)



となった時、悪手を指してくる可能性が高いです。


上図以下、△8六歩▲同歩△同飛(下図)



と飛車先の歩交換をしてくる事がけっこうあります。なのでここで反撃の一手が決まります。


上図以下、▲7五角(下図)



飛車取りと5三への角成りが受からず先手優勢ですね。


上図以下、△7六飛▲5三角成(下図)



これで先手優勢が定説です。ほとんどの定跡書はここで打ち切られていると思います。


確かに馬を作った先手がいいです。でも、ここから後手も色々な反撃があって勝ち切るのは容易ではありません。


今回は個人的にけっこうやっかいな変化である△8六角(下図)について検討したいと思います。



この馬消しの一手が地味に嫌な一手です。


以前は、ここから▲8六同角△同飛▲7二歩(下図)の変化を検討し、これで先手が面白いのでオススメという結論に終わりました。



でも、この形からはもう1つ有力な手があるのでそちらも検討しようと思います。


△8六角に▲7七歩も有力

今回検討する手はこちらです。



飛車取りに歩を打つ▲7七歩。


馬と飛車の交換をして局面を落ち着かせようという感じの一手ですね。


上図以下、△5三角▲7六歩(下図)



となり、飛車を持った先手が若干良いんじゃないかと思います。


後手からの急な攻めがない感じなので気持ちもちょっと楽ですよね。


ここからは Bonanza VS 将棋Flash で進めていきます。


この局面からどうやって勝ち切るのか、Bonanzaの指し手を参考にしましょう。


無難な駒組み


ここからBonanzaは無難に駒組みをしていきます。


角の打ち込みに注意する感じなので角換わり腰掛け銀の基本と似てますね。


上図以下、△6二玉▲4八銀△7二玉▲4六歩△8二玉▲7二銀△4七銀▲5二金左(下図)



先手は角の打ち込みに、後手は飛車の打ち込みに注意しながらの駒組みです。


ここまではお互いに無難ですね。


ここからBonanzaが揺さぶりにいきます。


姿焼きにするまでのBonanzaの見事な指し手を見よう


上図以下、▲8四歩(下図)



この▲8四歩からBonanzaの攻めが始まりました。


この手に将棋Flashは対応を誤り、先手が有利になっていきます。


上図以下、△8三歩▲同歩成△同銀(下図)



ここは△同玉の方が良かったかもしれません。銀で取ったためにスキができました。


上図以下、▲4一飛(下図)



先手の目的だった飛車の打ち込みが叶い先手が有利を拡大しています。


上図以下、△5一金寄▲2一飛成△4四角▲7七銀△7二銀(下図)



これで先手優勢ですが、ここから第二次駒組みが始まります。見所がないのでサラッといきます。


上図以下、▲5六銀△8三歩▲4五歩△3三角▲2五桂(下図)



邪魔な角を狙ってBonanzaの攻めが再スタートしました。将棋Flashもどうにかしようと頑張ります。


上図以下、△5五歩▲4七銀△5六歩▲同銀△7七角成▲同桂△3一銀打(下図)



竜を捕獲されました。でもここからのBonanzaの指し回しは冷静です。


上図以下、▲6六角△1二角▲3一竜△同銀▲7九玉(下図)



飛車は取られましたが、冷静に▲7九玉と引き、飛車の打ち場所がないというのを見越しています。


上図以下、△4四歩▲同角△6一金▲1一角成△2四歩▲1三桂成(下図)



指し手がない後手は困ってますね。ここから姿焼きへの道が始まります。


上図以下、△2二銀▲同馬△4六飛(下図)



最後の悪手△4六飛で将棋Flashは負けが確定しました・・・姿焼き確定です。


上図以下、▲4七銀打△同飛成▲同銀(下図)



ここからは暴発した将棋Flashをご覧下さい。


上図以下、△9八銀▲同香△3五歩▲1二馬(下図)



駒を捕獲し尽くし、先手の勝ちが確定しました。ここまでくれば負けませんよね。


あとはゆっくり寄せていくだけです。


ここまで大差にできるとはBonanzaはさすがですね。


最後に詰将棋を出題します


上図は姿焼きになってからゆっくり攻め込まれた後手の図です。


ここから5手詰めなんですが、ちょっと見えにくい筋だったので出題します。


ここから飛車と桂と銀2枚の持ち駒でどうやって詰ますでしょうか?考えてみてください。







では答えです。


美濃崩しでよく見る▲7四桂(下図)から詰みます。



この手は見えますよね。


この先がちょっと「あれ?」ってなりました。金がないとめんどくさいなって。


上図以下、△8一玉▲9二銀△同玉▲8二飛(下図)



までの詰みです。


△8一玉の時の▲9二銀(下図)



これ、ちょっと見えにくくないですか?私はけっこう考えちゃいましたよ。


まぁ別にここで▲8二銀でも詰むんですが、▲9二銀の方がスッキリしてカッコイイですね。


▲9二銀が詰将棋っぽい手だな~と思ったので紹介したくなりました。


金がない時に出てくる筋かもしれませんので、覚えておいても損はないですね。


最後に

馬消しの△8六角に▲7七歩も有力なので検討してみました。


結果はBonanzaの完勝、姿焼きになるなんてぶっちぎりの勝ちっぷりでしたね。


△8六角の馬消しに対しては、▲8六同馬からの▲7二歩か、▲7七歩か、お好きな方をお選びください。


穏やかな変化が好きなら今回の▲7七歩の方がオススメかもしれません。


将棋Flashはよく飛車先の歩交換をしてくるので、この局面になったらBonanzaの指し手を参考にして勝ち切ってみてください。