ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】LV9のゴキゲン中飛車に超速でいくと簡単に飛車を捕獲できる、ただ、勝ち切るのはけっこう大変なので注意しよう【攻略法】

スポンサーリンク

将棋FlashのLV9がゴキゲン中飛車をやってきた時、超速で迎え撃つとかなりの確率でミスをするのを発見しました。


また新たな穴として攻略法になると思ったので紹介します。


将棋Flashのやるゴキゲン中飛車に苦戦してる方の役に立ったら嬉しいです。


超速はこんな形

まずは超速とはどんな形なのかを知らない方のために基本の駒組みからいきます。



上の図はゴキゲン中飛車になった所ですね。


上図以下、▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角(下図)



と普通に駒組みを進めます。超速はここから玉の囲いを保留して素早く銀を4六に上がっていく戦法です。


上図以下、▲3六歩△6二玉▲3七銀△7二玉▲4六銀(下図)



この形までくればOKです。まず抑え込みの形を作るのが超速の特徴ですね。


この銀上がりを決めてから玉を囲っていきます。


上図以下、△8二玉▲7八玉△7二銀▲6八銀△4二銀(下図)



これが対将棋Flashのゴキゲン中飛車での基本図になります。


定跡書では最後の△4二銀は△3二金とか△3二銀が普通ですが、そこは気にしないでおきましょう。


将棋Flashはこの手が多いので、これが将棋Flash定跡なんだと思います。


抑え込みにいくと簡単に飛車を捕獲できる


上の図から抑え込みにいきます。


上図以下、▲7七銀(下図)



左銀も使って5五の歩を狙うのが基本的な狙いになります。


このまま自然と▲6六銀~▲5五銀右(左)のようにいけば先手の成功なので後手もここで動いてきます。


上図以下、△5六歩▲同歩△同飛(下図)



取られそうな歩を交換してしまうならこのタイミングですね。


先手が▲7七銀と上がったら△5六歩と歩交換にいく、これが基本になります。


ここから先手も抑え込みにいきます。


上図以下、▲6六銀(下図)



これは次に▲5五歩とフタをして「飛車を取るよ」という一手です。


なのでここでは△5一飛と引くのが普通なんですが、将棋Flashはそう指しません。


上図以下、△5二金左(下図)



飛車を引かず美濃囲いを完成させる・・・最初コレには驚きました。


何回かこの形になってるんですが、すべてこう指してきたので将棋Flashには飛車を引くという手はないみたいです。


なのでありがたく飛車を捕獲しにいきます。


上図以下、▲5五歩△6四歩▲4五銀(下図)



これで飛車ゲットです。


上図以下、△6六飛▲同角△6五銀▲8八角(下図)



と進んで、とりあえず飛車得なので先手がいいです。


LV9の将棋Flashがゴキゲン中飛車をやってきた時は、超速でいくとこのように飛車を捕獲できるのでやってみてください。


ちょっと実戦で失敗した話


飛車を取って油断してちょっとミスった私の実戦を見てください。


上図以下、△5六歩▲5八金右△7六銀▲4一飛(下図)



とりあえず取った飛車を打ち込めたのでここまでは悪くなかったと思います。悪くなったのはここからです。


上図以下、△4四歩▲3四銀△5三銀▲3三銀成(下図)



この角を取った▲3三銀成がちょっとダメだったみたいです。


上図以下、△3三同桂▲2四歩△4五桂(下図)



さらに▲2四歩もぬるくて△4五桂と桂馬を捌かせてしまいちょっとピンチになりました。


ここからメチャクチャ攻め込まれて混戦になってしまいましたよ・・・5三の地点が薄いのでそこを攻めさせちゃダメですよね・・・


何とか勝ちましたが、これではダメでした。


Bonanzaで検討したら、▲3三銀成と角を取った所は▲2一飛成がよかったようです。(下図)



上図以下、△5一角▲6八桂△6五銀▲1一竜(下図)



とゆっくり指せばよかったみたいです。


優勢になったら焦らない事が大事なのかもしれないですね。


飛車を取ってもやっかいな手があって簡単ではなかった


ちょっと戻ります。上の図は△6五銀に▲8八角と引いた所です。


先ほど、将棋Flashとの実戦ではここで△5六歩と垂らされましたが、Bonanzaで検討したらもっとやっかいな手がありました。


それがこちら。



△5四歩です。


狙われそうな角を捌いてしまおうという手ですね。こちらとしては角に働かれると面白くないので嫌な一手です。


仮に△5四歩を▲同歩と取ると、△8八角成▲同玉△5五角の王手飛車があるのでけっこう対応に困る歩ですね。


ここからどう指せばいいのか、Bonanzaで検討したのでご覧下さい。


上図以下、▲2四歩△同歩▲5八金右△5五角(下図)



とりあえず角は捌かれてしまうみたいですね。こうなると美濃囲いの固さも生きてくるのでちょっと不満です。


上図以下、▲5五同角△同歩▲2四飛△3三桂▲3四銀(下図)



先手玉の薄さが気になってくる展開になってきました。評価値的には先手持ちなんですが大丈夫なんでしょうか。


上図以下、△5六歩▲5五角△4四角▲同角△同歩▲5三歩(下図)



後手に弱点の5七を狙う△5六歩の拠点を作られているので油断なりません。


上図以下、△5一金引▲5五角△5七角▲2一飛成△8四角成(下図)



次の△5七歩成があるので先手もゆっくりしてられません。ここから攻めていきます。


上図以下、▲3三銀成△同銀▲5二歩成△同金直▲3一飛△7一銀(下図)



と進んで、先手が700点くらい良いみたいです。


とりあえず銀も手放してくれたし、先手有利の局面にはなったので検討はここで打ち切ります。


ただ、ここから攻めきるのもけっこう大変なので飛車を捕獲できたからといって楽勝というわけではないみたいですね。


飛車を取れたからって油断せず、冷静に指すのが大切かもしれません。


最後に

将棋FlashLV9のゴキゲン中飛車に超速でいくと飛車を捕獲できる変化になりやすいです。


ただ、飛車を取ったからといって楽勝という訳ではないので注意しましょう。


今回の例を見てみると、後手の角、左桂を働かせないように気をつけながら指す必要があるみたいですね。


定跡書ではこの変化は飛車を取れるから先手よしで打ち切られてますが、実際にやってみるとけっこう大変です。


油断すると逆転のチャンスが転がってるので気をつけて指した方がよさそうですね。


とりあえず飛車を取って有利は有利なので将棋Flashがゴキゲン中飛車で来た時はお試しください。