ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ブログの「本当のファン」の数を知りたかったら単なる日記を書いてみよう、それを読んでくれた人は本当のファンだから

スポンサーリンク

最近は2日に1記事くらいのペースでブログを更新しています。


あんまりリピーターも獲得できてないし、まだ定期的な更新は必要だよなぁって思ってるので。


更新のたびに絶対見に来てくれるリピーターを多数獲得すれば更新頻度もそんなに高くなくていいんですけどね。


まだまだリピーターが100人にも満たないのでそんなのん気な事は言ってられません。1年2ヶ月続けてきた今もまだ頑張り時です。


ブログでファンを獲得するってスッゲー大変だよね。


でさ、何かネタを探して定期的に更新してるわけなんだけど、ブログをやってると今日は何も思いつかない、書けない日ってありません?


「なんも浮かばねぇ・・・いつもどうやって記事書いてたっけ?・・・あれ?・・・どうやって書くんだっけ?」


みたいな。今がまさにそんな感じです。


「あれ?文章ってどうやって書くんだっけ?書き出しとかもっとスラスラ浮かばなかったっけ?」


って。全然筆が進みません。


書ける日って風呂掃除をしてる時とかに頭の中にブワーって文章が浮かんでくるんですよ。


あ、私、毎日の風呂掃除が日課なんですが、バスタブをゴシゴシしてる時に書き出しから本文、まとめまで一通りの流れが浮かぶ事があります。


そんな日はもうスラスラ書ける、むしろ書きたい、文章を書きたくてたまらねぇみたいな感じなんです。


今日はダメでした・・・


無でしたよ・・・


ただ無心でバスタブをゴシゴシしてただけでした・・・


何も浮かばねぇ・・・1つもネタが出てこない・・・


こんな日は書かない方がいいっていうのが定跡なんですが、ちょっと思いました。


何も浮かばない日に何も浮かばない事をそのまま愚痴ったらどうなるのかな?って。


まぁこういう中身のない記事ってブログで一番やっちゃいけない事なんだけどね。


でもね、ブログのファンの数を知る目安として1つ、それを量る事ができる方法をちょっと聞いたんです。


「ブログに自分のただの日常を書いて、それでも読んでくれる人は本当のファンだ」


って。


ここまで中身のない話を何となく読んでくれたあなた、もしかしたらこのブログの貴重なファンの1人かもしれないんで嬉しいです。


普通は風呂掃除の辺りでどうでもよすぎて「あっそ」って閉じちゃうからね。


閉じずにここまで読んでくれてありがとうございます。


てきとうに書いてる流れからブログのファンの話も出てきたことだし、その辺の事を書けないなりに書いてみようと思います。


基本的に一般人の日常には誰も興味がない

「一般人の単なる日常を書く日記ブログは基本的に見てもらえません」


ってこのブログで何回か言っています。日記ブログでアクセスを集めるっていうのは難しいからです。


なぜなら人は「一般人の日常に興味が無い」からです。


一般人の日常ってより「一般人そのものに興味がない」って言った方が正しいかな。人は人に興味がないんですよ。


特にネットでの検索ではその傾向がかなり出ます。人は興味のある事しか検索しないからです。


わざわざどうでもいい一般人のブログとか日常を知りたくて検索する事はまずありません。興味がないからです。


自分とは全く関係のない県外に住む30代男性の日常とか興味ありますか?ないですよね?


知ったところでどうにもなりませんしね。そんな事を検索する事はないと思います。


今回の記事の書き出しがまさにその興味がない記事に当たります。


30代職歴なしニートが文章が浮かばないとか、日課が風呂掃除だってクソ話、誰も興味がないですよね?


だから検索から誰も辿り着かず、見られる事がないんです。


日記ブログを書くという事は、こういう誰も興味のない事を常に書いているという事になります。


これではアクセスは集まりません。


「なんでそんな誰も興味がない事をわざわざブログに書いてるの?」


って思いませんか?


客観的に見ると「なんでそんな無駄な事してるの?」って思うはずです。


でも、なぜかブログで日記を書いている本人はそんな事を忘れ、みんな自分の事を知りたがっていると思い込んでしまうんです。


自分のなら見てもらえると・・・


なぜか芸能人気分です。


他人の日常には興味ないのに、自分の日常には興味を持ってもらえると思ってしまう・・・自意識過剰なんですよね。


まぁ情報発信をしようと思うくらいだからそれも当然かもしれません。


見て欲しいという気持ちが、見られているという勘違いに繋がるっていうか・・・


私も自分の愚痴を垂れ流してるだけなんで人の事はいえませんけどね。まぁ見られると思って書いてないって所だけ違いますが・・・


これからブログをやろうと思った人は忘れない方がいいです。


基本的に日記とか自分語りはなかなか読んでもらえないという事を。


だってそんなん興味ねーから


お前の日常とか人生とかどうでもええねん


これが世間の声です。日常を見てもらいたかったら芸能人にでもなりましょう。


まぁ見てもらえると勘違いをしやすいのは、ネットはオープンな世界だし、多くの人が利用してるし、そんなに面白くないブログにも読者がいる現実があって、自分もいけると思い込んでしまうからかもしれません。


意外とそうでもないので気をつけましょう。


自分に価値を感じてもらえる日記ブログを書ける人ってなかなかいませんから。


面白い文章って難しいんですよ。面白いつもりで書いた寒い文章の方が多いですから。


もし一般人なのに日記ブログで超人気、10万~30万~100万PVとか集めたなら天才です。胸を張っていいです。ヤバイです。


日記で人を惹き付ける事ができたら本当にすごい事ですよ。


文才ありまくりですから、そっち方面の仕事をした方がいいです。あなたは選ばれた人です。


一般人でも日常に興味を持ってもらえる場合もある

一般人の日常には誰も興味がない


厳しい事を書いてきましたがこれが現実です。誰も見てない日記ブログを書いてる人はそれを受け入れましょう。


むしろ見てもらえないのが当たり前なので落ち込む事はないんですよ。普通ですから。


じゃあブログを見て欲しい人は日記は絶対に書いちゃダメなの?と思う方もいるかと思います。


それがそうでもないんです。見てもらえる例外もあるんですよ。日記記事でも見てもらえる場合があります。


それは、ファンが付いた場合です。


芸能人とかでもそうですけど、ファンになるとその人の日常って興味がありますよね?


その人が何をしたのか、何を食べたのか、何を使っているのか、など色々。


それと一緒で、普段の文章が面白くて人を惹き付ける魅力がある人のブログって、日記記事でも読みたくなります。


そういう人の日記は普通の日記なのに何か面白いっていうのもありますが、その人のブログを長く読み続けてきた事でその人のファンになり、その人の日常にもちょっと興味が湧いてきたからです。


こんな面白い文章を書ける人ってどんな人なの?って。


つまり、日記を読んで貰うには書き手そのものに興味を持って貰うしかないんです。


芸能人やファンに限らず、知り合いでも日常が気になる人っていますよね?


それはなぜか・・・


興味があるからです。その人の日常になぜか興味を持ってしまう「何か」があるからです。


その「何か」を持っていないと日記ブログを見てもらうというのは難しいです。


日記ブログをやる以上、そのブログから興味を持ってもらえる「何か」を発信できないと厳しいですよ。


日記記事は本当のファンじゃないと読んでくれない

そんな感じで、やっとタイトルの内容が立証されるんじゃないかと。


普通は誰も興味のない日記記事を読んでくれる人は本当のファン


その数で本当のファンの数が分かる


ってね。


完全な憶測なんですがそこまで外れた内容ではないと思います。


日々、一生懸命有益な情報を書いているブロガーの方で「今、自分のブログってどれくらい本当のファンがいるのかな?」と思ったら何となく日記を書いてみるといいです。


読者には「いきなり何?いつもと違う」って思われるかもしれませんが、そんな日記にすら興味を持って読んでくれた人は間違いなくファンですから。


普通読まないからね、日記なんて。


「仕事がどうだった」とか「この間の休みに○○に行った」とか、超どうでもいいしね。


仮にクリックしても即離脱ですよ。もし最後まで読んでくれる人がいたら完璧ファンです。


あなた自身に興味を持ってくれたという事です。喜びましょう。


このブログはさ、ニート記事は更新する度に60人くらいが読んでくれるんだけど、それ以外となるとダメよ・・・


将棋記事は多くて5人くらいかな?更新したその日に読まれるのは・・・


どんな記事でも更新したら読んでくれる真のファン的な人は、多分いても2人くらいしかいません。


このブログを通して私に興味を持ってくれた人はそんなにいないんですよね。


私にじゃなくて、ニート記事に興味があるってだけなんで・・・


まぁそれでも充分なんですが、筆者にも興味を持ってもらえる記事を書けなかったという部分はちょっと悲しいです。


何を書いても読んで貰えるファンを獲得するっていうのは難しすぎますね。


最後に

全く書く事が浮かばない状態から何となく書き始めて、ふと浮かんだ話をダラダラと書いてみました。


なんか記事っぽくなったので載せます。


序盤のクソ日記で離脱しなかった方はどれくらいいるんでしょうか?


ここまで読んでくれた人はそんなにいないかな?


また今日みたいに書く事がなかったら単なる日記でも書いてみようかなぁ・・・なんて思ってたんですが、まだ早いかもしれません。


ファンの少なさに愕然とする可能性が高そう・・・


ただの日記って検索からの流入は見込めないから、ブログのトップページに直で来てくれるファンの人しか読んでくれないので、本当のファンの数が分かりますよね。


ファンの数が気になったなら一度試してみるといいかもしれません。


日記ブログは書くのは簡単だけど、人を集めるのは難しいジャンルなんで、もし日常を記録するための自己満足じゃなくて、人に見てもらう目的でやるなら相当な覚悟を持ってやってください。


文章から人を惹き付ける「何か」があればいけますから。


真の文章力が試されるジャンルかもしれませんね。


最近よく読んでいる日記ブログってけっこう人気あるんだけど、あの人はすごい人だったんだなぁ・・・と改めて思いました。


文章で人を惹き付けられる、そんな人になってみたいです。