ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】角交換中飛車をやった時に間違ったタイミングで飛車先の歩交換をしてくる事があるので紹介します【攻略法】

将棋Flash相手にゴキゲン中飛車をやろうとすると、序盤早々に角交換をしてくる事があります。


そうなると角交換中飛車になるんですが、そうなった時に将棋Flashがミスをしてくる事が多いというのを発見しました。


こちらの誘いに乗ってくるというか、間違ったタイミングでの飛車先の歩交換をしてくる事が多いんです。


新たな楽勝パターンとして使えると思うので今回はそれを紹介します。


角交換中飛車の序盤の罠

将棋Flashが先手です。


初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2二角成(下図)



とさっそく角交換をしてくる事があります。こうなるとゴキゲン中飛車じゃなくて角交換中飛車になりますね。


上図以下、△2二同銀▲2五歩△5二飛(下図)



と中飛車にします。▲2五歩に△3三銀と飛車先の歩交換を受ける手もありますが、慌てて受ける必要はありません。


もし上図以下、▲2四歩△同歩▲同飛と来たら△3三角の反撃がありますから。(下図)



角筋を受けてない状態では常にこの反撃があるので飛車先の歩交換は歓迎です。


今回の穴となる変化もこの罠を誘っての駒組みなので、限界まで飛車先の歩交換は受けないようにしましょう。


まだ飛車先の歩交換はできないので、ここは先手も▲6八玉と玉を囲うくらいです。(下図)



角交換中飛車にはこの△3三角の反撃が常に狙い筋としてあるので、居飛車を持った時は注意しながら駒組みを進めましょう。


罠を誘う一手で優勢になろう

ここからしばらく駒組みが続きます。


上図以下、△6二玉▲7八玉△7二玉▲5八金右△8二玉▲9六歩△9四歩▲5六歩△7二銀▲6八銀△3二金▲5七銀(下図)



とお互いに囲い合います。ここが基本図です。


角交換中飛車で先手が▲2五歩を決めている形で自然に駒組みを進めるとけっこうこの形になります。


将棋Flashはこういう駒組みが定跡なのかもしれません。


この局面になったらとりあえず後手から歩交換をします。


上図以下、△5五歩▲同歩△同飛▲5六歩△5一飛(下図)



この△5一飛が自然な手に見えますが、ちょっと誘っています。


将棋Flashはこの罠に誘われて、ここで指してはいけない悪手を指す可能性が高いです。


上図以下、△2四歩▲同歩△同飛▲3三角(下図)



と、まだしてはいけない飛車先の歩交換をしてくる事が多いです。なのでこちらの狙いである△3三角の反撃が決まります。


将棋Flashも△3三角を食らって「あっ」って言ってるかもしれませんね。


でも、後手もちょっと注意しなければいけない事もあります。次の一手にうっかりすると危ないですから。


上図以下、▲3四飛(下図)



角の当たりを避けて横歩を取った一手ですが、ここで喜んで△9九角成としてしまうと▲3二飛成(下図)で「あっ」ってなります。



一応、△3三馬と引けば竜を捕獲できますが、こうなると金を取られた分、損になるので注意しましょう。


多分、将棋Flashも△3四飛とすれば角成りができないから飛車先の歩交換をしてきたんだと思います。


でも、これが△5一飛の罠です。


金に紐がついてないから飛車先の歩交換にいけると思わせておいて次の手でしとめます。


角成りにはいかず、金に紐をつけつつ飛車取りに当てる△2三銀が好手です。(下図)



もし▲3六飛などと飛車を逃げれば、今度は金に紐がついているので△9九角成が決まって後手優勢です。


上図以下、それはゆるせまいと▲3三飛成と飛車を切ってきますが、△同桂と取っておいて後手優勢です。(下図)



ここからの狙い筋を1つ紹介しておきます。


飛車を△2一に転回して飛車成りを狙うのが早いです。


上図以下、▲6六歩△3四銀▲6八金上△2一飛▲2八歩(下図)



と飛車を2一に転回します。


▲2八歩で止められて飛車が成り込めないように見えますが、次の一手が決め手になります。


上図以下、△3八歩(下図)



先ほど、横歩を取ってくれた効果でここに歩が利くのが大きいですね。


あとは飛車を成り込んでゆっくり攻めれば大丈夫です。ここまでくれば勝ちきれそうですね。


優勢からの勝ち切り方をBonanzaに見せて貰おう


上の図は、飛車を取って後手優勢が確定した所です。


ここから将棋Flash相手にどうやって勝ち切るのか、一例としてBonanza先生にお手本を見せて貰いましょう。


上図以下、▲3八銀(下図)



今回は、ちょっと疑問の▲3八銀と指してきました。先ほど紹介した飛車を2一に転回して飛車成りを狙う変化を先受けしようとしたのかもしれません。


でもコレはコレで新たなスキができています。Bonanzaもそこを狙います。


上図以下、△2八歩▲9五歩△同歩▲6八金寄△2九歩成(下図)



打ち込みのスキができた2八に歩を打ち込んで桂得、簡単に優勢が広がってますね。


上図以下、▲9三歩△1九と▲7七桂△9六歩▲8五桂(下図)



先手も端を狙って反撃してきます。でもその手をさらに逆用されて後手からの反撃が厳しそうです。


上図以下、△9七歩成▲同香△9八飛(下図)



相手の手を上手く利用して飛車の打ち込みに成功、Bonanzaはさすがですね。


上図以下、▲7九玉△9七飛成▲5五歩△8四香▲6六角△8五香(下図)



玉頭からジワジワと攻めの体制を整えています。頭が弱い角しか持ってない先手はこれを受けるのは大変そうです。


上図以下、▲7八金上△6四香▲7五角打△9八竜▲8八角(下図)



先手の受けは受けになってません、これは決まりましたね。


上図以下、△8七香成▲同金△同竜▲5四香△6七香成▲6九玉(下図)



飛車取りの▲5四香を無視して△6七香成が決め手ですね。ここから5手詰めです。


上図以下、△5八金▲同金△7八竜▲5九玉△5八成香(下図)



まで後手の勝ちです。


今回は優勢になってからすぐ先手の疑問手が出たので簡単に勝ちきれる変化でしたね。


Bonanzaは容赦ないので大差での決着になりました。


今回のように、飛車先の歩交換を誘って、相手がそれに乗ってくるとこんな感じで簡単に優勢になれます。


将棋Flashはけっこうハマってくれるので角交換中飛車になった時は、ギリギリまで飛車先を受けずに待ってみましょう。


最後に

角交換中飛車でも簡単優勢になれる穴というか、罠にハマる事が多いのに気付いたので記事にしてみました。


この筋って人間でもちょっとうっかりしやすいので気をつけましょう。


飛車先の歩交換を受けない時は何か罠が待ち受けていると思って読みを入れるのが大切ですね。


基本的には角を手持ちにしてる時は罠がいっぱいなので油断しないように気をつけた方がよさそうです。


今回紹介したパターンが決まるとメチャクチャ気持ちよく勝ち切れるので、中飛車党でなかなか勝てないという方はお試しください。


飛車が捌けて超気持ち良いですよ。