ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】LV9に一手損角換わりをやると優勢になれる変化でもう1つの勝ち切り方をBonanzaで検討しました【攻略法】

以前、将棋Flashに一手損角換わりをやるとけっこうな確率でやってはいけない手を指してくるという記事を書きました。


ほとんどの方はその記事を見てないと思うので簡単に説明します。


初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲7八金△8五歩▲2二角成△同銀▲8八銀(下図)



と横歩取りを避けて一手損角換わりに行く所から始まります。


何て事ない普通の序盤ですよね。ここから駒組みが始まって一局の将棋だと思います。


でも、将棋Flashはここでやってはいけない手を指してくる事があるんです。それがこちら。


上図以下、△8六歩▲同歩△同飛(下図)



本とかで見た事がある人も多いかと思います。ここでの飛車先の歩交換はダメですよって。


なぜかはすぐ分かります。次の一手で「あっ」ってなりますから。


上図以下、▲7五角(下図)



飛車取りと5三への角成りが受かりません。


上図以下、△7六飛▲5三角成(下図)



これで先手優勢が定説ですね。


将棋Flashはけっこうこの変化になりやすいので簡単に優勢になる事ができます。


この後の一例を示すと・・・


上図以下、△5二金左▲5四馬△7四飛▲6五馬△6二玉(下図)



と進む事が多いです。で、今回の話はここからです。


以前の記事では、ここから勝ち切るのも大変なのでBonanza先生に勝ち切り方を見せて貰いました。


その時、Bonanzaはここで▲6九玉を推奨していたんですが、何となく飛車を取った方が分かりやすいかな?って思ったので勝手に▲7四馬と飛車を取る変化に進めました。


その結果、ちょっと攻め込まれるめんどくさい変化になったんです。


まぁボナ先生のような強いコンピューターなら攻め込まれても読み切りで問題ないんですが、人間だとちょっとミスって危なそうでした。


なのでここでボナ先生推奨の▲6九玉と進めたらどうなるのかが気になりました。


やっぱり馬は簡単に捨てず、じっくり生かした変化の方が理にかなってるのかもしれませんし。


相手の「働きの悪い飛車」とこちらの「優勢の理由でもある馬」を交換するのはちょっともったいないですしね。


と言う訳で、今回は飛車を取らない変化を検討します。


▲6九玉の変化 こちらでも小さな穴がありました

では馬を取らず玉を囲う▲6九玉(下図)の変化を検討します。



あれから何回か▲6九玉を試しているんですが、ここでまた将棋Flashの小さな穴を見つけたかもしれません。


ここで疑問手を指す確率がけっこう高いです。それがこちら。(下図)



△7二銀です。


美濃囲いにいこうとする自然な一手に見えますがこの場合はダメでした。次の一手で駒得できます。(下図)



▲8二歩です。


銀上がりでできたスキに歩を打ち込んで序盤から桂得が確定しました。


▲6九玉とすると何回かこうなったので、プログラムに穴があるのかもしれません。8筋に歩が使えるのをウッカリしてるのかもしれませんね。


優勢に優勢を重ねて絶好調な先手ですが、将棋Flashもここから色々動いてきます。


上図以下、△5六歩▲同馬△8七歩▲同銀△3三角(下図)



ちょっと暴走中に見えなくもないんですが、何とか反撃しようとしてきます。でもボナ先生には通用しません。


上図以下、▲6六歩△5四飛▲6七馬△2四角▲4八銀(下図)



後手にチャンスを与えないように普通に受けるだけで優勢が広がっていきます。


上図以下、△7一玉▲8一歩成△同玉▲5八金△8二玉(下図)



ゆっくりと桂馬を取って先手優勢ですね。後手には手がありません。ここからさらに優勢を拡大していきます。


上図以下、▲7六馬△4四飛▲3六桂(下図)



ここで将棋Flashが痛恨のミス。桂で飛車、角の両取りを食らって万事休すです。人間なら投了ですね。


上図以下、△8四飛▲2四桂△同歩▲8五歩△7四飛▲7五歩△4四飛(下図)



ここまでくればもう大丈夫ですね。あとはゆっくり攻めていくだけです。


上図以下、▲3二角△9五桂▲8六銀△8八歩▲同金(下図)



将棋Flashも何とかしようとしてきますが何もさせません。どんどん手がなくなっていきます。


上図以下、△3三桂▲2一角成△7四歩▲2二馬△7五歩▲同銀△8七歩(下図)



ここで▲7八金とかわしても勝ちだと思いますが、Bonannzaは決めにいきます。


上図以下、▲3三馬△8八歩成▲4四馬△同歩(下図)



ここで後手玉に詰みが生じています。実戦詰将棋です。詰ましてみてください。答えは数行下に書きます。











では答えです。


▲7四桂が単純ながら明快な決め手ですね。(下図)



以下、△7一玉なら▲8二銀、△9二玉なら▲8二飛、△7三玉なら▲8四銀打まで、それぞれ一手詰めです。


なので逃げるなら△8一玉か△8三玉の2通りです。まずは△8三玉から。(下図)



以下、▲8四飛△7三玉▲8二飛成(下図)までです。



なので実戦は△8一玉(下図)と逃げました。これが一番手数が掛かりますね。



普通に詰ます方法と実戦ならではの詰まし方があって、Bonanzaが示した実戦ならではの詰まし方にちょっと感動しました。


まずはそちらから。


▲8四飛(下図)と打つのが持ち駒に角と金しかないのを見越した実戦ならではの詰みです。



以下、△8三角▲同飛成△同銀▲8二銀△7二玉▲8一角(下図)までの詰みです。



歩でもあれば△8三歩で詰まないんですがその歩がありません。


実戦だとこういう持ち駒が限定されていて詰んでしまうという事がありますよね。


合駒すれば詰まないと思っていたら持ち駒が悪くて詰んでいたという事もあるのが実戦の面白い所ですね。


持ち駒を全部持っている普通の詰将棋ばかり解いていると盲点になりやすい詰み筋かもしれません。


ただ、今回はもう1つ普通に詰ます方法もあるのでこちらの変化を選ばなくても勝てました。それがこちら。



▲8二銀です。


こちらは先ほどの▲8四飛と比べるとちょっと手数が長いですが普通に詰みます。


以下、△9二玉▲9三銀成△同玉▲8四銀△9四玉▲9五銀△同玉▲9六飛(下図)まで。



▲9五銀に△9三玉なら▲8四銀以下、△8三玉でも▲8四銀以下、詰みます。


最後のボナ先生の寄せは見事でしたね。完全に読み切りでしたし、勝ちが見えた時のBonanzaは流石です。


最後に

将棋Flashに一手損角換わりをやって飛車先の歩交換をしてきた時は今回のように進めると勝ちやすいかもしれません。


飛車を取らずに▲6九玉で様子見がよさそうです。


今回みたいに将棋Flashが△7二銀みたいな悪手を指すかもしれませんし、馬がいた方が盤面を支配しやすいので、急いで飛車を取る必要はなさそうです。


もし同じような局面になったらお試しください。