ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

「菅井ノート 後手編」の紹介 ゴキゲン中飛車で超速への指し方や穴熊になった時の対応を学びたいならコレ

今回はゴキゲン中飛車の本として評判の良い「菅井ノート 後手編」を紹介したいと思います。




この本は対ゴキゲン中飛車に対して有力な作戦である「超速」を中心に解説した本です。


ゴキゲン中飛車を持って超速に苦戦している振り飛車党もけっこういるんじゃないでしょうか?


何かうまくやられる・・・勝ちにくい・・・どうすればいいんだ・・・


そんな悩みをお持ちならこの「菅井ノート 後手編」はピッタリです。


「これでもか」ってくらいしっかり超速について解説しています。


菅井流、△3二金型、△3二銀型、銀対抗、と超速に対する指し方を網羅しています。


この中から自分の好みの形をしっかり頭に入れて超速に挑めば勝率も変わってくるんじゃないでしょうか。


それに、穴熊に囲われた時の対策もしっかり解説されているので一通り作戦を知れて役立つと思います。


ゴキゲン中飛車党にとって必読の書ですね。特に超速にお困りならオススメです。


では、具体的にどんな感じの本なのか紹介したいと思います。


第一章 菅井流

この本の売りとも言える「菅井流」の解説からスタートです。菅井先生本人の解説って言うのがいいですよね。



上図の△4四歩が菅井流です。超速で▲4六銀と出てくる手に対して△4五歩と歩で対抗する感じですね。


まずは現在の菅井流になる前のアイデア段階だった時の話から始まります。


そのアイデアがうまくいかず研究をやめていたある日、ふと閃いたのが菅井流なんだそうですよ。


1つの戦法が生まれるには色々な苦労があるんでしょうね。


ここからはその閃いた菅井流について詳細に解説されています。


佐藤康光九段が指した▲5七玉(下図)は記憶にある方もいるかと思います。でも今は指されていません。



なぜ指されなくなったのかの理由も解説されています。ここで振り飛車が有利になる正しい対応を学びましょう。


他にも居飛車側からの有力な作戦、▲7八銀型(下図)も解説されています。



これがゴキゲン中飛車で菅井流をやる人にとって厄介な作戦だったりします。


この本が出た当時にまだプロの公式戦で指されていない手も解説されているので、しっかり現段階での正しい手順を学んでいきなり作戦負けにならないようになりましょう。


第二章 △3二金型

第二章はプロの公式戦で一番多い△3二金型(下図)についてです。



ゴキゲン中飛車を持って正しい対応を知らないと困ってしまう▲5五歩(下図)という飛車捕獲作戦が詳細に解説されています。



この対応をしっかり学んでおかないとゴキゲン中飛車を指すのが怖くなってしまうのでここでしっかり覚えましょう。


やられても「大丈夫、勝てる」って思えるようになりますよ。


まぁけっこう怖い変化が多いんですけどね・・・居飛車を持っても振り飛車を持っても個人的には嫌な展開です。


でもどちらかと言えば振り飛車が良いみたいなので今は減少傾向にあるようです。


それで今はもう1つの作戦がメジャーになっています。


それがこちら。▲6六銀(下図)です。



超速はそもそも押さえ込み狙いの作戦なので、その流れに沿った自然な一手かもしれません。


振り飛車側は何も知らずのんびりしてると飛車を取られたり、簡単に押さえ込まれたりするので油断できません。


この▲6六銀の方がやられる確率は高いと思うのでこちらの方をしっかり覚えた方がいいですね。


詳細に解説されているので簡単に押さえ込まれないようになると思います。解説してもらえなかったら見えないような一手もあるので読み応えありです。


今まで居飛車に押さえ込まれて困っていたという方には有益な情報になりますよ。


他にもじっくり型の▲5八金右型(下図)



端歩を突く▲9六歩型(下図)



も解説されています。このちょっとの形の違いがどう影響するかが見物です。


けっこう油断ならなくて、居飛車、振り飛車、どちらを持っても注意が必要です。


端歩くらいでそんなに変わらないだろ?って思うかもしれませんが、この一手で形勢が変わったりしますから。


先ほどの変化との違いを理解するのが大切ですね。


第三章 △3二銀型

第三章はプロの実戦が少ない△3二銀型(下図)です。



新しい指し方が見つかって見直されつつあるそうです。新しい手について詳しくは本書をご覧下さい。


この形で注意が必要なのは居飛車側です。


第二章の△3二金型と同じように攻めると居飛車が不利になる変化があるという所です。


△3二銀型の方が玉が固いので不用意な一手は居飛車が不利になります。居飛車党の人も読んだ方がいいかもしれません。


振り飛車としてはその利点を理解して、間違った攻め方をしてきたらラッキーと思えるようになっておきましょう。


第四章 銀対抗

第四章では超速と同じ速さで銀を繰り出す銀対抗(下図)を解説しています。



まずは先手が左銀を繰り出して攻めていく▲7七銀(下図)から。



今までとちょっと違うのは、ここで△5六歩の仕掛けが成立しない事です。居飛車にうまくやられてしまいます。


なので後手は玉を囲い、先手は銀を▲6六に繰り出し5五の歩を巡る戦いになるんですが、これが色々難しい。


ちょっとの形の違いで有利不利が入れ替わるので油断なりません。


その辺はちゃんと解説されているので本書を読めば大丈夫ですけどね。


銀対抗には上記の急戦の他にもう1つ、先手が穴熊に囲いにいく持久戦もあります。(下図)



そもそも△4四銀が急戦を防ごうという手なので、だったら無理に攻めずにじっくり玉を固うのも悪くないんじゃないかという感じですね。


これがゴキゲン中飛車を悩ませているみたいです。


一応、後手にも対策があり、そこは解説されているので一方的にやられるという事はないと思います。


ただ、駒組みに神経を使うのでけっこう大変ですね。しっかり不利にならない変化を覚えておかないと怖くて指せません。


最後に急戦と持久戦の中間みたいな作戦、▲6五歩位取り(下図)も解説されています。



これは先手が有望みたいで、後手は▲6五歩と位を取らせないように駒組みに気をつけるようになります。


そこからまた穴熊に囲い合うんですが、これも駒組みに神経を使います。


穴熊に囲う変化はまだ定跡が整備されてないので力が試される変化になりそうですね。


第五章 一直線穴熊

第五章は先手が穴熊に囲っていく変化を11ページでさらっと解説しています。(下図)



今までの超速とは違って、玉の固さで勝負する感じで、押さえ込みを狙った作戦ではありません。


現代は何もなく普通に穴熊に囲えたら作戦勝ちみたいな風潮もありますし、なくはない作戦ですよね。


銀対抗の時の穴熊に囲う変化とはまたちょっと違う将棋になって好みが分かれるかと思います。


細かくポイントを稼ぐ将棋になるので神経を使いますが、居飛車党で穴熊好きなら面白い変化かもしれませんね。


振り飛車側としてはやられてもそんなに悪くないのでけっこう戦えると思います。


解説されているポイントを理解して、簡単に作戦負けにならないようになりましょう。


第六章 その他の振り飛車

第六章では△4二飛戦法と菅井流超急戦を解説しています。


まずは△4二飛戦法(下図)から。



△4二飛戦法には2種類あるんですが、本書では石田流に組み変える方を解説しています。


序盤の注意点は解説されているので、ちょっと気分を変えてゴキゲン中飛車じゃない戦法をやりたい方はどうぞって感じですね。


もう1つはけっこう怖そうな菅井流超急戦(下図)です。



ゴキゲン中飛車の▲5八金型超急戦とちょっと似てる戦法です。


一手ミスったら終わりな感じなので怖くて私には怖くて指せません。相当深い研究が必要な戦法だと思います。


個人的にはゴキゲン中飛車を中心に書いている本なんだから、普通にゴキゲン中飛車の超急戦の菅井先生の現段階の結論をさらっと書いて欲しかったです。


まぁ振り飛車党の方にとっては新たな作戦が知れて有益な情報かもしれませんけどね。


ちょっと気分転換に違う事をやってみたい方はお試しください。


最後に

ゴキゲン中飛車を学ぶなら充分すぎる情報が詰まった素晴らしい本でした。


急戦、持久戦、どちらになっても本書をしっかり読んでいれば大丈夫ですね。


私は居飛車党なんですが、超速の指し方がかなり分かったような気がします。今までの雑な将棋からちょっと成長したかもしれません。


超速はゴキゲン中飛車をやる人は避けて通れない部分だと思うので、目を通しておく必要はあると思いますよ。


菅井流でも△3二金型でも銀対抗でもいいので1つをしっかり覚えて得意戦法にしておくといいですね。


ギッチリ情報を詰め込んでいるので普通の定跡書よりページが多くて読むのも大変でしたが、著者の菅井先生も大変だったと思います。


対局もあって忙しいのに、ここまで詳細に解説しまとめてくれた事に感謝ですね。


ゴキゲン中飛車を指す人にとって絶対に役立つ本なので、気になっているならぜひ読んでみてください。


有益な情報がいっぱい詰まっているので絶対損はしませんから。オススメです。