ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】LV9へのゴキゲン中飛車で簡単に優勢になった後の勝ち方を知るためにBonanzaに指し次いでもらいました【攻略法】

前回、将棋Flashにゴキゲン中飛車をやると飛車先の歩交換をしてくるから簡単に優勢になるという記事を書きました。(下図)



上図以下、▲8六同歩△同飛▲2二角成△同銀▲7七角△8九飛成(下図)



と進み、以下、▲2二角成△8七桂(下図)



となる事が多いです。将棋Flash定跡ともいえる△8七桂という悪手。なぜかこの局面で△8七桂と指す事が多いです。


で、上図以下、▲7八銀△9九竜▲同馬△同桂成(下図)



となって先手有利が確定します。将棋Flashにゴキゲン中飛車をやるとけっこうな確率でこの局面になります。


それで、前回はここから勝ち切るにはどうすればいいかをBonanzaに指し次いで貰って参考にしたんですが、もう1例、見事な勝ち方を見せてくれたのでそれも書こうと思います。


前回と同じ局面になるんですが、ちょっと進み方が違ったのと、Bonanzaの指し方もちょっと違ったので面白いと思います。


優勢から勝勢になるまでの指し方をBonanzaに教えて貰いましょう。


Bonanzaの見事な勝ち方を見よう


上図以下、▲4八玉△2二香▲8三飛△8二歩▲8八飛成(下図)



までは一緒です。前回はここで将棋Flashが△4五角と指したんですが、ここでちょっと違う手を指してきました。


上図以下、△3三角▲5五歩△4五角▲3八銀△5四歩(下図)



角を打つ順番が違いましたが、前回とほぼ同じ局面になりました。将棋Flashはこの角打ちの形が好きなのかもしれません。


前回とほぼ同じと書きましたが、違いは先手が▲3八銀と受けた所ですね。前回は▲3八玉だったので。今回の変化では大した違いにはなりません。


前回と明確に違ったのはBonanzaの次の一手です。


上図以下、▲8五竜(下図)



前回はここで▲4六銀と指しました。不安定な角を攻める分かりやすい手でしたね。


今回はちょっと派手そうな▲8五竜。この後の寄せきるまでの手順が見事だったので紹介したくなりました。


Bonanza先生の描く勝ちまでの構図をじっくり見ましょう。


上図以下、△5五歩▲同飛△同角▲同竜△6二玉▲4五竜(下図)



飛車と竜を大きく使い、相手の生命線でもある角2枚を持ち駒にしてしまいました。こうなっては後手は困ってしまいますね。


上図以下、△7二玉▲6六角△4四歩▲同竜△5二金左▲9九角(下図)



角がなくなった後手は指す手がありません。Bonanzaは寄せの構図をすでに描いていたようで▲9九角と成桂を取りあっという間に寄せてしまいます。


上図以下、△5一金寄▲8四桂(下図)



取ったばかりの桂で王手をする▲8四桂が見事な寄せの一手でした。


△8三玉とすると▲6五角(下図)が痛打です。持ち駒に飛車と歩しかない後手は受けが難しくなっています。



△7四飛と受けても▲8五銀でBonanzaの評価値が振り切れたので先手の勝ちです。


なので△9四玉と逃げるくらいなんですが、以下、▲9二桂成(下図)と開き王手をして



以下、△6四飛▲同竜△同歩▲9六飛△9五飛▲同飛△同玉▲7七角△8四玉▲8五歩△同玉▲8六歩△9四玉▲8五銀△9五玉▲9六歩(下図)



と手順は長いんですが詰みです。ここまで読み切って桂を取ったと考えるとすごいですね。


△8四桂の図を再掲します。



△8三玉では負けなので、ここでは△6一玉(下図)と下に逃げます。でもここからもあっという間に寄せてしまいます。



上図以下、▲5三歩△4二金寄(下図)



ここで決め手が出ます。


上図以下、▲4二同竜△同金▲5二角(下図)



で詰みです。見えてなかった・・・あっさり指すとはさすがボナ先生。


以下、△同金は▲同歩成△同玉▲5三歩△同玉▲4四金(下図)



で詰みます。△6四玉と上に逃げれば▲7五金。9九の角がよく効いてますね。


△6二玉と下に逃げれば▲5三金打△6一玉▲5二銀で詰みです。


もし▲5二角の時に△6二玉(下図)と上に逃げようとしたら・・・



▲5一銀(下図)が好手ですね。△同玉は▲6一金で詰みます。



なので上に逃げるんですが、以下、△5三玉▲4二銀不成△5二玉(△同玉は▲4三金以下詰み)▲5三金△6一玉▲5二金打(下図)



までで詰みます。▲4二銀不成の時、△5六玉と上に逃げたいんですが▲5五金(下図)で詰んでしまいます。



△6四玉でも▲7五金△5六玉▲5五金(下図)で詰みです。9九の角が上部脱出を阻止して逃げられませんね。



最後はBonanza先生の見事な読み切りの寄せでした。


終盤が強いとカッコイイですね。もっと詰将棋とか寄せの問題をいっぱい解かないとここまで見事な手順には踏み込めません。


勉強あるのみですね。


最後に

将棋Flashの穴を突いて優勢になった局面から、Bonanza先生の見事な勝ち方を見てもらいました。


優勢になってからの勝ち方で実力差がかなり見えますよね。


「決める所は決める」


そういうメリハリのある将棋を指せるようになるともっと楽しくなりそうです。


将棋Flashの穴をついて優勢になった後はキレイに決める将棋を指せるようになるといいかもしれません。


まぎれる事なく優勢を勝勢に持っていけるようになりたいですね。