ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】角換わり△6五桂急戦でおだやかな変化が良かったら▲6六銀~▲7七桂型がオススメ

前回、将棋Flashが角換わりの時によくやってくる△6五桂急戦(下図)でけっこう激しい戦いになる変化を検討しました。



上図以下、▲6六銀△8六歩▲同歩△同飛▲8三歩△7六飛に▲8五角(下図)と打ってどうかと。



結果はけっこう激しい変化になるけど一応先手が指せる分かれになるというものでした。


ただ、ちょっと色々変化が多くてミスしやすいし、激しすぎて嫌な感じな人も多いかもしれません。私もその1人です。


なのでもうちょっと穏やかな変化はないかと違う手を検討してみました。


▲7七桂の方がおだやかな変化になりやすい

おだやかな変化になる手、それはこちらです。



▲8五角の代わりに▲7七桂です。


こちらの方がおだやかな変化になりやすく、激しい切り合いが怖い方にオススメです。


▲8五角だと後手の不安定な飛車を捌きやすかったんですが、▲7七桂はちょっと飛車を捌くのは手間です。


でも飛車を捕獲するのも難しく、この飛車をめぐる地味な戦いが繰り広げられます。


後手は何とか飛車を捌こうと手を尽くしてきますが正しく受ければ▲8五角ほどの激しい変化は避けられるので何とかなります。


ここから後手が△9五角(下図)とおなじみの玉をにらむ角打ちをしてきますが、この場合は受け方を間違えなければ落ち着いた変化になります。



将棋Flashもたまにこの手を指してくる事があるのでちょっと注意しましょう。

まずはやってはいけない手から紹介します。


危険な▲9六歩

角をさっさとどけようとする▲9六歩(下図)が後手の狙いにはまる悪手です。



上図以下、△7七桂成▲同銀△同飛成▲同金△7六桂▲5九玉△7七角成(下図)



と殺到されて先手陣は突破されてしまいます。こうなると面白くないですよね。


なのでここでは▲9六歩と突かず違う手の方がいいです。


おだやかになる▲8八角

ここでは▲8八角(下図)と自陣に角を打つのがいいです。



上図以下、△7七桂成▲同角△7三角▲8八桂△7七飛成▲同銀(下図)



と飛車を捕獲してどうかという感じです。


互角の局面ですが、おだやかに飛車を捕獲できて先手もまずまずじゃないでしょうか。


仮に△7七桂成とこなくて△3一玉(下図)など自陣整備に入った場合は、



上図以下、▲9六歩△7三角▲6五桂△同歩▲同銀△7五飛▲3三角成△同桂▲7六銀打(下図)



と、こちらも飛車を捕獲できます。これも互角の局面です。


次に後手から△4五桂打などちょっと忙しそうな手もあり若干怪しいですが先手もまずまずだと思います。


ただ、ちょっとBonanzaで検討してみたら△4五桂打から後手の方が攻め込めて面白いかもしれません。


前回の▲8五角よりは激しくなくてマシなんですが、ハッキリ先手良しって訳じゃないのでちょっとイマイチかもしれませんね。


そうなった理由を考えるとやっぱり△9五角が原因です。


じゃあ△9五角を消しておいた方がもっとおだやかな変化になるんじゃないかと思いました。


なのでそちらも検討します。


もし▲9六歩型だったらどうなるか

今回も△9五角が出てきて受けをミスれば敗勢になったり、ちょっとめんどくさそうな厄介な変化がありました。


なので今回も先に▲9六歩をついておいて△9五角を消した変化を検討してみました。


その図がこちら。(下図)



今度は▲1六歩の代わりに▲9六歩がついてあります。


これで先ほどのような△9五角がありません。なので後手も指し手が限定されます。


ここから△8六歩(下図)と歩を合わせるくらいですね。



仮に▲同歩と取ると△同飛▲8七歩△7七桂成▲同銀△8二飛(下図)となり飛車が安定します。



これはこれで一局の将棋ですが、せっかく不安定だった飛車が安定してしまって面白くない気もします。


なので、ちょっと飛車を捕獲する変化も一例ですが検討します。


▲8六同歩ではなく▲8五角と打ちます。(下図)



上図以下、△7七桂成▲同銀△同飛成▲同金△8八角▲8六金△9九角成▲8一飛(下図)



と進んでどうか。


上図以下、△5一銀▲9一飛成△8三香▲7四角△8六香▲同歩△7六歩▲7八歩(下図)



が一例ですが、Bonanzaの評価値は先手+149なので互角の局面です。


前回の変化よりは激しくないのでけっこうとっつきやすい変化じゃないでしょうか。


激しい変化が苦手な方は先に▲9六歩をついてから▲6六銀~▲7七桂型の方がよさそうですね。


最後に

将棋Flashで角換わり腰掛け銀模様になった時は△6五桂急戦をやられる事が多いんですが、激しい変化が苦手な方は▲6六銀~▲7七桂型がおだやかでいいかもしれません。


それと端歩をつくなら▲1六歩よりも▲9六歩から先に突く方が余計な変化を減らせるのでオススメです。


△6五桂急戦は無理筋なようでけっこういける厄介な戦法なのでやられたら注意しましょう。


この手の激しい戦法はおだやかな変化に持ち込めれば力を出しやすくなると思うので、局面を落ち着ける方向へ進めましょう。


切り合いが好きなら突っ込んでもいいですが、後手の攻めもキツくてけっこう大変ですからあまりオススメはしません。


とりあえず将棋Flashに対する1つの結論として、△6五桂急戦には▲6六銀~▲7七桂型がおだやかでオススメという事になりました。


もしやられたらちょっと試してみてください。