ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】角換わり6五桂急戦に▲6六銀で受けてみるとどうなるのか検討してみた、こっちも難しい

前回、将棋Flashで角換わりになった時によくやってくる△6五桂急戦(下図)の記事を書きました。



上図から、▲8八銀と受けて桂得を狙う筋でどうかを検討したら、先手有利なんだろうけど陣形を荒らされたりして勝ちきるにはけっこう難しいという結論になりました。


なので今回はもう1つの手、▲6六銀(下図)と受けたらどうなるかを検討してみたいと思います。



将棋Flashでは上図以下、△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△7六飛(下図)と進む事が多いです。



仮に△7六飛じゃなく大人しく△8二飛(下図)と引いてくれれば局面はいったん落ち着いて一局の将棋だと思います。たまにこちらもあります。



ちょっと後手の桂馬が威張ってて邪魔くさいですが、これから紹介する激しい変化に比べたらだいぶマシな気がします。


では、将棋Flashでよくやられる△7六飛と横歩を取られた後の変化を検討してみたいと思います。


まずは飛車切りの変化から こちらは先手を持っても悪くない


この横歩を取った局面、一見、飛車が不安定でけっこう簡単に先手が良くなりそうですが、意外と厄介です。


歩があれば▲7七歩と打って簡単に飛車を捕獲できるんですが、その一歩がありません。


なのでとりあえずBonanzaの推奨手でもある▲8五角(下図)と打って飛車を捕獲します。



ここからは2通りです。△7八飛成と飛車を切るか、△7五歩と飛車に紐をつけるか。


将棋Flashは両方やってくるのでどちらも検討しようと思います。まずは飛車切りの△7八飛成(下図)から。



こちらはけっこう分かりやすく先手を持っても悪くない変化になります。


上図以下、▲7八同玉△3九角▲3八飛△2八金▲3九飛△同金▲8一飛(下図)となる変化が多いです。



△3九角から飛車を取られて気持ち悪いですが、先に飛車を打ち込んで先手優勢です。


Bonanzaだと先手が1000点くらい良いのでちゃんと攻めれば大丈夫だと思います。


ちょっと注意なのは、相手が飛車を手放す前にうっかり▲7四角とかやると△7六飛(下図)で王手角取りを掛けられて面倒な事になります。



これでもまだ先手優勢みたいですが、わざわざ選ぶ変化ではないと思います。


後手が飛車を打ち込んできてから▲7四角と角を使えば無難に攻めていけるので角を使うタイミングには注意しましょう。


紐をつける△7五歩 これが意外とやっかい

将棋Flashではどちらかと言えばこちらの△7五歩(下図)の方が多い気がします。



上図以下、▲7六角△同歩▲8一飛(下図)と進めば先手もまずまずです。



しかし、ここでちょっと厄介な変化があります。


それが▲7六角を△同歩と取らずに△9五角(下図)と打ってくる手です。



この王手が油断ならない一手なんです。受け方をミスるとけっこう大変です。


例えば、上図以下、▲6一玉△7六歩と進み、▲6一飛(下図)と攻め合いに行くと後手有利になったりします。



上図以下、△7七歩成▲同桂△7六歩▲6五桂△同歩▲9六歩△5一金▲8一飛成(下図)となり、



上図以下、△6六歩▲9五歩△6七歩成▲同金左△5五桂▲7四角△6三銀打▲8三角成(下図)と馬がそっぽなのと金銀両取りが痛いです。



上図以下、△6七桂成▲同金△6六歩▲同金△3九角▲5二飛△7七歩成(下図)と挟み撃ちにされ後手優勢です。



△9五角の力が意外と強いんですよね。なので攻め合いに行くよりもこの角をどうにかするのが先決です。


というわけで、▲6一飛の代わりに▲9六歩(下図)と角を攻める方がいいです。



ただ、簡単に先手が良くなるか?と聞かれると微妙な変化になります。けっこう攻め込まれて気持ち悪い変化かもしれません。


上図以下、△7七角成▲同桂△同歩成▲同金△同桂成▲同銀△7六歩▲同銀(下図)とまずは猛攻を受けます。



上図以下、△8八角▲8一飛△7七角成▲6八桂△5一銀▲9一飛成△5五桂▲5六銀(下図)とまだ後手の攻めは続きます。



上図以下、△9九馬▲6六角△同馬▲同歩△3五歩▲5五銀△3六歩▲4五桂△3七歩成(下図)となりけっこう怖くなってきました。



上図以下、▲7三角△6二香▲5四桂△同歩▲5三香(下図)で反撃をして、難解ですが先手が682点良いです。



Bonanzaでの一例なので何とも言えないんですが、結論を言うと△6五桂急戦に▲6六銀と受けても先手有利になる事はなります。


でも結局は難解な変化になって大変という感じでした。


検討の変化を見てて


「ゴチャゴチャしてめんどくせーよ」


って思いましたよね?


「もっと簡単に良くなる手順はないのかよ」


って。一応あります。


今回の結果になった全ては△9五角(下図)の厄介さにあります。



じゃあもっと前の段階で△9五角を防いじゃえばいいんじゃないかという結論に達しました。


桂馬が跳ねてきそうなら早めに▲9六歩を突こう


最初の図の上図は後手の△7三桂に対して▲1六歩と突いていました。


なので△6五桂と跳ねられて上図のようになった時に、△9五角の変化を残してしまい今回のような難解な変化になってしまったのです。


じゃあこの▲1六歩を▲9六歩(下図)に変えれば△9五角は消せるじゃないかと思いませんか?



これがその通りで、これでめんどくさい△9五角を消してもうちょっと簡単になります。


上図以下、△6五桂▲6六銀△8六歩▲同歩△同飛▲8三歩△7六飛▲8五角(下図)となった時に将棋Flashは飛車を切ってくる事が多いです。



△7五歩と飛車に紐をつけても、今度は△9五角がないので普通に飛車を取って、簡単ではないですが先手もやれる形になります。


まぁ△7五歩の変化もBonanzaで検討するとかなり難しいんですけどね。


でも将棋Flashは飛車を切る事が多いので、上図以下、△7八飛成▲同玉△8四金▲8一飛△8五金▲同飛成(下図)と進んで先手もやれます。



とは言っても上図から△6三角とかあってそう簡単にはいきませんけどね。


でも△9五角を打たれてゴチャゴチャするよりは落ち着いてるかなぁ・・・とは思います。


最後に

△6五桂急戦に対して、▲8八銀でも▲6六銀でも明確に先手がよくなる変化が見つけられませんでした。


結局の所、△6五桂急戦は意外と有力なんだと思います。


将棋Flashは今回の検討ほど激しい変化に飛び込んでくる事はないですが、似たような手を指してくるのでちょっと注意が必要です。


とりあえず△7三桂と跳ねられたら▲9六歩を突いておく方が1つ変化を減らせるので無難です。


「もっと分かりやすい対策があるよ」


という方がいましたら教えていただけると助かります。


将棋Flash相手にけっこう劣勢になって困ってるんでどうにかしたいです。


自分では桂馬と飛車が簡単に殺されそうでやる気にならない△6五桂急戦がこんなに対応がめんどくさい戦法だったなんて・・・


将棋はホント分かりません・・・