ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】角換わりで△6五桂から急戦をやられるんだけど意外と難解で困る、駒得で優勢でも陣形がバラバラで辛い

将棋Flashで遊んでて、角換わりになる事がけっこうあるんですが、そのたびに困ってる手があります。


それがこちら。(下図)



▲4五桂急戦ならぬ、△6五桂急戦です。


将棋Flashは角換わりになるとこの手をよく指します。


跳ねられるなら跳ねてやれって感じでポーンと軽く桂馬を跳ねてくるんですよね。


じっくり腰掛け銀の将棋ってあんまりないです。


この手って本で解説されてるのだと玉が6九にいて5七の地点が薄い形が多いです。


それだとけっこう有力なんですが、▲6八玉型なら5七に玉と金の2枚の利きがあります。


なので、多分、無理筋なんじゃないかなぁ・・・って思ってたんですが、いざやられてみるとけっこう大変なんです。


▲8八銀で受けてみる


とりあえず銀に当たってるので避けなきゃいけません。


▲6六銀と▲8八銀の2通りですね。


どちらかと言えば後で▲6六歩で桂取りを狙えるから▲8八銀がいいかなぁと思ってだいたいこっちを指してます。(下図)



上図以下、△8六歩▲同歩△同飛▲6六歩と狙い通り進めます。(下図)



これで桂得が確定して先手よしで読みを打ち切ってしまいそうですが、ここでちょっと厄介な手があります。


△3九角です。(下図)



将棋Flashはけっこうこの手を指してきます。


上図以下、▲3八飛△5三桂成▲同金△同角成▲同玉△8二飛となります。(下図)



この局面、ちょっと気持ち悪くないですか?


先手は大きく駒得ですが陣形がバラバラ。後手陣はしっかり囲われててあまりスキがない。


先手を持ってまとめるのがちょっと大変そうな気がしません?


角、角、桂、歩、の持ち駒でどうやって後手陣を攻略するか、これが見えないとけっこう大変な局面です。


まぁBonanzaで見てみると先手が730点くらい優勢なんですけどね。


でも、ここからどういう構想をするかで意外とミスりやすい局面でもあります。


ヘタな事をするとあっという間に逆転しますからね。


例えば、玉を囲いなおしてから攻めようとすると、5七の歩がない陣形ってけっこうスカスカで何かうまくいきません。


余計にスキができてしまってそこを狙われたりします。そうなるとピンチです。


一度先手陣に手が付いてしまうと、後手陣は手付かずの鉄壁なので陣形の差がモロに出ます。


囲えるのは囲えるんですが、かなり気を使ってめんどくさいです。


意外と今の玉の位置が安定してる場所だったりするんですよね。


じゃあこのまま攻める方が良いのか・・・


でもどこからどう攻めたら良いのか浮かばなかったりしませんか?


それに玉が不安定で怖い・・・


守るも攻めるもちょっと躊躇する局面だったりしますよね。


現に私は、この局面から玉を囲おうとしてミスして負けたり、攻めようとしてもクソみたいな攻め筋しか思いつかず攻めきれず負けたりしてます。


一応、将棋Flash相手なら勝てない事はないんですが、勝っても「なんか違う」感があったりするんですよね。


もう少し強い相手だったらこうはならなかったよな・・・って。


なのでBonanzaで検討してみたんですが、Bonanzaでも攻めきるのはけっこう難しいみたいなんです。


この局面、実は地味に難解なのかもしれません。


Bonanzaでの検討の結果

ここからは Bonanza vs Bonanzaでどうなるか検討してみたいと思います。一体どんな手を指すのか。



この局面、Bonanza先生が出した答えは「陣形はこのままで攻める」でした。


上図以下、▲3五歩△同歩▲4五桂△4四銀▲3四桂(下図)と攻め込みます。



飛車の筋をそのまま利用する攻めがいいみたいですね。


いきなり王手が掛かってスピード感があるのはいい感じですが、このまま攻め切れるのか。


上図以下、△4一玉▲5六角△6三金▲8三歩△同飛▲7二角(下図)と進みます。



角を二枚投入してさらに攻めていきます。▲5六角とかちょっと疑問な気がしますがどうなるのか。


上図以下、△8四飛▲6一角成△7一金▲同馬△同銀▲2二金(下図)



う~ん・・・角が取られてイマイチな気が・・・▲2二金も遠い気がするし・・・どうするんだろ・・・


上図以下、△2二同金▲同桂成△5二玉▲1一成桂△2七角▲3九飛△5五金(下図)



成桂がそっぽ、取られた角を打ち込まれ、角取りに△5五金、なんかまずそう。


でも評価値はまだ先手が493点良い、ホント?


上図以下、▲2一成桂△5六金▲同銀△6二銀▲2二成桂△5四歩▲2三成桂(下図)



成桂を使ったジワジワ攻めが間に合うのかどうか、これはBonanzaだから見てられるけど自分だったら超嫌。


上図以下、△5五歩▲5三歩△同銀上▲同桂成△同玉▲6七銀△6二玉▲5八金(下図)



お互いちょっと陣形の整備に入ってちょっと先手の攻めが止まり気味、こうなるとちょっと大変かも。


上図以下、△5六桂▲7七桂△8二飛▲1三成桂△2八角▲2九飛△3八角成(下図)



攻守が入れ替わって先手不満の流れかな?でも評価値はまだ+396点、先手がまだ良いみたいです。


上図以下、▲2八飛△同馬▲8七香△3九馬▲4八桂△同桂成▲同金△5六桂(下図)



気が付いたら先手玉に詰めろが掛かってしまいました。ここで評価値も後手に振れ-448点、後手が良くなっています。


先手が攻め切れず後手の反撃が成功した形です。こうなると不安定な先手玉の欠点が出てしまってますね。


先手がうまく攻めきれるかを見たかったので、ここまで反撃を受けてしまったらこれ以上は書いても仕方ないので検討はここで打ち切ろうと思います。


ここからも▲7一角というすごい手から難解な終盤が続いたんですが、先手が寄せられて終わりました。


最初の段階では先手が730点も良かったのに攻めきれませんでしたね。


あくまで今回のは一例なので何ともいえませんが、そのまま勝ちきるにはけっこう大変な局面なのかもしれません。


先手が有利なのは有利なんでしょうが、やっぱり不安定な陣形は攻めの反動がキツイようです。


もし何か良い手を知ってる方がいたら教えていただけると助かります。


最後に

将棋Flashによくやられる△6五桂急戦を改めて検討してみたらけっこう悲しい結果になりました。


まぁ私のパソコンはスペックが超低いのでBonanzaが弱くなってしまってるのかもしれませんけどね。


最新のソフトならあっという間に攻め切って先手有利の結果をハッキリ見せてくれるのかもしれません。


新しいパソコン欲しいなぁ・・・


将棋Flashで角換わりになると似た局面で△6五桂と跳ねられるかもしれませんのでお気をつけ下さい。


けっこう簡単に桂得にはなるんですが、今回の変化以外にもやっかいな変化があって大変です。


スカスカな陣形をうまくまとめられるような広く盤面を見る力が試されますね。


角換わりで桂馬を跳ねられたら「桂馬の高飛び歩の餌食」と油断せずしっかり読んで対応しましょう。