ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

自力で社会復帰できないニートは誰かの力を借りよう、助けを求めたっていいんだから

30代職歴なし自分1人の力じゃ何もできないニートです。こんにちは。


ニート生活も長くなってきて自分のピンチ具合に気付いてくるとそろそろ働かなきゃマズイよなって思いますよね。


「まともな人と同じような生活をしたい」

「社会復帰して後ろめたい気持ちを払拭したい」

「そろそろバイトでもいいから働きたい」


そう思っていざ面接を受けてみたけれど、全然受からない、受かる見込みもない、という悲しい現実に直面した事ってありませんか?


1回ニート生活を1年でも送ってしまうと、社会的にはかなりのマイナスなんですよね。


仮に面接を受けたとしても、面接官からの印象は


「こいつはダメだろうな」

「どうせすぐ辞めそう」

「ブランクが長すぎて使えなさそう」


という感じになってしまいます。


それだけ一定期間社会にも出ずダラダラしていたクズ人間というのはものすごく印象が悪いんですよね。


普通の人は最低限バイトでもいいから社会に出ますしね。働いてない人間というのはちょっとおかしいんです。


要はニートというのは普通の人じゃない、どこかおかしいダメ人間なんです。


ニートだった = 社会不適合なクズ


という印象に一発でなります。致命傷です。まぁ現実問題そうですから言い訳もできませんが・・・


「そんな人をあえて採用するか?」


と聞かれれば答えは当然「NO」です。もっと普通の人を採った方が無難ですから。


まぁこれは自分が面接官の立場だったらと考えれば分かる事ですよね。


5人応募があって合格枠が2人だった時「ニートを優先的に選ぶか?」と考えたら選びませんよね。


ちゃんと働き続けてきたまともな人の方が実績もあって信頼性もあります。


何もせずだらけていたニートなんてカラッポだし信頼もないですから。


バイトなら受かるかも、いつかはどこかに引っ掛かるハズ、なんて甘い考えを持っているニートの方は要注意です。


快く受け入れてくれる面接官はなかなかいません。


よっぽど応募がなくて人手がない、誰でも良いから奴隷が欲しい、みたいなとこしか受かりません。


ニートになった人はそれくらい自分がどうしようもない人間なんだという事をちゃんと認識した方がいいです。


ニートが面接に受かるかもしれない方法

ちょっとニートには厳しい話をしてきましたが、こんな状態でも何とかバイトになら滑り込める方法があります。


それは「知り合いの紹介で面接を受ける」という方法です。


完全な他人として面接を受けるとニートという足枷は思いっきり足を引っ張ります。


でも、知り合いの紹介という面接官にとって信頼できる人を介すと少しだけ希望が出てくるんです。


実は私も知り合いの紹介でバイトの面接を受けて受かった事があります。


「自力じゃ一歩踏み出すのも怖い」

「どうせダメに決まってる」

「ちょっとでも希望のある所を受けたい」


そう思ってなかなか面接を受けられなかった時、知り合いからこんな電話がありました。


「私の知ってる人のお店で人手が欲しいって言ってるんだけど、ちょっと受けてみる気ない?受けるなら話しといてあげるから」


って。これを聞いた私はこのままじゃどうしようもないし、これを逃したらまた何年もダメになりそうと思いました。


それに、全くの他人の所を受けるよりかは希望があるかな?と思ったので、受けるだけでも1つの経験になると思って面接を受けてみました。


そしたらあっさり受かったんですよ。


「○○さんの紹介なら大丈夫だよね、いつからこれる?」


ってホントあっさり。


一応、面接って事で志望動機とか過去の経験とか頭の中で整理して行ったのに拍子抜けでした。


私のクソみたいな過去を聞く事もなく、知り合いの信頼度だけで乗り切るという奇跡。


信頼って大事なんだなぁ・・・なんて思ったりしましたよ。


まぁそんな感じでバイトを人の紹介で受かった事があります。


自分1人じゃ踏み出せない、もうどうしようもないなら人を頼ったっていいんです。


「自分の力だけでどうにかしなきゃ、誰かに頼るなんて恥ずかしい」


みたいな感じもあるかもしれませんが、そんなのさっさと捨てちゃいましょう。


プライドも大事ですが、そんなチンケなプライドなんて一銭にもなりゃしません。


プライドを守って働けずにいるのと、プライドを捨てて仕事が見つかるのとではどっちがいいですか?


恥ずかしいのは働いてない事であって、助けを求める事じゃないんだよね。


人間、困ったら誰かの助けを借りたっていいんですから。


ニートだと一人孤独で誰もいないような感じだけど、周りをよく見たら誰かいませんか?


親、兄弟、親戚、友達、近所の知り合い、誰でもいいから助けを求めてみましょう。


長期間ニートをしてると自力でどうにかするのは本当に難しくなっています。


だったら誰かに助けて貰ったっていいじゃないですか。それは恥ずかしい事じゃありませんから。


1人孤独に悩んでいても答えなんてでませんから、頼れる人がいるなら頼ってみましょう。


バイトを紹介で受けるメリット

実は私、さっき書いた話以外にも友達に助けて貰ってバイトに受かった事もあります。


「俺の仕事先で全然人が来なくてメッチャバイト募集してるんだけど受けてみない?多分今なら受かるよ」


って言われてね。


誰でもいいから人手が欲しい状況だというのを知ったのでチャンスと思いました。


そして無事に受かるという奇跡。


それで友達のいるバイト先で働き始めた時、知り合いの紹介で受けるとけっこうメリットがあるなと思いました。


なので、知り合いの紹介で受けるのを躊躇している方のために、普通に面接を受けるよりお得な面があるのを紹介しようと思いました。


面接が比較的楽になる

先ほども書きましたが、知り合いの紹介となると、その人の信頼性が自分にもちょっと生きます。


「○○さんの知り合いなら変な人じゃないよね、経歴はちょっと空いてるけどまぁ大丈夫でしょ」


みたいにウルトラスーパークズニートという実態がちょっと薄れるんです。


普通に受けたら「ただのクズ」という印象になるのに、知り合いを通せば「まぁ普通の人」という印象になります。


これはけっこう大きいですよ。受け入れてもらえるってありがたい事ですから。


自分自身がダメ人間なら、ちゃんとした知り合いの力を借りて、まず受け入れてもらえる状況に持っていきましょう。


知り合いが居るからぼっちじゃない

普通はバイト先に入ったらぼっちからのスタートですよね。


これから新しい人間関係を構築しなければいけません。これに苦手意識のあるニートの方もいると思います。私もそうですし。


でも、知り合いがいると最初から話し相手がいるし、知り合いが職場の人を紹介してくれたりしてスムーズに最初のスタートを切る事ができます。


この気楽さはすごく大きいです。


初めて話す人も知り合いと一緒に雑談をしたりすると、間が空いてちょっと気まずい空気とかにならなくなりますから。


最初のキッカケの部分でつまづかないのはホント助かりました。友達に感謝です。


最初の孤独感が苦手な方は、知り合いのいるバイト先を受けてみるといいですよ。安心できますから。


知り合いに色々聞けるから気楽

すでにその仕事場での人間関係や仕事内容を知っている知り合いがいると、働く前に色々聞く事ができます。


最初はどういう仕事を任されるのか、どういった人がいるのか、独自のルール、とかね。


ある程度、先を見据えてバイト先に行けるってすっごく心強いですよ。大きなメリットです。


普通は、最初は何をするんだろう?どんな人がいるんだろう?どうすればいいんだろう?って不安がいっぱいですよね。


そういうのが軽減されるのはとても助かります。


それに、分からない事があったら気軽に知り合いに聞けるのでプレッシャーがあんまりないです。


まだ打ち解けてない時期の先輩とかに分からない事を聞くのってけっこう気を使うのでそういう面で楽でした。


たまに嫌な奴もいるじゃないですか。


「聞く前に考えろ」とか「教わるな、見て盗め」とか「それ前に教えただろ(教わってない)」とか言う人がね。


そういう先輩しかいないと仕事がやりずらいし、だんだん嫌になってくるんですよね。


こういうめんどくさい事がなかったのは大きなメリットでした。


バイトを紹介で受けるデメリット

知り合いの紹介で受けると良い面の方が多いんですが、当然、デメリットもあります。


知り合いの知り合いとの関係が続く

友達が働いている所を紹介されて、その職場で働くならいいんですが、ちょっとやっかいな例もあります。


それは知り合いの知り合いのお店で働く事になった場合です。


知り合いの知り合いって私から見たら他人ですからね。ここがちょっとやっかいな所だったりします。


知り合いの知り合いがちょっと変な人っていうか嫌な人だった場合、その人との関係を続けなきゃいけないのがめんどくさいです。


微妙に恩みたいなのもありますからなかなか切れませんし・・・


最初に紹介してもらったお店がまさにこの「知り合いの知り合いのお店」だったんですが、この人が中々のクズだったんです。


不倫しまくってるのを自慢してくるし、お金には汚いし、仕事はてきとうだし、典型的クズ人間だったんですよ。


何かさ、会うたびに憂鬱っていうか・・・バイトは受かったけど新たな問題勃発みたいな感じでしたね。


変な人との人間関係を築きたくなければ知り合いの知り合いの紹介は避けた方がいいかもしれません。


無難なのは友達の紹介ですね。これなら自分の知り合いなんで何の問題もありませんから。


辞める時にやめにくい

ニートにはけっこうある事かもしれませんが、やっぱ合わなくて辞めたくなる事があるかもしれません。


そういう時、ちょっと辞めにくいというのはあります。


自力で決めたバイト先なら責任は自分にしかありませんから比較的辞めやすいんですが、紹介の場合は知り合いの信頼度にも関わりますから。


私はした事がないんですが、バックレ癖のある人は要注意です。


あまりにもクズな事をしてしまうと紹介してくれた人の顔に泥を塗る事になりますからね。


紹介してもらうなら、それなりの責任があるというのは忘れない方がいいですね。




まぁこれらのデメリットは変な所に受かった場合のみのレアケースなので、バイトが決まるメリットに比べたら無いようなものですね。


たまたま私がついてなかっただけで、良い所に受かればデメリットはありません。


自分1人の力でどうしようもないなら、知り合いの紹介でバイトを決めるのはメリットの方が大きいです。


迷わず人に頼りましょう。


最後に

「自力じゃどうにもできない、もうダメかも・・・」


というニートの方、自分の力だけじゃどうにもできないなら誰かに頼りましょう。


親のコネだろうが、友達の紹介だろうが、仕事を見つけた奴の勝ちです。


そういう知り合いがいるというのは、あなたがこれまで生きてきて築いてきた立派な財産です。


それに頼ったっていいじゃないですか。


そういうのを持っているというのは運が良かったという事です。


ニートになって運も何もないと思うかもしれませんが、わずかな運に賭けてみるのも1つの手ですよ。


「誰かに頼るのは恥ずかしい事じゃない、何もしない方が恥ずかしい」


こう思えば人に頼るのも悪くないと思えませんか?


頼っちゃっていいんです。人に頼っちゃいけないなんてルールはないんですから。


自力で何とかしようとして何とかなってますか?


なってませんよね?


じゃあ誰かに頼りましょう。


このままじゃダメだと思ってるなら、今とはちょっと違う方向に動いてみるのも1つの手ですよ。


要は仕事さえ決まれば勝ちなんですから。結果が全てですから。


まぁこんな記事を書いている私が何もしてないので説得力がないですけどね。


知り合いの紹介って言ってもそんなにいっぱいはないんだよなぁ・・・


過去の2回で使い切っちゃった感がある。


あのチャンスを逃しちゃったのは痛かった・・・


もし1つでもコネや紹介があったなら奇跡と思って飛び込んでみましょう。


それを逃したらもうチャンスがない可能性がありますから。


わずかなチャンスを逃さないように頑張りましょう。