ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【将棋Flash】LV9の四間飛車への▲4六銀(左銀)戦法で3五歩を取らない変化でも穴があったので紹介します

前回、将棋FlashのLV9の穴をついた攻略法を紹介しました。


簡単に紹介すると下図の▲3五歩の仕掛けに△同歩と応じる確率が高くて簡単に作戦勝ちになるから対四間飛車には▲4六銀(左銀)戦法はオススメだよという記事です。



上図以下、△3五同歩▲同銀(下図)は棒銀の成功局面ですし、こうなれば勝ちやすいですよね。



それで、もう1つ、この歩を取らない変化からでも将棋Flashが悪手を指してこの局面になるパターンがあったのでそれも紹介しようと思いました。


今回は▲3五歩を取らず△7四歩と指した局面から始まります。(下図)



上図以下、▲3四歩△同銀▲3五歩△4三銀▲3七銀(下図)



と進めます。この手順は棒銀の立て直しとして定跡にもなっている手なので覚えておいて損はありません。


普通は3五歩を取ってくれないのでこんな感じに進みます。


で、3六に銀を立って4六歩をついて攻撃態勢を作っていくのが基本です。


そうなると先手の思い通りなので後手もちょっと工夫をしてきます。その手としてあるのがこちら。


△3四歩です。(下図)



将棋Flashもけっこうな確率でこの手を指してきます。この歩合わせは対応を間違えるとちょっとやっかいなので注意が必要です。


例えば、▲同歩と取ると△同銀▲3六銀△3五歩(下図)と銀をはじかれてしまいます。



なので取る手はないです。▲3六銀(下図)と銀を上がって攻めの体制を整えるのが良いです。



ここまでは互角の局面で特に問題はないんですが、将棋Flashはここで高確率で悪手を指します。


「なぜその手を指す?一番やっちゃいけない手じゃん」


っていう手です。それがこちら。


△3五歩です。(下図)



▲同銀と取って最初の局面と同じ棒銀成功の局面になります。(下図)



ここは△3五歩と取らず、△2二飛とかでまだまだ難しい将棋です。(下図)



▲3六銀と上がった時にすぐに△3五歩と取ってくれない事もありますが、焦らずに▲4六歩と様子を見ると次に取ってくれる事があります。


将棋Flashはなぜか自ら棒銀成功の▲3五銀の局面に進めてしまう事が多いんですよね。ちょっとアルゴリズムに問題があるのかもしれません。


まぁこっちとしては勝ちになるからいいんですけどね。


でもせっかく△3四歩の合わせという良い手を指しているんだからちょっと惜しい気もします。


1回棒銀成功の局面を避けてるんだから、この変化になった時はあからさまな悪手を指さないように改良されるといいかもしれません。


とりあえず2018年10月6日現在ではこういう悪手を指す確率が高めなので、将棋Flashが四間飛車に振った時は▲4六銀(左銀)戦法はオススメです。


LV9になかなか勝てない方はちょっと試してみてください。