ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ネットでは炎上させるより鎮火した方がダメージがデカいんじゃないかって思った話

ネット上には「何でそんな事してるの?」って言いたくなるようなおかしな人たちがいますよね。


震災などの大きな被害が起きた時、それとは無関係の地域に住んでいる人間はそれをネタにしてはしゃいだり、Twitterでのデマ情報や不謹慎な発言をしたり、YOUTUBEで犯罪行為を面白がって配信する輩とかがそれにあたります。


こういう人たちってやっぱり反応が欲しくてやってるのかな?って思うんですよ。


ネットが普及した事でちょっと色々な人と関われるようになり、どうでもいいその辺の凡人Aみたいな人の発言でも世の中に影響を与える事ができるような時代ですしね。


承認欲求がおかしな方向に爆発してるっていうかさ「俺を見て、俺を」感が強いって言うか・・・


そういった人達は何でもいいから反応される事に喜びを感じてるんだと思うんです。


「俺の発言がこんなに世間に影響を与えたんだぜ」


的な。かまってちゃんの究極バージョンにまで進化したうっとうしいヤツなので頭おかしいですから。


それでちょっと思ったんです。


こういう問題行動をしてる人はみんなでシカトした方がいいんじゃないかって。


ネットという色々な人と関われる世界なのに、1人ポツンと無人島に残されたような感覚にさせるのが面白いんじゃないかと。


絶対反応があるはずだと思ってやったのに無反応で誰からも相手にされなかったら肩透かしすぎて逆にヘコむんじゃないかなって。


ネットで一番辛いのは誰からも相手にされない事

ネット上で情報発信をしてる人にとって一番辛い事って誰からも相手にされない事だったりしませんか?


私はブログをやっているので誰にも相手にされない辛さって実感してるんですよ。


ブログを始めたての頃のアクセス0地獄で。


ブログって「色々な人に見て欲しい」「色々な人と関わりたい」みたいな感じでやりますよね?


そういう感じで誰かに向けて情報発信をしてるのに誰にも見てもらえず反応もない時期って超辛いじゃないですか。


ネットをやっている人はたくさんいるのに、誰1人として自分に気付いてくれないなんて・・・


これこそ無人島に1人ポツンと残された状態ですよ。誰にも届かない叫びを1人でずっとしてるようなものなんです。


メチャクチャさみしいんですよ。


「炎上でも何でもいいから反応が欲しい」


そんな感覚に陥る人もいるんじゃないかと思います。


つまり「ネットに情報発信をする」という事と「誰かから反応が欲しい」という要素は切り離せない事なんです。


じゃあその一番求めている要素を取り除いてやるのが一番のダメージになるんじゃないかと思います。


黙って去るのが効果的

問題発言を見つけたらそいつを追い詰めてやりたいとか黙っていられないという炎上脳の人はちょっと冷静になってください。


言い返したらそいつの思うツボなんです。喜んでしまいますから。


黙ってその場を去りましょう。


Twitterでフォローしてるなら黙ってフォロー解除、ブログや動画だったらもう二度と見に行かない、これが一番効果的なんです。


冷静に見たらちょっと面白くないですか?


Twitterで5万人くらいフォローされていた人が1つの発言をキッカケにフォロワー50人とかになったら・・・


月間10万PVはあったブログなのにその日を境にアクセスがどんどん減っていって1日10PVとかになったら・・・


メッチャさみしくない?


現状ではありえない事です、でもね、炎上させる事より鎮火するのが当たり前という世界になったらありえる話なんですよ。


1つの問題発言で今まで築いてきた全てを失う・・・こんな恐ろしい事があるのかって思いません?


変なヤツは完全無視をする世界、そういうのが常識になってくると、発言1つ1つに気をつけるちょっと平和なネット社会になるかもしれないんですよ。


今はちょっと暴走しすぎですしね。反応があるからこそ楽しくてやっちゃうのかもしれません。


みんなが冷静になり、変なヤツは相手にしないという現実社会と同じような感じにネットもなるとそういうのが減ると思います。


現実では嫌な奴って見切りを付けますよね?じゃあネットでもそうしませんか?


クソみたいなツイートや書き込み、動画投稿をした奴を相手にする必要はないんですよ。


黙って通報し、誰にも騒がれず、ただ静かに警察に捕まる・・・これだけでいいんです。


メディアもこんなのを相手にする必要はありませんしね。


最低限のメリットである注目されるという要素すら取り除かれたらやる意味0でしょ?やる人減るんじゃないかなぁ・・・


甘いかな?そういう人ってあんま考えてないから。


とりあえずこれからは相手にしない方向に進んでみるとちょっと面白い事になるんじゃないかなぁとは思います。


批判すると相手の為になる

反応せずに相手にしないというのにはこういうメリットもあります。


「自分のダメな所に気付けない」


っていうね。批判って相手のダメな所を指摘してあげる事になるので相手の為になるんですよ。


自分のダメな所に気付いてそれを直すチャンスを与えているようなものだからです。


つまり、ゴミカス野郎を批判するって事は、その人の為に親切にしてあげてるようなものなんです。


友達みたいに長く付き合っていきたい人になら「お前、こういうとこ変だからやめた方がいいよ」って言ってあげるのはいいんです。


それで直してくれたら今後、もっといい付き合いができるようになりますから。


それに、その友達が他の人の前でおかしな事をして嫌われるというリスクも回避してあげられますしね。その人の為になります。


でもね、ネット上で今後付き合っていくつもりもないゴミカス野郎相手にわざわざ注意してあげる事もないんですよ。


そういう奴は一生バカな事をやり続けてどんどん人が離れていく悲しい現実を味あわせてあげるのが一番なんです。


気が付いたら周りに誰もいない、誰も相手にしてくれない状態になっていたなんて最高の罰じゃないですか。


そういう奴は何でこうなったかも気付けないんですよ?超面白くない?


「批判は相手の為になるから嫌いな奴には何も言わずほっとくのがいい」


これはけっこう大事な事です。


こうすると、誰からも相手にされない寂しさと自分の悪い所を改善するチャンスすら訪れないというダブルパンチになります。


何か問題を起こしたら文句を言わずにいられない人はこういう要素もあるのを忘れず、シカトして放置する楽しさも知ってください。


誰からも相手にされないのが色んな意味で一番ダメージがあるというのを忘れないようにしましょう。


最後に

実はネット上ですぐ反応して炎上させてる人ってほんの数%しかいないらしいですね。


ほとんどの人はシカト路線で対応してるんだと思います。今回書いた事はすっごく当たり前な事でしたね。


一部の人がもうちょっと考えてくれると変な人が寂しい思いをして面白くなるんだけどなぁ・・・


ネット上の発言にすぐ反応して言い返してしまう人は1つだけ覚えて置いてください。


「ネットでは誰からも反応されないのが一番ダメージがある」


という事を。マジで超さみしいからね。だ~れも見てない聞いてないって恥ずかしくなってくるから。


記事を書いてもアクセスがないあの頃の地獄ったらもう、思い出したくない・・・超さみしかったよ。


まぁこのブログはけっこう病んだ記事が多いからさ、見捨てられる側のブログなんだけどね。


明日からアクセスが減ったら嫌だなぁ・・・泣くわ・・・


twitterやブログや動画は見てもらえて始めて価値が出てきますからね。


炎上に飽きて、静かに去られる鎮火ブームなんて来たらちょっと面白いんだけどなぁ・・・


あからさまな炎上発言をしてる人はみんなでシカトしましょう。そうすればいずれ平和なネット社会が訪れます。


小さなボヤに油を注いで炎上させるんじゃなく鎮火させる、1回これをみんなで守って欲しいです。


1度でもネットに情報発信をした事のある人ならこの辛さは分かりますよね。


あのすっごくさみしい感じをけっこうな人気者がいきなり味わう地獄、面白いじゃないですか。


問題発言をした奴はみんなでシカト、この方向に進んでくれたら良いなぁって思います。


そんな話でした。