ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ブログは1記事1記事が勝負、ゴミみたいな記事なら書かない方がマシ

けっこう厳しいタイトルですが、最近この言葉の意味を理解してきました。


「ブログにゴミ記事は必要ない、あっても害にしかならない」


っていうのをね。


ゴミ記事っていうのは、ブログのテーマとかターゲットを無視したよく分からない記事とか検索エンジンに載らないようなしょうもない記事の事です。


要はGoogleからの評価が低い記事ですね。


ブログ初心者の頃はこういった記事を書きがちかと思います。記事の書き方なんてよくわかりませんしね。


でもそういった初心者に記事を書くなって言ってるわけじゃないですよ。


初心者の内はとにかく書く事が大切ですから。書いている内に気付く事もありますし、自然と上達していきますしね。


最初にできてしまったゴミ記事はいわば糧です。後にちゃんとした記事を書けるようになるためのね。


こういった記事は成長した後でリライトしたり、削除したりすればいいだけなので問題ではありません。


なので初心者の内はまず記事を書きましょう。数をこなすのが大切です。


問題なのはある程度ちゃんとした記事を書けるようになってきた時期に書きがちなゴミ記事の事です。


ブログに慣れてきた人も今から言うような感じでゴミ記事を書いた事ってありませんか?


更新に焦ってゴミ記事を書く

ブログをやってると更新頻度はけっこう重要な要素ですよね。


一度ついた読者を離さないためには定期的な更新が大切ですから。


でもこれといって書く事がないのに更新する事ばかり焦ってしまい、とりあえず今日あった出来事とかてきとうな話とか書いた事ってありません?


ブログのテーマとはかけ離れたターゲット無視のゴミ記事を。


こういうのは更新する事に気をとられすぎて大事な事を見失ったパターンの典型なんで書かない方がいいですよ。


読者が求めていない事を書いてしまうと読者も「?」ってなってしまい離れていってしまうかもしれませんから。


更新頻度も大切ですが、記事の質の方がもっと大切です。


更新する事に焦ってゴミ記事を生み出してしまうとマイナス要素しかないのでちゃんとテーマやターゲットが決まっているブログの場合は書かない方がマシです。


てきとうな記事を書きたくなってゴミ記事を書く

ブログをやっていて文章を書く楽しさに目覚めてくるとたまに雑な文章を書き殴りたくなる事ってありません?


ストレスを吐き出すためにガーっと文章を打ちまくりてぇみたいな。


私はけっこうあるんですよね。でもねそういうのって真面目なブログでやるのはあんまりよくないんですよ。


私の初めてのブログはちょっと色々やりすぎてメチャクチャになりましたからね。


だから愚痴とか吐き出すためにこの「ダメ人間ブログ」を立ち上げました。


テーマやターゲットが決まっているブログで雑な記事を書いてしまうと完全に無駄なゴミ記事になるのでやめましょう。


こういう風に雑な文章を吐き出すブログを1つ立ち上げてそっちでやった方がいいですよ。それはそれで楽しいですから。


雑な文章を書きたくなったらそれ専用のブログで書く、それを守ればOKです。雑に書く文章って楽しいですしね。


テーマがあって真面目にやっているブログでやってしまうと読者が引きます、絶対にやめましょう。


ブログは全ての記事が読者にとって「はじめましての記事」になる可能性がある

真面目にやっているブログでこういったゴミ記事を書いてしまうと新規読者を逃してしまう可能性があります。


ブログと言うのは基本的にトップページにアクセスされるものじゃありません。検索したワードがどれかの記事に引っ掛かって初めて人が訪れます。


全ての記事が誰かにとってそのブログとの最初の出会いになる「はじめましての記事」になる可能性があるんです。


という事は、たまたま雑に書いた記事が初めてのアクセスになる可能性もあるという事です。


もし雑に書いたゴミ記事が誰かにとって「はじめましての記事」になってしまったら・・・


終わりですね、他の記事を読もうとも思いませんし、もうリピートはしません。


つまらないし役に立たない雑でしょうもないブログという印象しか残りませんから・・・


ただでさえブログのリピーターになる人ってそんなにいないのにその可能性をより下げるなんて損しかありません。


せっかくここまで積み上げてきたのにそれを自ら破壊するようなものですから・・・


真面目にブログをやってるなら雑な記事は書かないようにしましょう。


ゴミ記事はブログの評価を下げる

ゴミ記事があるとよくないのにはもう1つ明確な理由があります。


それは「ブログの評価を下げてしまう」というマイナス要素があるからです。


Googleの評価に関わってくるんですが、Googleは1記事1記事の評価だけじゃなくブログ全体も評価の対象にしてるらしいんです。


つまり、有益な記事ばかりが詰まったブログと言うのは「有益な情報群」としてブログの評価自体が上がります。


それなのにゴミ記事を量産してしまうと「なんだこのブログ?クソじゃん?ゴミブログじゃん?」という評価になってしまうんです。


検索順位に大きく響きますよ。


せっかくちゃんとした記事も書いているのに、ゴミ記事の存在がそれらの評価を邪魔してブログの評価を下げてしまう原因になってしまいます。


なのでゴミ記事は書かない、そして最初の頃に書いてしまったゴミ記事は削除した方がいいんです。


最初の頃の稚拙な記事ってちょっと残しておきたいような思い入れもあるかもしれません。


でも、結局その記事ってアクセスも無くて誰も見てないゴミ記事だったりしますよね。


そういった記事があると足を引っ張られてしまってブログ自体の検索順位が下がってしまうので削除してしまった方がいいんです。


それか今の文章力で改めてリライトするとかね。


当時の文章力ではゴミだった記事も、今なら有益な記事に変える事もできたりしますしね。その辺は各自で判断してやってください。


とりあえず言えるのは「ブログにゴミ記事は無い方がいい」という事。


これはGoogleの評価を意識するなら守った方がいい絶対条件です。


仮に500記事書いたとしても、最初の頃に書いた150記事くらいがゴミ記事なんだとしたら無い方がいいのは明白です。


記事数が減ってしまってもったいないのはすごく分かります。でも今後のブログの事を考えるならリライトするか削除してしまった方が無難です。


ブログという部屋のゴミを掃除する感覚ですね。ゴミは無い方がいいじゃないですか。


ゴミがないキレイな部屋なら人を安心して招く事ができますよね。そういう感じでブログもゴミ記事がない堂々と見せられるブログを目指しましょう。


真面目に書いてもゴミ記事になってしまう記事もある

更新に焦って書いたよく分からない記事や雑に書き殴った記事の他にもゴミ記事になってしまう記事があります。


それはGoogleに評価されなかった記事です。


真面目に書いたけど全然読まれない記事ってありますよね?検索上位に上がってこなくて読まれてない記事とか。


こういったGoogleから評価の低い記事というのもブログの評価を下げてしまうゴミ記事になる可能性があるのでちょっと注意です。


まぁゴミ記事とはちょっと違うかもしれませんが、必要のない記事という面ではゴミ記事かもしれません。


誰にでもこういった記事はあるのでアナリティクスでちょっとチェックしてみましょう。


アナリティクスでブログを始めた時から現在までの日を指定してどの記事が読まれているのか、どの記事が読まれていないのかを見るといいです。


「行動」 > 「概要」 > 「ページタイトル」 > 「レポート全体を見る」


で、どの記事がよく読まれているか見られますから。


半年以上ブログをやっているのに10回も読まれていない記事とかありますよね?全然読まれてない記事がけっこうあると思います。


それがGoogleからの評価が低い記事です。それか誰も検索してない可能性がある記事です。


上位に表示される事がない記事、誰も検索してない記事、つまり誰にも読まれない記事、こういうのはいらないですよね。明確なゴミ記事です。


意外と良い記事が眠ってる可能性もあるので、とりあえずリライトからしてみるといいんじゃないかと思います。改善すれば読まれる可能性はありますから。


改めて読み返して「リライトしようがない、ゴミだ、いらない」って思ったら削除するのもアリですけどね。


ブログのアクセスを集めてる記事ってほんの数記事だけで、どんな人でもゴミ記事ってありますから一度見直してみるといいですよ。


「あ、この記事って全然見られてないんだ・・・どこが悪いんだろ・・・」


って改めて改善する余地が生まれますから。ちゃんと書けたつもりでも読まれてない記事もありますからよく見てみましょう。


読まれてない記事と言うのはGoogleに評価されず上位に表示されてないんですから、それにはそれなりの理由があります。


・情報が古い
・タイトルがダメ
・狙った検索ワードが悪い
・上位にいる他の記事と比べて質が低い


とか・・・色々ね。


ダメな部分を見つけて改善すれば蘇るかもしれませんのでちょっと見直してみるといいですよ。


最後に

ゴミ記事を書くとブログにとってデメリットしかありません。


・読者が離れる
・Googleの評価が下がる


これってブログにとってかなり致命傷ですよね。


テーマを決めてターゲットを絞って真面目にやっているブログならなおさら。


このブログも最初は愚痴とかを吐き出す自由なブログとして始めたんだけど最近ちょっとニートブログとして定着してるから迷ってるんだよね。


ニートが集まってくるブログになったから読者が求めているのはニート記事なんだけど、ゴミ記事になる事も書きたい欲求がある・・・


ただ、それをやりすぎるとブログの評価が下がっちゃうかもしれないんだよなぁ・・・どうしよ・・・


ニート記事で上位表示されてるのが下がっちゃったら嫌なのはあるんだよね。


ニートの愚痴はそのままニート記事になるからいいんだけど他のどうでもいいのはゴミ記事になっちゃう・・・


てきとうに始めたはずなのにテーマができちゃうとギクシャクするよね。


愚痴吐き場として作ったブログだから自由にやるけどニートブログとしてちょっと評価されたい欲求が出てきちゃったからなぁ・・・困ったな・・・


ちょっと愚痴っちゃいました。真面目な記事に愚痴を混ぜるってダメだよね。


真面目なブログをやっている方はたまに変な文章を書きたくなっても書かないように注意しましょう。ゴミになるんで。


雑な愚痴吐き場みたいなブログを1つ作るのはオススメですよ。そっちはそっちで面白くなるかもしれませんから。


とりあえず、ゴミ記事はブログにとって害にしかならないので要注意です。


「ブログは1記事1記事が勝負、ゴミみたいな記事なら書かない方がマシ」


これを頭に入れてちゃんとブログをやれば問題ないです。


Googleに評価を下げられる明らかなゴミ記事だけは書かないように気をつけましょう。