ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

Googleの意思1つで生きるか死ぬかが決まるネット業界って怖くない?

Googleの検索結果の影響で自分の運営しているブログやサイトのアクセスが左右された事ってありませんか?


ある日を境にアクセスが激減して困ったとか、なぜか急にアクセスが増えて順調になったとか・・・


後者なら良い影響なので何も問題はありませんよね。


問題なのは前者です。これね、実際に体験した人は少ないから実感がないと思うけどありえる話なんですよ。


私も自分が体験するまでは「そんなんあるの?」程度の認識でした。


急にアクセスが落ちるなんて、いくらなんでもそんな事はないよね?って感じ。


でもね、実際に体験すると血の気が引きましたよ。


影響を受けたのは私が初めて立ち上げたブログでした。


この1年3ヶ月やってきた別ブログが今はホント死んでるんです。


なんでこんな事になったのか、単にブログが面白くなかったという理由だけではなくGoogleの方針変更があったからです。


2017年12月に行われたグーグルによる「医療、健康関連の検索結果に関するアルゴリズムの変更」の影響でした。


一般人の書いた記事よりも、より専門的な人が書いた記事の方を優先的に上位表示させるようになったんです。


この影響をモロに受けました。


変更後、今まで1位~5位くらいにあった記事が一気に圏外へ・・・それはもういきなり・・・一瞬で落ちました。


ホントに専門家の書いた専門的な記事以外は相手にされず一気に下がりましたからね。


まぁアルゴリズム変更前から1日30人~50人の少ないブログだったけどさ、今はもう1日5人来るかどうかまで落ちてます。


それまでは少ないとはいえ右肩上がりにゆっくり上がってきてたのにさ・・・


1年以上も運営しているのに1日5人って・・・悲しいでしょ?やってられないでしょ?


Googleの検索結果の上位に表示されないとこんなにも違うんですね・・・3ページ目や圏外にいったら終わりだというのがよく分かりました。


もう完全に死んでますからね。


そしてGoogleが「一般人の記事も前みたいに上位表示する」とアルゴリズム変更をしない限り死んだままです。


私のような趣味でやってる弱小ブログならただ寂しいだけで実生活にいうほどの影響はありませんけどね。


ただ、世の中的にはこの影響で人生に影響を受けた人もいたみたいなんです。


Googleの影響で人生を左右された人もいる

Googleのアルゴリズム変更で人生に影響を受けた人、それはネットで稼いでいた人達です。


特に健康関連のアフィリエイト記事で稼いでいた人たちは軒並み順位が急落して稼げなくなったという情報を見ました。


今まで上位を陣取っていたのにそれが圏外にいったらそりゃアクセスがなくなって稼げませんよね。


Twitterでも健康関連の記事を書いていたライターさんが首を切られたなんて情報が出ていましたし・・・


もうGoogleが医療、健康に関する一般人の記事は上位に表示しないと明確に決めた事でライターさんの記事も見られる事がなくなったからしょうがないのかもしれませんが・・・


いくら優秀な記事を書いてもらおうと上位に上がってこない、じゃあ稼げないんだからライターを雇う必要がない、これ以上やっても意味がない、こんな感じだったんじゃないでしょうか。


せっかく順調にやっていたのにGoogleの意思1つの影響で首を切られるなんて・・・ネット業界っていうのは恐ろしい世界ですね。


ライターじゃなくても個人でアフィリエイトをやっていた方達もかなりのピンチに陥ったみたいです。


アフィリエイトで収益を出していた記事から全然稼げなくなったとか・・・


これはショックですよね。


アフィリエイトで稼ぎ頭になる記事っていっぱい書いた中の数記事だけだったりするじゃないですか。その内の戦力だった1記事が死んだとなると絶望ですよね。


この医療、健康系のジャンルでアフィリエイトをしていた人にとっては死活問題だったみたいです。 


ホントGoogleは恐ろしい・・・


グーグルの気持ち一つ次第で人生を左右させられる人がいるというのがもう怖い・・・


今のあなたのブログもいつアルゴリズム変更があって地獄に落ちるか分かりませんよ。


Googleが今の現状よりもっと良い方向にいこうと判断した時、順位が急落するのはあなたのブログかもしれないんですから・・・


色々なジャンルに手を出しておく方がいい?

私はこのアルゴリズム変更が起きる2ヶ月前にこのダメ人間ブログを何となく立ち上げたんですが、今となってはすごく良かったと思っています。


このブログを立ち上げてなかったら自分のたった1つのブログが死んだ事でブログをやめていたかもしれません。


でも、たまたま立ち上げたこっちのブログはアルゴリズム変更の影響を受けないジャンルだったので順調にアクセスが伸びて楽しめてますしね。


あの時、何となく別ジャンルで好き勝手書こうと思ってブログを立ち上げてホントよかったです。良い偶然です。


虫の知らせっていうのかな・・・こうなるのを察知してたんじゃないかと思えるファインプレーでした。


もしブログで稼いでいるなら1つに絞ってやるのも大事だけど、違うジャンルにも稼げるブログを作っておくのも大事かもしれません。


1つ死んだら終わりだと怖いですからね。それが自分の生活に直結するならなおさら・・・


まぁほとんどの人は実感が無いので危機感を持てというのは無理な話かもしれませんが、いざ自分の身に降りかかると絶望感がハンパないですから気を引き締めた方がいいですよ。


いきなり死にますから


Googleの気持ち1つで操られているというのを忘れない方がいいです。


1つのジャンルだけでやっているとそれが死んだ時に取り返しが付かなくなるので色々やっておくといいのかもしれませんね。


どんなジャンルも危ない、油断は禁物

こんな事を書いているけど、このブログでメインに読まれているネガティブなニート記事だっていつ下がるか分からないんですよね。


死にたい系の記事がこのブログの生命線なんですが、Googleがそういうネガティブな記事は悪影響だから下位に落とすと決定したら終わるわけですから。


死にたい記事より、死にたい人を救う記事の方がどちらかと言えば有益ですからなくはない話ですよね。


今、順調に上位表示される記事を量産できている方も、もしGoogleがちょっと方向性を変えたら一気に沈む可能性があるので油断は禁物ですよ。


明日にもまだ上位にいる保障なんてどこにもないんですから


最後に

Googleのちょっとした変更でその後の流れが決まるネットの世界ってホント恐ろしいですよね。


生き延びるためにはGoogleの動向を常に読まなければいけないんで大変な世界だと思います。


っていうかさ、Googleの思い通りになっていくネットの世界ってヤバイよね。


もしかしたら今もGoogleに操られてるのかもしれないし・・・


Googleが検索結果の上位に表示する情報しか目に入らない人もいるよね、これが良い情報なんだと思ってね。


でもこれって実は危険なのかもしれないよ?


あくまで今上位にある記事はGoogleの判断による優秀な記事なんだよね。本当に良い記事だって保障はないのに・・


要はGoogleが多くの人に読ませたい記事って事。


奥深くに沈んでる下位の記事にだってGoogleの評価は低かったけど実は上位より有益な情報があるかもしれないのに・・・ 


まぁ今のGoogleは優秀だからそんなに変な記事を上位にすることはないんだろうけどさ、でもちょっと怖い面もあるよね。


少なくともGoogleの望む方向に操られてる可能性がなくもないんだから。


Googleでの検索に頼りっきりの現代人は知らず知らずの内にグーグルに操られてるんじゃないかなぁ・・・


上位だから良い、下位だから悪い、と鵜呑みにせずに自分の判断で冷静に記事を見た方がいいのかもしれませんね。