ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

死にたくても死ねないニートは小さな楽しみを1つ2つ持ってみると良い

30代職歴なし死にたいけど死ねないのでとりあえず生きてるニートです。こんにちは。


ニート生活も長くなってくると何となく「死にたいなぁ・・・」なんて思ったりしますよね。


ちなみに私はそうです。このブログを読んで貰えると分かると思いますが、そんな死にたい感情が記事として溢れています。


なので「死にたい」とか「自殺」とか「楽に死ねる」みたいなワードで引っ掛かってこのブログに辿り着いた方もいるかと思います。そういった方は仲間ですね。死にたい仲間。


死を意識して検索するって事はけっこう気持ちが病んできている証拠なのでアレですけど・・・


何となく溜まった負の感情をそういったワードで愚痴ついでに吐き出した記事なんですが、このブログで一番読まれているのはこの「死」関連の記事だったりします。あんまり良い傾向とは言えませんけどね・・・


でも世の中には似たようなネガティブ思考のニートがけっこういるなぁなんてちょっと嬉しく思ったりしました。辛い仲間がいるというのはちょっとした救いにもなりますから。


ただ、死にたい死にたいって死ぬ事について書いているけど、別に死ぬ事を推奨しているわけではないんです。


別に「ニートは生きててもしょうがないからみんな一緒に死のうぜ」的な事は言ってないんです。


「死にたいよね、でも死ねないよね」っていう死にたくても死ねない悩みを吐き出してるだけで、決して死ぬ事をオススメしているわけじゃありません。


ただの愚痴ですから、そこだけは分かって下さい。「この先の人生、もうどうしようもないけどどうしよう・・・」って悩んでる答えが「死ぬしかないんじゃね?」ってなってるだけですから。


でも本当に死ぬ勇気はないんですよね・・・まぁニートならこうなりがちってだけで、あんまり深い意味はありませんから軽く受け止めてください。


死ぬのをダメとも止めたいとも思ってはないよ

死にたいけど死ねない?じゃあ生きるしかないって事だけど、生きてる方が良い派?とか、死ぬのは反対なの?って思う方もいるかもしれませんが、別にそうでもありません。


死ぬ事を推奨しているわけじゃないんですが、別に死ぬ事を止めたりとかダメだとか言うつもりもないんです。


「去るもの追わず」みたいに「死ぬもの止めず」って感じですから。


そもそも本気で死にたい人を止めるって事はかなり重い責任がのしかかってくる行為ですからね。


要はその人が生きていけるように助けてあげる必要があるって事だから。救えないなら余計な事はしてはいけないんです。


無責任に軽々しく「死ぬのは良くない」とか「生きてりゃ良い事あるよ」とか言う奴がいますけど、こういう奴らは嫌いです。


多分、本当に苦しんだ事がなくて死にたい人の気持ちが全然分かって人達だからです。


キレイ事を言うのは簡単なんですよね。いじめはダメとか自殺は良くないとか。正論を言う事ほど楽で物事を考えなくていい行為はないですから。


簡単に言うけど、じゃあその悩みを抱えている人達の問題をお前は解決できるのか?何か1つでも救えるのか?って聞くと、それができる人はいません。


悩んでいる人なら分かると思いますが、自分の悩みを解決してくれる人や本気で向き合ってくれる人なんてこの世にいた事ありませんよね?


キレイ事は言うけどそれだけの人ばっかりでしたよね?


結局、偉そうに言うだけでその言葉の重さを理解していない人ばかりなんです。これが良くない。


何もできないんなら関わるなって話、相手にとって何の解決にもならない無駄な事をしてるのに自己満足で優越感に浸ってるだけのクソ行為だからです。


だから私は別に死にたい人を止めたりもできませんし、自殺を否定する事もしません。その人を救えないからです。


無責任に一時の優しさで助けようとするのは良いようでそうでもない事だったりするんですよね。中途半端に傷つけるだけになるから。


死にたい人に「生きよう」って言ったのに、その人が辛くて死にたい現状を解決しないで生きる事だけ強制するのは辛いだけで無責任だしね。


助けるならその人をちゃんと楽にしてあげられる事、問題を解決してあげる事、ちゃんと救ってあげられる気持ちがあり、それができる場合のみにしてください。


それができないならただの余計なお世話、余計に傷をえぐる行為になってしまいます。


なので、本気で死にたい人に対してただ単に「死ぬのは良くない」とか「生きた方がいい」とか言うのはやめましょう。無責任に関わってはいけない問題ですから。


死ねずに生きるしかないニートに1つの提案

本気で死にたい人に対してどうこう言うつもりはないんですが、中途半端に死にたいけど死ねなくて生きなきゃいけないニートの人っていっぱいいますよね?


まぁ私もその1人なんですが、ずっと辛いまま生きるのってそろそろ嫌になってきたりしません?


死にたい人にどうこう言うなとか、救えないなら余計な事するなって言っておきながらこんな話を書くのもアレなんですが、死ねなくて結局生きていかなきゃいけない事に気付いた人にならちょっとくらい言ってもいいかなぁって思いまして・・・


死にたい人を止めるって訳じゃないし、死ぬのを否定する訳じゃなくて、生きていかなきゃいけないんならこうした方が良くない?っていう提案です。


生きる人向けの話ね。


どうせ生きなきゃいけないんならちょっとくらい楽しくてもいいんじゃないかって思うんですよ。どうせなら楽しく生きたいって思いません?


まぁその楽しく生きるための一番の解決法は社会に出て普通の社会人になる事だったりしますけどね。


そりゃニートだって普通の社会人になって、普通にお金を稼いで、普通に食事をして、普通に遊んで、普通に貯金もして、将来に希望を持って生きたいって思ってますよね。


でも、そうなるにはもう無理な厳しい現実があって死にたい感が出てきちゃうんだよね。簡単にこうなれるんなら苦労しない。


でも死ねない以上、どんなに辛くても生きなきゃいけない。そして現実の絶望感に落ち込んで暗い気持ちになるしかない負のループの繰り返し・・・


このパターンだったりしますよね?


でもずっと塞ぎ込んでてもアレだからちょっとだけ前向きになれる小さな楽しみを持っておくといいんじゃないかと思ったんです。


まぁあんまり何かをやる気になれないってのも分かりますけど、ずっと凹んでても辛いじゃないですか。ちょっと楽しみがないと。まだ死ねないんですから。


なので根本の解決にはならないけど、ちょっと生きてる事に楽しみを持つって言うのは悪い事じゃないよね?って思うんです。


本当に小さな事でいいからちょっとした楽しみを1つか2つ持っておくと、ちょこっとだけ前向きになるって言うか明るくなれますよ。まぁ一瞬だけどね。


生きるしかないんならずっと暗くて辛いよりはマシ。「死ねない、でもどうしようもない」って思ってずっと凹んでるより、小さな事でも楽しみがあるって大事だと思います。


それに本当に小さな幸せでいいんです。この瞬間だけは楽しみって感じの。


例えば、私で言えば「ピザポテトを食べながらライフガードを飲む事」です。


何それ?って思いました?それに何の意味があるの?って気がしました?


私は美味しい物を食べている時に幸せを感じてちょっとマイナスな事を忘れる事ができるんですが、それがこのピザポテトとライフガードなんです。


このひとときだけは幸せってなります。ちょっと延命中っていうかさ、ずっと暗くいると参っちゃうから少し気持ちが軽くなるように回復しとく感じ。


そのまま暗くなって死ぬ事を決心できるならいいんだけど、そこまで暗くならない中途半端な落ち込みだからさ・・・


あとは趣味をちょっとやるとかね。私なら将棋です。


ニコ生でタイトル戦を見るとか、最近は棋譜並べにハマってて、それをやってる瞬間だけはワクワクしてたりします。


こういうのってけっこう大事なんじゃないかなぁ・・・ほら、ニート期間中ってそんなにワクワクする事ってないじゃないですか、ネガティブ一直線で。


こういうのを持っておくと落ち込んでどうしようもなくなってきた時に逃げ場所っていうか生きがいみたいになって少し救われます。


死にたくてもどうせ死ねないんだからずっと落ち込んで苦しいよりは、ちょっとは楽しむ方向に向かって少し前向きになってもいいんじゃないかと思います。


ニート生活って基本的に生きがいってないじゃないですか、だから死にたいって言うかさ・・・でも死ねないっていう矛盾を抱えてるわけで・・・


だったら1つ楽しみでも持って楽になったらいいんじゃないかなぁって思って・・・死ねずに苦しいままじゃさ、やってられないでしょ?


いや、死ねるんならやらなくていいよ、でも死ねないじゃん?じゃあ生きるしかないんだから、ちょっと前向きになっても損はないよね。


これをやってれば楽しい、幸せって思える事があると、惰性で生きている中でもちょっと良い感じになるからさ。ちょっとやってみてください。


最後に

本気で死にたい人は救えないんで基本的にノータッチなんですが、結局死ねずに生きるしかない事に気付いたけど先が見えず落ち込んでる人ならちょっと触れてもいいかな?って思ったんでこんな話を書いてみました。


まぁ死にたいのには変わりないから最初の話と矛盾してるかもしれないけどね。やっぱこれも中途半端な行為かもしれないね。余計に傷をエグっちゃったかもしんない。


でも死ねない以上、生きるしかないわけじゃないですか。だったらちょっとくらい前向きになる瞬間があってもいいんじゃないかなぁって思ってさ。


多分、どうせ、ずっと死に踏み切ることはできないんだと思うし・・・


だったら楽しみの1つや2つ持って、少しだけ生きることに前向きになっても悪くないじゃないですか。どうせ生きるしか道はないんだから。


まぁこれでダメならある意味、覚悟が決まるかもしれないよね。あ、もう楽しみも何も無い、生きる意味が本当にないや、じゃあ本気で死のうかな・・・って。


それはそれでアリです。ある意味、方向は違うけど一歩進めたって気がしないでもないですし。


要は、どっちに進んでいいか分からない状態なのが「死にたいけど死ねないニート」なんだと思うんですよ。


そこにちょっと道しるべっていうか、方向性を決める何かを加えてあげるといいんじゃないかって思って・・・


一応、どちらかと言えば生きるしか道がない状況なんで生きる方向に1つの方向性を与えてみて、どうなるかって感じ。


生きるか死ぬかのどっちかに向かって行動する事が1歩踏み出す事になりますしね。それでできそうな方にいければいいかなぁって。


「生きてていいかも」って思えたら生きればいいし「やっぱもう無理、死のう」って思ったらそれでもいいし。


何か書いててよく分からなくなってきたな・・・最初は死にたくても死ねない以上、生きるしかないんだからちょっと前向きに生きてみるのもアリかもよって言いたかった気がするんだけど・・・


前半にまた余計な無駄話を書いたから話のつじつまが合わなくなって困ってる感じ・・・やらかした・・・


まぁとりあえず、死ねないんなら死ねないなりに何かした方がいいよって事。ずっと何もしないで落ち込んでいるよりはマシですから。


私はちょっと楽しみがあるプラスに進むのがオススメです。ずっとどうにもできない悩みを抱えて暗くなってるのって辛いですからね・・・


なのでちょこっと前向きに行動してみて、それでどうにもならなかったらまた方向性を考えて決断すればいいんじゃないかなぁって思います。


死ねない以上、生きなきゃいけないんだから、ちょっとは楽しい時間を持つのもいいもんですよ。