ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

安楽死を簡単に認めると犯罪が増える?

30代職歴なし安楽死をそろそろ認めて欲しいニートです。こんにちは。


最近、何もやる気が起きない感じが頂点を超え、ずっと寝ていたい願望に襲われています。


朝起きるのが憂鬱すぎてたまらないんですよ。もう起きる事すらめんどくさい、このままずっと眠っていたい、もう何もしたくない・・・って感じです。


布団から出るのに時間がかかる、体が重い、超めんどくさい。


眠りから覚めたくない感じが前よりも大きくなってるんだよなぁ・・・起きても希望が無いからさ・・・


毎晩眠る時によく思います、眠ってるうちに病死しないかなぁって。要はもう楽になりたいんです。何かする気力がないんです。


まともな社会人がどんどん遠のいていく・・・


こういう精神状態の時によく頭をよぎるのが「安楽死」という言葉です。


そうだ、死ねば楽になるじゃん?でも死ぬのは辛い、なら楽に死ねる方法で死ねばいいじゃん、って考えになるので安楽死が思い付くんだと思います。


生きるのがめんどくさい重い気持ちの時に「死ねば全て解決する」って思うとちょっと気持ちが軽くなるっていうかさ、楽になる方法はなくはない感じに救われたりします。


あとはそっちに勇気を出すだけって。


まぁ現実問題死ねないんだけどね。でもこの苦痛から逃げる方法が無くは無いというのが小さな救いです。


死ぬのが苦しくなかったらなぁ・・・もうとっくの昔に死んでたんだけどなぁ・・・


今は生きてるっていうかほど生きてないっていうかさ、無駄な延命をしてるっていうかさ、何の為に毎日過ごしてんの?って感じでさ・・・


死ぬのが最善な感じって何なんだろう?って感じなんだよね。


でも死ねない、死んだ方がいいのに死ねない、この矛盾、じゃあもう安楽死させてくれよって感じです。


でも安楽死自体は日本では認められていないのでこういう時にするのはネットで安楽死を検索する事くらいです。


何で検索するんだろうね?無意味なのに。困った時はネットに頼る現代のネット依存な感じが伝わるよね。何の問題解決にもならないのに。


安楽死を検索すると、同意する人がけっこういたりします。特に「ニートは安楽死させる代わりに臓器提供して死ねばいい」って意見はけっこう見ます。同意です。


世間ではけっこう安楽死に賛成しているような気がしないでもないです。安楽死に同意している事を求めて検索しているからそう見えるだけかもしれませんけどね。


そんな中、安楽死に反対する意見を見つけました。「安楽死を認めると犯罪が増えるんじゃないか」っていうちょっと興味のある意見を。


言われてみれば分からなくもないなって思いました。死を簡単にすると辛さからの解放が簡単になるからね。


人は死ぬのが一番辛いからそれよりは辛くない事を耐えられるのかもしれませんし・・・


安楽死賛成だったんですが、こういうマイナス意見を聞くと簡単には認めちゃいけないのかもしれないなぁって気がします。


安楽死を認めると犯罪が増える?

基本的に死ぬ時ってメッチャ苦しかったり、メッチャ痛かったり、メッチャ辛かったりしますよね?


だからみんな死を恐れて死から遠のくように一生懸命生きるんだと思います。でも安楽死を認めてその「死=辛い」という前提を取っ払うと死のハードルが下がりますよね。


「死=楽になる」って。


こうなると罰を受けるよりは死んだ方が楽という今とは逆の状態になり、犯罪をしたらそれ相応の償いが待っているからやらないというブレーキがなくなる事になります。


要は「もうどうでもいいから最後にやりたい事やって死んでやろう」という感覚になる人が現れ、そのやりたい事が犯罪行為だったとしてもやりやすくなるという感じです。


捕まる前に死んでしまえば長い懲役生活を送る事もなく辛い思いをしなくて済みますからね。


皆さんもこういう思いってありません?捕まらないなら○してやりたい奴がいるとか、思い切って賭けに出てダメなら死にたいみたいな感じ。


安楽死が病院で簡単にできる社会になるとこういうのが可能になりますよね。死ぬ前にやりたい事をやりやすくなるので。


別に犯罪じゃなくても、最後に全財産をギャンブルに注ぎ込んで成功すれば生きる、失敗したら死ぬ、そんな賭けに出たいって思いません?


私はけっこう思います。今も死にたい願望があるんですが、死にたい理由ってお金が無いからというのが大半を占めていたりしますから、どうせ死ぬなら最後にギャンブルに全財産を注ぎ込んでみたいなぁって。


ニートの悩みって仕事が決まらない事じゃなくて、お金が無い事なんですよね。働かなきゃいけないのはお金が無いからであって、お金があったらその働くという縛りから解放されて楽になれるわけですから。


でも、まだ本気で死ぬ気になってないからギャンブルに全財産を注ぎ込む勇気がないんです。


安楽死が身近な社会になったら多分やってます。全財産を持って何かのギャンブルに賭けて成功したら生きる、失敗したら死ぬの最後の勝負を・・・


働きたくて働いている人ってそういないと思うんで、楽に死ねるようになったらこういう人ってけっこう出てくると思うんだけどなぁ・・・


まともな社会人でも働く辛さから「もう死んで楽になりたい」って思ってる人もいません?ニートとは真逆だけど結論は一緒な感じ。


働いている人も目的は結局はお金ですよね?お金があったら働きませんよね?仕事が楽しいとかやりがいがあるなんて10億円を目の前にしたらほとんどの人は消え去ると思うんですよ。


「あ、働く事を正当化するために思い込んでいただけだった」って。


意外と世の中って普通に生きているように見えて死にたい人ってけっこういるんじゃないかと思います。落ちぶれただけが死にたい理由ってわけでもないんじゃないかと。


逆に働いたストレスでおかしくなった人の方が犯罪とかの思い切った行動にでやすかったりするんじゃないかって気がしないでもないです。


そういう死にたがりや犯罪予備軍のみんなで安楽死法案を成立させるために団結すると面白いんじゃないかなぁって思います。


そうすると辛い現実から簡単に逃げられるようになるし、最後の賭けもしやすくなりますよ。まぁ犯罪が増えるのは困りますけどね。


と言っても、安楽死が認められてもこういう事があるから気軽にいつでも簡単に死ねるようにはならないんでしょうね。


「誰でもその場で気軽に安楽死」が理想なんだけど、治らない病気の人のみとか条件が加えられてさ・・・


死にたい人を死なせてあげる優しさも認めてくれるといいんだけどさ・・・死ぬ前に犯罪に走られやすくなるから無理なんだろうなぁ・・・


最後に

死を簡単で楽な事にすると意外とデメリットがあるのかもしれませんね。


もしかしたら自分が誰かにとっての「死ぬ前に○してやりたい奴」かもしれませんし。こういう犯罪に巻き込まれるのは嫌。


死は人間にとって最も遠い存在にしておくのが平和でいられる条件なのかもしれません。


でも、安楽死を簡単にできるようにして、働くのが嫌でギャンブルとかに最後の賭けに出て成功する人と失敗する人を見てみたい気がしなくもない。


意外と人間って「楽に死ねるなら死んでもいい」って人が多いんじゃないかなぁって思うんだけど・・・


私も迷わずその1人に入るしね。死ぬのが苦しくて怖いから死なないだけで、怖くなきゃあっという間に踏み込めるし。


死にたい人ってどれくらいいるのかなぁ・・・ちょっと知りたいんだよなぁ・・・


みんな普通に生きてるけど、本音はどんな感じなの?って。死にたい仲間が欲しいニートならではの感覚かもしれません。


それにしても最近の無気力ぶりは本当にヤバイ領域にまで達してきたなぁ・・・


ブログ書くのもだるくなってきたし、好きな事すら続かないなんて末期って言っても間違いじゃない気がする・・・


死にたい願望が強くなってきたしなぁ・・・楽に死ぬってのが条件だけどね・・・安楽死、認めてくれないかなぁ・・・