ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

某事件のせいで自殺サイトが使いづらくなった感じってない?

30代職歴なし最後の頼りは自殺サイトかもしれないニートです。こんにちは。


なんかさ、地味に病気も治らないし、今さら社会に出るのも怖いし、仕事も決まりそうもないし、っていうかそもそも探してもないんだけど、明るい未来が見えないなぁって思うんです。


頑張りゃいいのは分かってるんですけど「どうせ無理」感が強すぎるんだよね・・・ニート歴10年を超えるとさ・・・もう30代だしね・・・


社会復帰するには遅すぎた年齢な気もします。要は希望が微塵も見出せないんですよ。


そうなるとさ・・・


もう死ぬしかないんじゃね?


って感じがしますよね。


まぁその通りなんですけどね。


このブログでずっと言ってますけど、楽に死ねるなら死にたいんです。楽ならね。


死ぬのって絶対苦しいじゃん?人生の苦痛も耐えられないニートが自殺する苦痛に耐えられるのかって疑問もあるんです。


途中で「やっぱ無理」ってなりそう。それで中途半端な後遺症が残ってより最悪になって戻ってきそうでさ・・・


「もう死んで楽になりたいなぁ」と思いつつも「覚悟」という言葉の重さを痛感します。


「死ぬ気になればなんでもできる」とか「死ぬ気でやってみろよ死なないから」みたいな名言風の言葉ってありますけど、死にたい人間って究極の後ろ向きなんで前は向いてないんですよ。


何かをやろうと思う気持ちが無いから死にたいっていうか「なんでもいいから楽になりたい」っていうどうしようもない状態なんです。


要は何もしたくないって状態です。無になりたいみたいな。


仕事が決まったとしても働くのも苦痛、今のまま生きるのも苦痛、死ぬのも苦痛、超わがままでもう何もできない感じ。


生きる事も死ぬ事もできない中途半端な存在、それが私というニートです。


生きたいか死にたいかを天秤にかけると、ついこの間は生きたかったけど、今はどっちかと言えば死にたい寄りです。もう終わりにしたいんで。


気持ちもゆらゆらと揺れ動いて定まらなくて困ってます・・・ずっと迷ってます。


でも死んだら全て終わって楽になれるんじゃないかって感じはあるんだよね・・・


じゃあ死ぬのに踏み切るにはどうすればいいのか・・・今はそんな事を考えるようになっています。


そこで1つの選択肢に「自殺サイト」を利用するというのが浮かんできます。


1人だとイマイチ行動に移せない、だったら同じ気持ちの誰かの力を借りて一緒にやれば逝けるんじゃないかって。


自殺サイトで約束し、現地で出会ったら、もう「死」しか選択肢はないですからね。怖くなっても1人じゃないから思い切れるかも・・・


とか考えるんですけど、最近、ちょっと不安があるんです。


自殺サイトの利用者に変な奴増えてない?って。


自殺サイトでの理想の自殺

自殺サイトって見た事も使った事もないんで、私が思う自殺サイトの想像なんですけどちょっと聞いて下さい。


自殺道具は持ってるけど1人じゃ自殺に踏み切れない人をキッカケに、単に死にたいけど道具と場所がない人、誰かとなら死ねそうな人達が集まる感じかな?って思ってます。


それぞれの利が合致して自殺準備を整えるみたいな。


「道具なら任せてください、車も出せますし場所も提供できるし、ロープも練炭も睡眠薬も手に入ります」っていう道具係を中心に人が集う感じ。


そしていざ集合したらとりあえず身の上話とかするのかな?


「なんで死のうと思ったんですか?」みたいな。


「実は、これこれこういうわけでもう生きる希望がなくて・・・。あなたは?」


「私はこういう理由でもう人生に絶望しちゃって・・・」


「お互い辛かったですね、でも今日で最後ですし、1人じゃ無理でしたが一緒に逝ってくれるなら少しは気が楽になります」


「これで楽になれますね」


「じゃあとりあえず練炭と睡眠薬でいいですか?部屋で死ぬならコレがベストだと思います」


みたいな会話をして最後の覚悟を決める感じかな?これだともう逃げ場もないしあきらめて逝けそう。


似たような辛さを抱えた人が集まって、絶望を分かち合って、一緒に死ぬ、これが自殺サイトの理想系かなぁ・・・って思ってます。


実際はどんな感じがよく分からないんですけどね・・・


自殺サイト利用者のレビューとかあればいいんですけど、ありえないですからね・・・もれなく死んじゃうから書きようがないし・・・


とりあえず、辛いもの同士が出会って、お互いの気持ちを理解して一緒に死ぬのが自殺サイトなのかな?って感じです。


ここで重要なのは「どうせ死にたい奴なんだから命を弄んでもいいよな」という雑な扱いをしてはいけないという部分です。


死にたいけど、どうなってもいいってほど自分を捨て切れてないから自殺サイトを利用して覚悟を決めるんだと思いますし・・・


そう思った時、ちょっと前の事件をキッカケに愉快犯が増えたんじゃないかという不安があります。


某アパート9遺体の事件で模倣犯が増えない?

某アパート9遺体の事件ってありましたよね?


自殺サイトで出会ってその相手を単に殺したっていう私の理想の自殺サイトとは違う使い方をした事件。


このニュースを見てからさ、自殺サイトで一緒に死ぬ人募集とかしにくくなった感じってない?


絶対マネするサイコな野郎が出てくるじゃないですか。


死にたい奴を弄んで遊びのように殺してやろう、相手も死にたがってるんだから問題ないみたいな考えの奴がさ・・・


これが怖いんだよね・・・辛いもの同士が集まって一緒に死ぬのが自殺サイトじゃん?


自殺サイト利用者は、何でもいいから殺して欲しい、好きにしてくれって訳じゃないじゃん?まぁそういう人もいるかもしれませんが・・・


できればゴチャゴチャせずに安らかに逝きたいじゃないですか。


現に私はそうです。多分覚悟が決まらないけど誰かと一緒なら大丈夫かも・・・っていう最後の一押しをしてもらうために利用すると思います。


そんな気持ちで現地に集合したら相手はサイコパスで、こっちを殺す気満々でワクワクしてるとか最悪・・・


少しでも恐怖をやわらげるために利用したのに、最後にメチャクチャ怖くて痛い思いをして死ぬなんて意味がなさすぎる・・・


今までも自殺サイトを殺人目的で利用していた人はいたかもしれませんが、あの事件をキッカケにその数が増えたんじゃないかっていうのが不安です。


まだニュースになってないだけで絶対模倣犯がいるし・・・以前よりそういうのに遭遇する確率は上がってる気がするんだよなぁ・・・


だからちょっと自殺サイトの利用を躊躇してしまう現実があります。最後の頼みだったのにさ・・・


まぁ自殺サイトにアクセスすらした事ないんだけどね・・・


現状がどんな感じかサッパリ分からない上に、みんなの感想が聞けないから怖いよなぁ・・・


食べログみたいに「死にログ」みたいなのがあったらいいのに・・・


最後に

ニュースでやった事件は必ずマネをする奴が出てくる。


この現実があるから絶対自殺サイトも変なサイコ野郎の利用が増えたよなって不安が出てきます。


自分が利用した時にそんなのと遭遇したら怖いっていうのもあって自殺サイトの利用が怖くなってる現実があります。


まぁ利用しにくくなってるんなら良い傾向かもしれませんが・・・


当分は保留かなぁ・・・自殺サイトは・・・


そもそもコミュ障だから人と出会うってのが苦手で二の足を踏んでるのもあるしね。ダブルの障害でより利用しにくくなってる感はある。


このまま生き続けていく感じもイメージできないし、死ぬのも怖くてできないし、一体どうなるのかなぁって不安しかありません。


どっちかに思い切って踏み切れるといいんだけどね。


最終的には死ぬハードルと生きるハードルのどっちが高いかで決まりそう・・・


現状の口だけ自殺野郎の現状を見ると、ダラダラと生き続けるクズニート路線が濃厚かなぁ・・・


何か良い感じに楽な方法が見つかるといいんだけどね。生きるにしても死ぬにしても。


もう10年以上悩んでるけど、答えは出るのかなぁ・・・