ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

一般人には理解されない地味に苦しい病気の辛さを愚痴りたい

30代職歴なし地味な病気と1年半以上戦っているニートです。こんにちは。


私、病気なんですよ。すっごく地味な。


病名を聞いても「は?何それ?病気ってほどじゃなくない?」とか「そのくらいで甘えんなよ」とか「そんなに辛くないだろ」とか言われがちなんで病名自体は秘密なんですけどね。


どうせ理解されないんで・・・


私にとってはこれがキッカケでせっかく始めたバイトを辞めるくらい辛かったんですけどね・・・


病名を聞いたらおそらくあなたも「そのくらいで?」とか「ニートって根性無いな」とか「社会をなめてるな」って思うと思います。


この理解されない苦しみって辛いですよ。こっちはけっこう辛いのに平然と見下されますから・・・「その程度で休むの?」って。


男性で言う所の女性の生理の辛さが理解できない感じに近いかもしれません。私も男性なんで女性が生理で体育を休む辛さとか分かりませんでしたからね。


なってみないと分からない事ってあるので、理解できない人の気持ちも分からなくはないんです。


多分、自分も今まで誰かが苦しんでいる地味に辛い病気や症状を軽く見ていた現実はありますから。今となると冷たい人間だったな・・・って思います。


「人の気持ちになって考える」って教育とかでも簡単に言うけど、本当の意味でできてる人は世の中にそういません。


この病気になって痛感しました、人間の冷たさを・・・。人の気持ちになって考えるってすごく難しい事なんだと思います。


本当に辛さを理解するには自分がなる以外ないんだな・・・という現実がやっと分かった気がします。


まぁ世の中には自分がならなくてもヤバさが分かる病気もありますけどね。


何ていうか、病気にもランクってあるじゃないですか。軽いのから重いのまで。


大きく分ければ「命に別状があるタイプ」と「命に別状はないタイプ」の2種類が。


私の病気は命に別状は無い方なんで世間の目は冷たいです。社会的認識もあまりなく、そもそも病気とは思われてない感じで、そのくらいで休むなよって思われている病気です。


命に別状がある代表格のガンって聞けば「この人は生死の境をさまよっているのか」「命がけで治療をしているんだな」「休んで当然」って温かい目で見守ると思うんですよ。


でも、命に別状がないタイプの病気ってそんなに心配されません。2~3日休めば大丈夫だろ?程度の認識です。


これが辛い所なんです。命に別状がなくても長い戦いが必要な病気ってあるんですよ。生きながらにして辛い思いをし続ける苦しみっていうか・・・


まぁ理解されても病気自体がハンパないガンにはなりたくないですけどね。


理解されるけどメッチャ苦しむのと、理解されなくてそこそこ苦しむのとではどっちがいいのか・・・


後者かなぁ・・・やっぱ命が無事っていうのは大きいよね。こうなると軽めの病気はすぐ死なないんだから甘えるんじゃねぇって意見も一理あるかもしれない。


とはいっても、病気で辛い事に変わりはないんだから、大きな病気も小さな病気もどっちも理解される優しい社会にならないかなぁ・・・


病気の記憶って消えるようにできてるの?

病気の辛さが理解されないのって、なった事がない以外にも、病気になった人もその時の辛さを正確に思い出せないからってのがあるからかもしれません。


風邪とかでもそうですけど、その時は辛いのにいざ治ってしばらくすると辛さの記憶ってすごく薄いものになっていたりしません?


治ってみると辛かった事なんてスッキリサッパリ忘れませんか?


人が風邪になったのを見て辛いのは分かるけど、具体的な辛さまでは汲み取れないみたいな・・・


あれ?自分も風邪になって辛かった事あるのに人の風邪を見ても辛さが明確に伝わってこないな?ってなる事ありませんか?


もしかすると人間の脳自体が、本当に辛い病気の記憶をあえて感じないように消してしまうようにできているからかもしれません。


ずっと苦痛を忘れなかったら生きづらいですからね。


まぁ実際はどうなのか知りませんけど・・・健康になると病気の時の記憶ってほとんど忘れちゃうんでそうなんじゃないかって思っただけです。


余談でした。


病気で死ななくても死にたくなるほど辛い時がある

今でこそまあまあ安定してきた私の病気ですが、初期からピーク時の頃は死ぬほど辛かったんです。


というか、こんなに辛くても人間って死なないんだ・・・もう死んで楽になりたいのに・・・って感じでした。


体重が20kg落ち、食事もままならず、苦しくて眠る事もできず、毎日毎日体調が悪化していき、普通に過ごす事すら負担になるほど苦しい生活を半年送ってきた地獄って想像つきますか?


病気自体は命に別状はないんだけど、自ら命を絶ちたくなる願望が出てくるんですよ。辛すぎて死にたくなるんです。


人間の3大欲求の内の2つが満足にこなせないってすっごく辛いですよ。特に食事ね。ご飯が満足に食べられない生活って楽しみもなんもないのよ。


食事自体が辛くなる病気って精神的ダメージがでかいよ。基本からダメになっちゃうからね。


「もういい、生きてる意味ない、死にたい、死んで楽になりたい」


ってなってきます。現に私はそれくらい追い詰められていました。


部屋に丁度良い首吊り用の柱があったら吊っていたかもしれません。ロープをかける場所がなかったので救われたようなもんです。


外に出ていく元気もなかったですからね・・・


でも、楽になりたい願望は強かったです。その方向が間違ってますけどね。


「楽になる=死」という考えが出てきてしまうという事は、本当に追い詰められている状態なんだと思います。


ニートの今も「楽になる=死」が見えてきた辺り、ヤバイんだろうなぁ・・・


ニートとしても病気としても人生追い詰められてる現状って何?もう死んだ方がいいんじゃない?って思っちゃいます。


「あ、そうだ死のう、バイバイ、今までありがとう」って気軽に死ねたらどんなに楽か・・・


だから楽に死ぬ方法を・・・


となるとここに行き着くよね、安楽死。


安楽死をもっと軽く認める方向に。


長引く病気なら安楽死も視野に入れて欲しい

私はニートとして生きる現実が辛くて安楽死をしたいって思っているタイプなんですけど、今思えば病気で辛いんだからこっちで安楽死を認めてくれてもいいんじゃないかって思います。


いやさ、この病気って波があるのよ・・・楽な時期もあればある日急にダメになるみたいな・・・薬を飲んでるのにね・・・


このダメになった時が本当に辛いの。人生やめたくなるの。今日もそんな感じ。


なんで急にこんな記事を書いているのかというと、また病気が悪化したからなんです。


「せっかく最近まで安定してたのにまたかよ、もういい加減にしてくれよ、やってられねぇよ、あ~もう生きるのが嫌になってきた」


ってなっちゃったんです。だから愚痴りたくなっちゃって・・・


薬を飲んでも安定してるようでちょっと不安定な現実に嫌気が差してきてさ・・・何のための薬なんだよって。


「薬さえ飲んでいれば普通の生活は保障するよ」ってなってればまだマシなんですけど、これがそうもいかなくて・・・


さらに辛いのは、この病気の先輩達の事をネットで調べると、2年~10年治ってない人もいるっていう現実もあるんだよね。


要は治る人もいるけど治らない人はずっと治らないみたいな・・・


治ってもまた繰り返す人もいるみたいで完治って難しい病気みたいなんですよね・・・


1年半以上治ってない私はこの治らない路線に入りかけてるんですよ。嫌になる原因はコレなんです。


一生病気と付き合っていくなんて絶対嫌


まだ30代なんだよ・・・70代で病気になって死ぬまで薬を飲むとかなら、体にガタが来たんだと納得だけど、まだ30代だよ?


ちょっと勘弁してくれよ・・・まだ早いよ・・・だいたい前触れもなく急に襲ってきてそのまま1年半以上治らないってなんなんだよ。


辛いよ・・・もう嫌になってきたんだよ・・・


だからさ・・・安楽死を認めてくれないかな・・・


たまに思うんです。このままいつ悪化するか分からず、満足な生活を送れないまま生き続けるなら次に辛くなった時に苦しまず楽に死にたいって。


長い戦いになる病気にはいつでも楽になれる希望みたいなものも大事だと思うんです。


一生耐え続ける苦痛より、いつでもやめられる逃げ道があった方が気持ちが楽になる気がするんです。


悪化して辛い今なら安楽死しても後悔は無いです。


もういいかな・・・このまま辛いのを繰り返すくらいならここで終わりにして楽になっても・・・って思ってます。


もう長いの・・・長いのよ・・・精神的に限界が来てる感じがあるの・・・


1年半なんてまだまだこの病気界ではひよっこだけどさ・・・みんなどうやって耐えてるの?もう嫌にならないの?


まぁ安楽死が認められて無いんだから楽になりたくても楽になれないけどさ・・・


そろそろ安楽死法案を考えてもいい時期だと思うんだよね。望んでいる人ってけっこういない?


とりあえず病気の人限定でいいから考えてくれないかなぁ・・・


重い病気と長く続く地味な病気を対象に検討してください。


最後に

あ~辛い・・・気持ち悪い・・・飯が満足に食えない・・・体が落ち着かない・・・


もういい加減にしてくれって気持ちを吐き出したくて愚痴記事を書いてしまいました。


病気の人で似たような気持ちの人っていませんか?もう嫌・・・生きるのが辛い・・・みたいな。


そういう人たちで集まって安楽死法案への署名みたいなのをすると何十年後かには日本でも安楽死を認めてもらえるかもしれませんよね。


まぁ何十年もかかるんなら自分は恩恵を受けられないので無意味かもしれませんが、これから苦しみを味わう人たちのために改革をするっていうのも良い事かもしれません。


治る見込みの無い病気の場合は楽に逝かせてあげる


こういう優しさも大事なんじゃないかなぁって思いました。


地味に続く病気もさ、長く続くと辛いんです。全てが嫌になるんです。


そろそろ楽になりたいなぁって。


治るのが一番良いんだけどね、それが一番楽になる方法だから。


無理ならあきらめるから死なせてくれって感じ。


こんな風にすぐ死にたくなるのは悪い癖だよね。もうちょっと前向きにならないといけないよなぁ・・・


愚痴って吐き出したんだからスッキリして頑張ろうみたいなのが愚痴記事の理想なのにそうなってないのがヤバイ。何か吐き出し足りないんだろうか・・・


まぁ基本的に生きてて良い事ないからなぁ・・・しょうがないかな・・・


愚痴ったのにスッキリしない愚痴記事の失敗例ができました。


愚痴るなら愚痴るでもっとちゃんと自分と向き合う必要があるのかもしれません。


何か足りない・・・こういうのは良くないね。


残念。愚痴失敗。