ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニートになりやすい学生生活の特徴を、実際にニートになった私の学生生活を例にして書いてみた

30代職歴無し根がなまけ者なニートです。こんにちは。


前に「ニートになる人は子供の頃からニートになる才能がある」という話を聞いて、自分がドストライクに当てはまった記事を書きました。


ニートになるには大人になってから急になるって訳じゃなくて、はるか昔、子供の頃の奥底に眠っていた人間の持って生まれた才能みたいなものが影響してるというのを思い知った感じがあります。


その話を書いた後、他にも子供の頃からニートになりやすい素質みたいなものがあるんじゃないかって思ったんです。


というか、小学生時代の私にもう一つニートになる才能として思い当たる事があったんです。それを思い出しました。


さらに思い出すと、私の学生時代は活力が無くやる気のカケラもないニートの鏡みたいな学生生活だったなぁ・・・って思いました。


小学生、中学生、高校生とニートになるべくしてなる学生生活を送っていたのを痛感します。


これが単なる思い過ごしなら良いんですが、私はニート歴10年を超えるガチのニートです。思い過ごしではないよなぁ・・・って思うんです。


なので、今のまだ希望のある学生時代の方たちに、こういう学生生活はニートへの第一歩かもしれないよ?という警鐘を鳴らすために、ニートになった私が思い当たるニートになりやすい学生生活の事を書こうと思います。


ちょっとした事ですが、こういう事の積み重ねが行動力の無い無気力人間になるスタートだと思うので、今から書く話に当てはまった方はちょっと注意した方がいいかもしれません。


作られた真面目だった小学生時代

私は小学校4年生くらいまでは真面目で普通の生徒でした。


宿題や提出物はちゃんとやるし期限は守るし、授業中も騒いだりしないし、普段の生活も大人しい部類で迷惑をかけるような事はそうそうしない子供でした。


もともと引っ込み思案な部分があったので大人しい性格なのは当然だったと思います。ここは良いんです。


ニートって大人しかった人が多い印象ですが、大人しくても立派な大人になる人はいるので大人しいとか騒がしいとかでニートのなりやすさは関係ないと思います。


問題なのは真面目だったという部分です。


真面目の何が悪いのよ?真面目な奴は最低限ニートにはならないだろうよ?って思いますよね。多分、本当に真面目な人はそうだと思います。


でも真面目さにも2種類の真面目さがあると思うんです。


「本能的に真面目な人」「作られた真面目な人」の2種類です。


ちゃんとやるのは普通の事、真面目にやるのは当たり前、別に真面目なのは苦じゃないという人はOKです。


問題なのは、根が不真面目なのに怒られるのが嫌でとりあえずやるみたいな表向き真面目に見えるタイプです。私はこっちでした。


宿題とか提出物をちゃんとやるのは「やらないと教師に怒られるから」という理由だけでした。本当はやりたくないしめんどくさいと思っていたけれど仕方なくやっていました。


当時の先生がさ、クソめんどくさい人だったのよ。宿題を忘れると前に呼ばれて、みんなの前でやらなかった理由とか今後の反省点とか言わされる訳。


で、罰として教科書の角で頭をゴツンと叩かれる、これが地味に痛い。この忘れた理由を言うのと地味な体罰が嫌で仕方なく宿題をやっていただけでした。


子供の頃から根は不真面目な人間だったんです。


その証拠に、5年生になりメチャクチャ優しい女の先生になったら宿題なんてほぼやらなかったですからね。


「明日はやってこなきゃダメだよ」って言うだけで何の罰もない、子供が好きでキツく当たれない優しい先生でした。これが根が不真面目な私には心地よかったんです。


縛られるものは何もなくなった、めんどくさい事はやらなくても良くなったって解放された気分でしたからね。


怒られる事が無いという開放感が、押さえつけられていた不真面目な部分を一気に開放する事態になったんです。もう1年前とは別人です、スーパークズ小学生に早変わり。


この性格が今のニートのベースになる部分だと思います。根が不真面目なんです。やる気が全くないんです。厳しい何かに縛られないと行動もできないクズなんです。


こんな感じで、人の目を気にして真面目にしていた「作られた真面目」だった人はニートになりやすい子供だと思います。


解放された時、反動がやばいです。本来の押さえつけていた自分が爆発します。で、一度不真面目な自分が爆発するともう戻れません。


人間、一度だらけてしまうと真面目に戻るにはその何倍もの力が必要になるんですよ。そういうものなんです。


宿題や提出物は自分のためにやるのが本質じゃないですか。そういった本質に目を向けず、怒られるからやるみたいな他人の目を気にしてやっている人はニートになりやすいと思います。


今、真面目にやってるのは自分の意思じゃなく、周りの目を気にしてそうなってるだけという子は要注意ですよ。


相変わらず不真面目なのと団体行動嫌いな中学時代

中学時代も怖い教師の授業は真面目に、優しい教師の授業はてきとうにという根が不真面目路線を変わらず生活していました。


やりたい部活に入ってけっこう真面目にやっていたんですが、今思うと根の真面目さというよりも恐怖による真面目さが大きかったかもしれません。


部活とかも怖い先輩が卒業して自分の代が中心になったら休まず真面目に行っていたのにサボるようになりましたからね。怖いものに抑え付けられないと真面目にできないクズ人間でした。


あと、普通の人は楽しみなイベント、修学旅行みたいなのが嫌いってのがありました。


何ていうのかな、短期間とはいえ他人と共同生活するってのが苦痛で苦痛でしょうがなかったんです。一人部屋で過ごすのが何より落ち着く人間だったのがそうさせたのかもしれません。


もしかしたら、こういう修学旅行系のイベントによる共同生活が嫌だったり生活に変化があるのが苦手な人は、ひきこもり予備軍かもしれません。私がそうですから。


一人で過ごす落ち着ける時間が無いのは嫌、耐えられないみたいな人はちょっと注意した方がいいかもしれません。


サボりベースで何も参加せず、何もない高校時代

高校時代になり、不真面目さはより悪化していきました。


高校時代の授業って単位制になりますよね?授業ごとに出席をとる感じ。これを利用してサボるようになりました。


1単位につき1年間に6~7回休んでも大丈夫というのを知ったので、遅刻したり早退したりしてめんどくさい授業にはなるべく出なくなりました。


真面目に毎日出席するのが基本なのに、出席日数ギリギリでも卒業すればOKじゃん?みたいな感覚です。超ダメ人間ですよね。


サボりベースのクズニートダメ人間感覚がここで生まれました。「やりたくない事は極力やらない」これが高校時代から今に続くクズ思考です。


こんな感じでサボりがちな人は要注意ですよ。ニートへの第一歩を踏み出しています。


そして高校時代にもなると教師が怖くなくなってくるというのが災いしました。


いざ怒られて殴られても子供時代のように一方的にやられはしない、殴り返す事ができるという現実が私を真面目にさせる唯一の恐怖という部分を消してしまいました。


中学時代に体罰、暴力当たり前、ガタイがよく大声の威圧感もあり、機嫌をとらないとやっかいというヤバイくらい怖い先生がいたというのもあり、その先生以外の教師は全然怖くない状態になったのも大きかったと思います。


あと、高校生くらいになると、小学生の頃の教師が脅しで言っていた「やらないの?先生は強制しませんけど、これやらないと後で大変だよ?後悔するよ?」みたいな言葉も「嘘付けや、やんなくても影響ねぇよ」って感じになりません?


何か起こっても、けっこう自分の力で解決できるようになっているので大人の意見とか聞かなくてもよくなりますよね。


というか、この教師の脅し手法は子供の頃の物知らずで良い子ベースの心を利用する卑怯な手段だと思います。


不真面目でやる気がなく、めんどくさい事は何もしたくないという今のニート感のベースが出来上がった高校時代は、クラスのみんなでやる行事とかに参加しなくなりました。めんどくささが勝っちゃって。


体育祭とか文化祭とか実習授業とかね。「別にやらなくても今後の人生に影響ないよなぁ」みたいな気持ちでした。


でも、この感覚が今後の人生が堕落していく第一歩かもしれません。「やるべき時にやる」という基本感覚が欠けてしまうからです。


クラスのみんなで頑張るという状況で一緒に頑張れず「何でこんな事やってんの?めんどくせぇ」みたいな感じで参加しない感覚というのは普通の人とは違った感覚なんです。


要はダメ人間の感覚なんですね。普通の人はめんどくさいと思っても「みんな頑張ってるんだから自分だけやらない訳にはいかない」みたいになるみたいです。


これが私には無かった・・・。文化祭準備をやっている人を見て「無駄な事を頑張ってるなぁ・・・」くらいしか思ってませんでしたからね。


普段不真面目で授業も聞いてない不良たちが、実習とかイベントだけは出るみたいなのってありますよね?


この感覚が大事なんだと思います。楽しい事だけ参加するなんてずるいと思うかもしれませんが「みんながやる時にやる」という協調性がある人間は活力があるのでニートにはならないんだと思います。


「協調性の欠落」これが活力を失いニートになりやすくなるダメな生活習慣なのかもしれません。


そして決定的なニートになりやすい特徴は高校3年生の時のコレです。


「自分の将来の進路なのに真面目に取り組めない」


高校卒業と言うのは人生の大きな分岐点になりますよね?就職するか、大学、専門学校に行くか。ここからは人それぞれ人生の道のりが大きく変わります。


ずっと不真面目に生きてきた私は、自分の今後の進路なのに真面目に取り組む事ができなかったんです。


これは前に書いた「子供の頃から夢が無い子供はニートになる」に通ずるものがあると思います。高校3年生を迎えたのに、やりたい事、希望する進路が何一つ無かったんです。


求人票を見ても「これだ」って思うものはないし・・・勉強をしてこなかったので大学に行ける学力はないし・・・専門学校って言っても専門的に学びたい事はないし・・・


「とりあえず高校を卒業する」という最低ラインのみしか考えずにサボり続けてきた現実は、その最低ラインしか超えられない堕落しきった人生の末路しかないんです。


高校を卒業する事しかできないんです。その先の道なんて何も無いんです。これが本当にヤバイ。


学生生活と言うのは将来の道への下積みなんだというのをこの終盤に来てやっと気付きました。遅すぎます。


私がしてきた下積みは困難から逃げ続け何も耐えず逃げ続けてきただけだったんです。もう終わってますよね。ニートしかないです。


この基本であり当たり前の事実から目を背けた自分に全責任があります。


「学生生活は人生の下積み」


今、学生時代を送っている人たちはこの基本を忘れないようにしましょう。怠けているなら気持ちを切り替えて先を見据えて改善した方がいいですよ。


あなたという人間のベースができてしまうのが学生時代です。大人になっても感覚は高校生の頃がベースみたいな感じってありますから、この時期の感覚って大きいんです。


真面目だった人は真面目に、だらけきった人はだらける、そんなベースが出来上がります。要注意です。私みたいになりますよ。


最後に

ガチクズニートの私の学生時代から、ニートになりやすいと思う感覚や生活習慣を書き出してみました。


ここまでダメな学生生活を送った人はそういないとは思いますけどね。学年に2~3人いれば良い方だと思います。それくらいみんなは普通の学生生活を送っています。


でも、こんな感じで人生の方向を間違えている学生生活を送っている人がいましたら、一度ちょっと見直してみるといいですよ。


「人の目を気にして嘘の真面目だったかも」とか「あ、イベント嫌いだ、参加してないや」とか「基本的に授業をサボる事ばかり考えてるなぁ」という人、要注意です。


サボりがちだったり嫌な事から逃げる癖が付くと、本当に大事な時にも逃げるようになりますから。


この記事に検索からたどり着いた方は「自分はニート予備軍かな?」ってちょっと気になった人かもしれませんので、この記事にたどり着いた事がすでに警告になります。


普通の人はこの記事にたどり着きませんから。ニートの事なんて検索しませんから。


ちょっとこんな感じかも、こんな生活送ってるよ、でも嫌だ、ニートなんか、こんなヤツみたいなりたくないよ、これからどうすれば良いの?という方。


・将来のビジョンを明確に浮かべる
・宿題や課題は自分のためにやる
・集団でやる事はちゃんと参加する
・今の生活が後のベースになるから真面目に生活する


を守ればとりあえず良いと思います。


普通の事を普通にやるだけです。普通の事なのにそれができないというのが問題なんでしょうね。


学生時代は人生の土台となる下積みだというのを忘れないようにしましょう。しっかりした土台を作る事が学生生活の目的です。


土台がグラグラで不安定な私は不安定な人生を送っていますしね。


私を反面教師にしてこうならないように注意しましょう。