ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ニートの末路を語る情報がネット上にほぼない理由に納得した話

30代職歴なし毎日ダラダラネットしてるニートです。こんにちは。


ネットでニートの事を検索する事があります。


自分と同じような境遇の人はいないかな?30代でニート、できれば職歴なしという同じ絶望を抱えた人っていないかな?って。


「30代 職歴なし ニート」ってワードで検索するとちょっとだけ出てきます。ブログなんかも見つけました。


ただ、現在もニートで絶望的な人じゃなくて、何かしらバイトとかして働き始めた元30代職歴なしニートの方の情報の方が多い印象です。


30代職歴なしニートでも一応また働く事ができるんだなって思えるのは良いんですが、私が求めているのは逆で、どちらかといえば今も苦しんでいる人の情報が欲しかったりします。


要は、30代のニートは自分一人じゃないんだなっていうダメ人間仲間を見て、ちょっと安心したい気持ちがあるんです。ダメ人間の思考ですね。


自分だけじゃないから何だって気もしますけどね。お前がニートなのと他人がニートなのは何も関係ないだろ?って思ったりもします。それは分かってるんです。


でも、絶望的になると慰めが欲しい気持ちになるんですよ。苦しんでるのは自分だけじゃないって。


現に、励みになるのは派遣やバイトで働き始めたニートのブログよりも、ネットで稼いでギリギリ生きてる系のニートのブログの方だったりします。今はそっちの方が好きです。


社会に出てないけど、お金は稼げるんだというのが証明されたのが大きいです。私の理想はそっちですから。まぁ死ぬほど難しいですけどね。


そんな感じで30代職歴なしニートのブログを読んだりしてますが、唯一の欠点と言えば、読み続けてると気持ちが参ってくる所くらいかなぁ・・・


やっぱり、希望に満ちた事はあんまり書いてないんですよね。私のブログも一緒ですけど、どうしようもない現実が見えてきます。


現状が同じなだけにその絶望感の伝わり方が強いです。「あ~スゲー分かる、死にたくなるよね、でも死ねないよね」って感じ。


同じように苦しんでいる人が少しだけいるという事実にちょっと安心しつつ、結局ヘコむ。あれ?読まない方がいいのかな?いや、少しは安心したし読んでよかったよね?ってちょっと疑問も持ちますけどね。


身近にはいないけど、日本を探せば30代のニートはいるんだと少し救われます。まだギリギリ生きてられるんだって。


でも、ちょっと思いました。ネット上にはニートとして本当にダメになった人の情報を見ないなって。30代職歴なしニートとはいえ、まだ何とかなってる人はいます。その先がいないんです。


40代、50代までニートをずっと続けて、人生を後悔して、今の若いニートに危機を知らせる真の絶望ニートとかいてもいいのになって思ったんです。


でも、そんなニートの情報は極端に少なくなるよなぁって・・・


ニュース記事で40、50代ニートの悲惨な現実みたいなのはありますけど、その本人のブログとかは無い気がします。そういう人から言われた方が説得力があるのに。


でも、その謎が解けたニートのコピペを見つけました。すごく納得したのでそのコピペを紹介したいと思います。


ネット上にニートの末路を語る情報がない理由

まずはこのコピペを読んでください。

俺思うんだよ

ネットにはニートが溢れかえってるけどその末路について語ってる人は非常に少ない
実際問題ニートの末路がどのようなものであろうとおそらくネットなんて使えなくなるだろう

ニートの末路を実際に味わった者がお前らに警鐘をならそうにも手段は失われてる

だからネットにはまだ余裕のあるニートが溢れかえって
「他にもいるしまだ大丈夫だろう」という意識に囚われるのかもしれない

実際にはネット世界のニートは野良猫のように2.3年で入れ替わって多くが悲惨な末路を送ってるんじゃないか…

そんな気がしてならない


確かに・・・言われた通りな気がする・・・


今、私がネットを普通にできるのは、親がネット回線を契約しているおかげだし、部屋のネット回線を切られたりしてないからです。


食事もとれますし、風呂も入れる、寝る場所もちゃんとある、普通の生活を送るのに何不自由ない場所があります。


でも、ニートの末路っていうのは、そんな甘いものじゃないんですよね。ネットはおろか、住む所すら危うくなり、食事もままならなくなり、どうしようもない状態にまで落ちぶれるはずです。


ホームレスになるか自殺するのがニートの最悪の末路なんですよね・・・


そんな人が、どうやってネットで情報を公開するのかって話です。無理です。そんな余裕なんてどこにもない・・・


今の30代ニートのネットの情報も、10年後には違う30代ニートの情報に入れ替わり、その時点での30代ニートが検索して他にもいるんだって安心する・・・そんなループをたどっているのかもしれません。


10年前に30代ニートだった者は本当にどうしようもない40代ニートという状態になり、お金も無く、ネットを絶たれ、生活すらまともに送れなくなって本気で死を意識しているのかもしれません。


私はあと数年後、そうなっている可能性が高いです・・・バイトでもするか、奇跡的にネットでギリギリ生活できるだけのお金を稼ぐ手段を身につけていないとそうなります。


40代フリーターが私に残された最後の道かなぁ・・・正社員とかはなれなそうな気もするし、ネットでも稼げないと思うし・・・


もし40代フリーターになったら、ギリギリネットを繋ぐ生活をして、その時代のニートの若者に警鐘をならす側になろうかな・・・20代の内に頑張れよって。


ってこれは今でもできる事だよね。40、50代のニートがネットにいないって事は30代の私が最後のニートって事になりますからね。ちょっと警鐘を鳴らしておこうかな。


20代のニートの皆さん、今が頑張り時ですよ、正社員を受けても希望があるのは今です、5年後、10年後をニートで迎えたら終わりです。私みたいな絶望の塊になっちゃうよ。


まぁ伝わらないとは思うけどね。自分が20代の頃、今が頑張り時って言われても頑張れなかったから・・・


25歳とか今思えば若く思えるけど、当時は「もう遅い、25なんて終わってる」って投げやりになってたからね。30代の今、25歳に戻れたらもうちょっと余裕を持って正社員やバイトの面接を受けられるのになぁ・・・


「後悔先に立たず」ってうまい言葉だよね。


20歳の頃は25歳までなら何とかなる、25歳になったら30歳までなら何とかなる、30歳になると35までは何とかなる、とか思っていつまでも逃げてるのがニートです。


でも、その先はどうなる?35以上になったらどうなるの?もう40までは大丈夫とはならないよね?35ですら遅いのに・・・


つまり、ニートの本当のタイムリミットはもっとずっと前、25歳くらいなんじゃないかって思ったりします。職歴なしで30になると分かるけど、もうダメだよ。


ギリギリフリーターにはなれたけど、そこから正社員にいける気はしなかったなぁ・・・職歴ないから面接も怖かったしね。


20代を正社員で頑張ってきて一度挫けた職歴がある30代と、バイトだけで基本ニート生活を送っていた職歴が無い30代とではシチューとゲロくらいの差があるよね。


前者は採用する側から見てもまだ使えそうな気がするけど、後者はゲロなんだからいらないよね。ただ汚いだけの害悪ですから。


そのゲロが自分ってのがなぁ・・・。職歴がある人がうらやましい、20代前半で頑張らなかった自分が情けない・・・そんな事を今さら後悔したりしてます。


最後に

ネット上にニートの末路がない理由がニートコピペを見て納得した話を書いてみました。


前の記事でも書いたけど、ニートに「ニートの現状を書いたコピペ」は良い刺激になるよ。危機感が薄れてきたニートはもう一度、絶望という闇に叩き落される感覚を味わうと良いと思う。


ニートの末路がネットに存在しない理由を見て、ちょっと危機感が戻った人もいませんか?


私に残された時間はあと2年あれば良い方なんだなって思いましたよ。いや、すでに終わってるのかもしれませんけどね。


ニートで迎えた40代、50代はネットなんてできるわけないという当たり前に気付いていなかった辺り、ダメですよね。


今のこの実家で暮らすだらしない生活がまだ続けられる、そんな感覚があるんだと思います。明日追い出されてもおかしくないのに・・・


追い出されたらどうしよう・・・まずはネカフェ生活かな・・・お金が尽きる前にバイトでも何でも見つけないといけないけど、もう住所がないんだよね。どうしよう・・・


その前に面接を受ける度胸が出るのか・・・本当にヤバくなればいけるかな・・・。面接ってホント怖いよ・・・中身スッカスカだから恥ずかしいしさ・・・


やっぱロープを買って、目立たない所で首吊りかな・・・首吊るロープの縛り方とかもネットを見ないと分からないのに、ネットに繋ぐ事ができなくなってるんだよなぁ・・・


ニートの未来は絶望しかないですね。最低限フリーターにでもなってれば追い出されずに済むかな・・・


30代職歴なしニートの方がこの記事を見ていたらドンピシャの人です。私みたいにダラダラ生活してるなら一度コピペを見て絶望を味わってみてはいかがでしょうか?


ホント良い刺激になりますから。ニートでいる余裕の気持ちは一度0になると思います。オススメです。


現状の絶望感を理解して明日からの、いや、今からどうするかを考え直すのもいいものですよ。