ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ブロガーって過去に陰キャだったりして闇を抱えた人が多い?

みなさんは学生時代ってどんな感じでした?


スクールカースト上位にいたヤンキー?特徴のない普通ランク?最下層の暗い陰キャ?


最近思ったんですけど、そこそこ人気で本格的にブログをやってる人ってスクールカースト上位だった人って少ないですよね?


私が見てるブログがたまたまそういう人中心になってしまってるだけかもしれませんが、学生時代いじめられていたとか、不登校だったとか、元ニートだったり現役ニートだったり、現在仕事を辞めてひきこもりとか、そういう暗い過去を持った人が多い気がします。


ここまで酷くなくても、学校では大人しい方で教室で絵を描いているのが好きだったとか、文科系の部活の方が向いていたような人とか・・・


これはただの偶然かな?たまたまそれなりの人気ブロガーと言われる人のブログを見に行ったら、過去が大人しかったり暗い人が多かったんだけど・・・


あ、多かったってのは語弊がありますね、私が見たブログって数人でした。そういう割合が多いって感じですね。


私はどっちかと言えばそっち側の大人しい人間ですから、こういった人のブログが好きだったりします。同じ暗い過去を背負った者として何か分かる部分があるんで・・・


スクールカースト上位の人のSNSって、楽しそうな写真に一言添えているだけのツイッターみたいなのが多い気がします。不満が無いから長文で吐き出す必要がない感じ。


というかリアルの楽しい生活の時間が充実しすぎてブログとかやってる時間なんてないんだろうなぁ・・・


時間をかけずに最短でリア充感をSNSで表現してる結果が、楽しそうな写真に一言添えるだけという結果になってるんだと思います。ツイッターで充分な感じ。


趣味のブログで自分の考えを2000字以上もある記事にする人って、外で遊んでるより部屋で一人で過ごす時間が多くて、元陰キャのちょっと大人しめの人が多いのかな?って気がします。勝手な予想です。


現に私はそうです、学生時代は陰キャでしたし、今ニートですし、な上に、溜まったものや思った事を吐き出したい欲求みたなのがあってこんなブログをやっています。


学生時代にクラスの決め事とかで自分の意見を言う事がなく「自己主張って何?」みたいな生活を送っていたせいか、色々溜まっていたのを今になってブログという形で吐き出しているんだと思います。


こういうブログを見ると自分の意見をいう場を手に入れた陰キャの怖さみたいなのを見せ付けられた感じがしません?黙ってた分、溜まってたんだなぁって。


この意見を聞いてブロガーはそんな奴ばかりじゃねぇよと思った全国のブロガーの皆さん、ごめんなさい。


ブロガーを馬鹿にしてるわけじゃないんです。何か闇を抱えた人が多いな~って思っただけです。


たまたま類は友を呼ぶって感じで、私が見ているブログがそういう人ばかりだったのかもしれないですね。


まぁ明るいから良い、大人しいから悪いって訳じゃないですから、気を悪くした方がいましたら謝ります、ごめんなさい。


記事を読んでいると昔は陰キャだったけど、今は楽しく人生を送ってるみたいなんで過去を克服した別に何の問題もない人だと思いますしね。


大人しかった人の方が面白い発想を生み出す事が多いとかもいいますし、気を悪くしないで下さい。面白い芸人さんも昔は暗かった人が多かったって言いますしね。


ブログでは饒舌な自分が恥ずかしくなる時ってない?

私は高校時代、暗い陰キャでした。「クラスで一番大人しい、いや、暗い奴って誰?」ってアンケートをとったら満場一致で私って書かれるくらいの。


普段は自分の机で寝たフリをしていたし、クラスでも仲のいい3人の友達としか話をせず、クラスの他の人って顔を見ても分からないくらい関わりを持っていませんでしたから。


学生時代、クラスという場でしゃべる事がほぼ無かった私ですが、ブログではこんなにダラダラと自分のしょうもない考えを書いているんだから違和感ですよね。


大人しいと思ってた人と仲良くなって話してみたら、メッチャしゃべってきて「意外としゃべるなコイツ・・・」ってちょっと引いた時のような感じに近い気がする。


親戚の集まりとかでもほとんど発言しないのに、別ブログで親戚の集まりへの不満を爆発させた記事とか書いた事もあったしなぁ・・・闇が深いよね。


普段はしゃべらないのに、ブログでだけ自分の考えを書いている自分がちょっと情けなかったり恥ずかしかったりします。


やっぱり現実世界で自分の意見を言わない、しゃべらないっていうのは溜まってるんだなぁってのが分かる。


でも、現実だと明るく気さくな人みたいにしゃべれないんだよなぁ・・・


元バイト先でも「あ、はい」とか「そうですね」みたいな陰キャ特有の一言みたいな事しか言えなかったしね。気心の知れない他人にはいつもこうなってしまいます。


ブログの時みたいにしゃべればいいのにね。できないんだよね、根が暗いから・・・明るい自分って恥ずかしい気がしちゃうんだよなぁ・・・悲しいなぁ・・・


元陰キャのブロガーの人もこんな感じありません?「ブログではスゲーしゃべるよな、現実ではしゃべらないのに」って。


オフ会なんて絶対行けない、恥ずかしいし、しゃべれないってタイプのブロガーなら分かって貰える感じかなって思います。


ブログでは饒舌な自分が恥ずかしい時ってありませんか?読み返してみるとこんなに溜まってたのかってなる感じ。


まぁ吐き出した分スッキリする面もあるので、メリットっちゃメリットですけどね。


陰キャで溜まってる私みたいな人はブログと言う吐き出せる場がある事に感謝を忘れてはいけませんね。


大人しい奴って実は怖い思想を持っているかもしれない

陰キャつながりでもう一つ。クラスで大人しい奴ほど怖いって聞いたことありません?


自分の意見を言わずに従うから良い奴な感じもあるかもしれませんが、その裏ではものすごい負の感情を抱いているかもしれません。


このブログのような陰キャのブログを見ると分かると思いますが、溜まっています。本当は言いたかった文句を言えずに流されている現実に・・・


頭の中では何を考えているか分かりませんよ。分かりやすく暴力という行為で吐き出す不良の方が安心感があったりしませんか?


不良の場合は不満の出し方が暴力で済んでいますが、陰キャはそのさらに上の残虐な行為に発展しているかもしれません。


頭の中で、あいつ○したい、いつか○してやりたい、なんて思ってるかもしれません。


まぁ私の身近にいたんですよ。大人しくて目立たない部類だった同級生で事件をを起こした人が。まぁ卒業後でしたし関わりがなかったんでニュースで知りましたけどね。


あれは引いたな~、え?あいつが?マジで?あんな弱そうなのに?人を○したの?え?ひ弱なのに○せたの?って。


ずっと溜まってたものが爆発したんでしょうね、溜めに溜めて限界を超えるまで溜め続けて爆発した時がそういう結果だったって事ですね。噴火した富士山みたい。


よく「ケンカするほど仲が良い」って言いますけど、あれって溜めずに軽い内にケンカして発散できるから深い因縁とかにならずに済んでるって事だと思うんですよ。


小さな不満の内に文句を言って小さくケンカして解決しておく事が、人間関係を長く続けるコツなのかな?って。


夫婦生活とかも夫への小さな不満を溜めに溜めて爆発していきなり離婚ってするよりは、小出しにして小さくケンカしていった方が良いような気もしますしね。


結婚した事ないからよく分かりませんけど・・・現実だと良いにくいとかもあるのかなぁ・・・


あまり溜めすぎると一気に爆発するので適度に吐き出してる方が安心感がありませんか?良い感じに吐き出してるのが大事な事だと思います。


話がそれました、要するに感情や言葉を表に出さない人っていうのは何考えてるか分かりませんし、溜めに溜めてますから爆発すると怖いですよって話です。


ブログで吐き出せてる私はけっこうスッキリしてますし、もしかしたら不満が溜まってる陰キャほどブログって向いているのかもしれませんね。


不満が溜まってる陰キャのみなさん、ブログで吐き出してみません?ちょっとスッキリしますし、そこから面白い何かが生まれるかもしれませんよ。


ブログの良い所は、ノートに書く日記と違って、世界中の誰かに見てもらえるので、誰かに話した感じっぽくなる所です。もしかしたらコメントなんか貰えるかもしれません。


自分の中だけで吐き出したのとはちょっと違った感覚になるのでオススメですよ。


最後に

リア充で過去が明るいブロガーってあんまり見ないなって思ったので、こんな話を書いてみました。


リア充って大人しく頭で考える事で成立する事ってあまりやらないようなイメージです。将棋とか囲碁にハマるイケメンリア充って少ないですよね。


けっこうちゃんと記事を書くブログって将棋とか囲碁寄りなのかな?って思ったりします。しっかり考えてそれをまとめる訳ですから。


「今日から沖縄旅行です。(海の写真)超楽しい。沖縄サイコー」みたいな何も考えなくていい記事の場合はリア充っぽいです。楽しい感情をそのまま書くだけで。


沖縄旅行の「オススメポイント」「安くてオススメのホテル」「オススメの観光スポットの情報」「オススメの料理、レストラン」など、キッチリ有益な記事として書き上げる人って、ちょっと大人しくて真面目な人が多い気がします。


リア充のイメージにちょっと私の偏見が出てますね。何ていうのかな、どっちもリア充はリア充なんですけど、パリピ型と真面目型みたいな違いがあるというか・・・


ブログとしてしっかり腰をすえて記事を書くのって大変な事で、イベントを楽しむ事がメインのパリピ型には難しそうです。


出来事だけじゃなくその裏側まで記事にまとめるのはブログに真面目に取り組める人じゃないとできないですよね。


ここまで書いて思いましたが、真面目に記事を書くタイプのブログは陰キャ寄りの趣味なのかな?って気がしました。


しっかり自分と向き合って、自分の考えを形にするって頭を使う事ですしね。


だから陰キャが多い感じがするのかなって。一言ブログみたいな記事を書くパリピはいそうですが、じっくり記事を書くパリピってレアっぽいですよね。


そもそも文章を書くっていうのは文科系ですし、大人しめの陰キャが多いのが普通なのかもしれません。


あ、ちょっと自分で書いて納得した。ちゃんと記事を書くブログはそんな感じだよね。パリピには難しいよ。


一人で書いて一人で結論を出しちゃいましたが、勝手に納得してスッキリしました。ブログは陰キャ向け、これは言える気がする。


私もその陰キャの一人だし、その方が仲間が多い気がして嬉しいしね。過去にトラウマレベルの辛い事があった人のブログって読んでて共感する事多いし。


たまに病みすぎてて引く事もありますけどね・・・


ブログは陰キャに向いています。陰キャで色々溜まっている人はブログで吐き出すといいかもしれませんよ。


急にブログオススメ記事になっちゃいましたが、陰キャこそブログを書いてみましょう。


不満を爆発させるリスクが減りますし、内に秘めた面白い発想が発見されるかもしれません。


「ブログは陰キャ向け、陰キャこそブログを書こう」


こんな結論になりました。