ダメ人間ブログ

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ひきこもってるとネガティブになるからたまには昼間外に出た方が良いよ

30代職歴なしひきこもりニートです。こんにちは。


私はけっこうなひきこもりなんです。昼間に外に出る事なんて最近は滅多にありません。


食料品の買い物に行くスーパーも夜のパンが半額になった時間を狙って行きますし、普段の昼間はネットしてご飯食べてネットして・・・って感じで外に出ると言う感じがありません。


あ、一応言っておきますけど外に出るのが怖いとかいう本当にヤバイひきこもりじゃないですよ。


友達と遊ぶとか、どうしても昼間に買い物しとかないと困るみたいな事があれば出歩くんですけど、最近はそんな用事もありませんし、1週間に1日、昼間に出歩けば良いほうかもしれません。


でもね、こういうひきこもり生活って体に良くないんだよね。


どんどん体がダメな方向ダメな方向に進んでいるのがすごく分かる。基本的な体力も落ちるし、行動する気力もなくなってくるし、何もする気が起きなくなってくるし、ネガティブになってくるし、どうしようもなくなってくるよ。


だから私と同じようなひきこもり気味の人はめんどくさくてもたまには昼間に出歩いた方が良いよ。まぁひきこもりにこんな事言われたくないのはわかるけどね。


でもずっとひきこもってるとやっぱマズイよ。自分がそうだからホントよく分かる。人間、昼間は活動しないとダメなんだよね。


だからガチのひきこもりならとりあえず週1回でも昼間に出歩いてみると良いよ。


近所をグルっと散歩するだけでだいぶ気持ちが変わると思うから。


昼間に出歩くと気分が変わる

まぁ自分がひきこもりで最近色々とダメになってきてるなぁって思ったから、この間の久しぶりに晴れた日の昼間に買い物に行ってみました。


久しぶりの昼間の外はやっぱ違うね。日差しってこんなまぶしかったっけ?って。明るいってすごいなぁ・・・いつも真っ暗な中で買い物してるからなんか新鮮でした。


でさ、昼間出歩くとちょっとふさぎこんでる気持ちが晴れる感じがするよね。原付で移動してると風が当たってちょっと寒いけど気持ち良いし。


あ~なんかちょっとまともだなって。ガチのひきこもりでたまに外に出る人なら分かると思うんだけど、この気持ち。


夜の独特の空気とは違った、昼間のまともな人間が活動してるこの感じはひきこもり状態のネガティブな気持ちが少し軽くなるよ。


一瞬とはいえまともな人間と同じ時間帯に行動してるってのが良いのかもね。まぁ別に何かしてる訳じゃないけどね。


ただ部屋にいるよりは気持ちが全然違うから、たまには昼間にちょっと出歩いてみると気持ちが軽くなって良いよ。


部屋で一人でいるとネガティブになる

なんかさ、部屋で一人で考え事をしてるとどんどんネガティブにならない?


何を考えてもなんか良い方向に考えられないっていうか「どうせダメ、こんなにうまくいかないでダメになるに決まってる」みたいな感じにマイナスに考えちゃったりしない?


私はけっこうそうなる。部屋で一人でいると思考がマイナス一辺倒になってます。


これからいつかはやらなきゃいけないバイトや正社員の面接とかの事を考えたりするともう良い事なんて浮かびません。職歴無いのを馬鹿にされるのかなぁ・・・鼻で笑われて落とされるのかなぁ・・・って。


もっと小さい事だと、原付乗ってたら事故りそうとか、もし久しぶりに知り合いに会ったら馬鹿にされそうとか・・・


ありえそうなマイナスな現実をすべて網羅してシミュレーションしてしまうようなマイナス妄想をしつくしてる感じです。


実際に面接とかすると案外そうでもなかったりするんだけどね。前のバイトの店長さんは過去に突っ込んでくる事はあまりなかったし優しい人だったし採用してくれたし良い人だったなぁ・・・


案外こういうものだったりするよね。ネガティブシミュレーションをしまくったけどいざ実際にやってみたらそうでもなかったって多くないですか?


こういう事があるから一人で悩みすぎるのは良くないんだよなぁって思います。勝手にネガティブになって逃げ腰になっちゃうからね。


部屋に一人でいると過去の嫌な出来事を思い出す

ネガティブ妄想もそうだけど、他にも過去に経験した嫌な出来事がフラッシュバックしたりしない?


恥ずかしかった失敗とか、昔のバイト先に来たクソムカつく客の事とか、言われて傷ついた言葉とか色々ネガティブな思い出を思い出したりしません?


良い思い出より悪い思い出がグルグル頭を回る感じ。これって私だけかなぁ・・・


一人でいると何かマイナスになっちゃうんですよね。ふと思い出す過去の思い出したくない出来事をたくさん思い出して


「うわあぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁ」


って感じになる事があります。いや、別に本当に叫ぶわけじゃないですよ。


思い出した嫌な事に対して「あ~やっちまった・・・」とか「あ~やめときゃよかった・・・」とかつぶやく事はありますけどね。


何か恥ずかしかったり、心にグサっと何かが刺さる変な感じで気持ちが落ち着かずにジタバタしたくなる感じなんですけど、分かりません?こういう事ないですか?


一人で部屋にいるとこうなる事がまれにあるので、こういうのを避ける為にもたまに昼間外に出歩いて気分転換した方がいいんですよね。


昼間に外を歩いてる内はネガティブな事は考えなくなりますし。多分、やってる行動がポジティブだからなんじゃないかな?って思ってます。


脳は行動に比例するみたいな説を聞いた事がありますし、少しでもポジティブな行動をしておくと良い事があるかもしれませんね。


最後に

ひとりで部屋にひきこもってるとスーパーネガティブになる私が昼間に出歩いたらちょっと気持ちが軽くなったのでその事を書いてみました。


読み返してみると何か恥ずかしいですね。30代にもなって何やってんだって。部屋にこもってるってのはやっぱダメなんだなってのが改めて分かります。


ひきこもりの人もこんな感じになる事ありません?ネガティブ思考が蔓延する感じ。


そういう状態になったらちょっと気分転換に昼間に外に出歩いてみると良いですよ。いきなり昼間はちょっと・・・という重めのひきこもりの方は夜でもかまいませんから。


外に出るってのがけっこう大事なんじゃないかなぁって思います。外の風に当たると気持ちが何か変わりますから。


私と同じようなひきこもりニートならちょっと分かる話だったと思うんだけど・・・どうだったかな?


まぁひきこもりニート自体がそんなにいないのかなぁ・・・私ってけっこうなレアモンスターみたいなもんだしね。


ネガティブにふさぎこみそうなら昼間に外に出てみるといいよっていう、ひきこもりからひきこもりへのアドバイスでした。


昼間の外を見回すと、意外と変な人も多かったりして世の中みんなまともじゃないんだなって安心したりしますから。